スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

じゃぶらふきゅーさんから頂いたボカクリ感想について

どうも最近、肩こりやら何やらでお疲れモードですが、おはようございます。
ちょっと目を酷使し過ぎているのかもしれません。

さて、みなさんおなじみの音楽通じゃぶらふきゅーさんが、拙稿を含むVocalocritique vo.5について感想を述べていらっしゃいます。
『Vocalo Critique』 vol. 05感想
ほんとうにありがたい話で、僕のように感想を言葉にしたくても億劫がってしまう人間にとってはこのことだけで感謝に値するのですが、その内容もさすがじゃぶらふさんといった充実ぶりです。
(感想の読者が原稿の内容について察することができる程度には元の原稿の趣旨をしっかり紹介しつつ、同時に感想を述べる人独自の疑問や着想をも盛り込んでいる、お手本のような感想ではないかと思います。)

基本的に僕は、何らかの考えの原稿を投げたとして、それに対して誰かがまた考察を投げる、そういうプロセスが働く限り、思いつきを原稿化しても良いと思っていて、掲載稿もそのような意図で書かれたものなのですが、じゃぶらふさんが膨らませた部分について、少しだけ考えてみたのでメモのように述べておこうと思います。

(引用)
>ところで「自己表現」系アーティストとしているような作曲者も、歌詞の主体をボカロやシーンのディスクール (厨二、あるあるネタ、などのコノテーションの強い言葉に訴える) へアウトソーシングしていて、作曲者自身の内面を表現しているような楽曲は少ないような気がしますがどうでしょうか。聴き手の側でも、かつてのロックやシンガーソングライターほど、直接歌い手のパーソナリティに物語の主体が結び付けられる傾向は薄いような。私の観測範囲の偏りのせいかな。
(引用終わり)

これはなるほどな、と思いました。たしかに作曲者自身や歌い手のパーソナリティが前面に出ているかと言えばそれは全く違います。むしろ物語作者と言ったらいいのかもしれないですね、ボーカロイドを役者とした。

ご存じのとおり小説には「私小説」というジャンルがあって、これは書き手のパーソナリティに直結した読みを誘うものです。最近の研究では、これはこれで小説の「私」に合うパーソナリティを書き手が私生活で演じてみせていたというような逆転もあったそうですが、それは余談として、一般的な小説は社会だったり物語だったりを書くわけですよね。その場合、必ずしもモデルがない人物が描かれることになる、そのモデルのない人物として機械音声はうってつけなのでしょう。
小説がマンガより今でも優位に立てる側面の一つとして、描写の抽象性が挙げられて、主人公などのイメージが特定されないからこそ読者が自分や自分の周りの環境を当てはめやすいというのがあると思いますが、ボーカロイドはそうした抽象性を確保したまま歌えるのですね。しかも印刷文字とは違って感情は込めて。

まあ、ボーカロイドについては自分が片手間に語るには大きくなりすぎてしまった感もあります。たぶんそのうち、音楽好きが語る対象ではなく、ボカロ専門家が語る対象になる気さえします。けれど、こう近くも遠くもない存在に目を向けることは実はけっこう大事だと思いますし、そういう距離感は維持し続けたいなと。そういう所存です。

スポンサーサイト

2013.04.14 | Comments(0) | Trackback(0) | UTAU

【魔王エンジェル・オリジナル曲】Originate【UTAU三人娘】



魔王エンジェルとUTAU三人娘の三作目。さすがに疲れたので、少しペースは落とそうと思う今日この頃です。音楽聴いたりする時間も欲しいですし、音以外のことも勉強したいな、と。(一方で、いまの魔王を見てると音をやる人が少ないので、非力なりにそこを補っていたいとも思うんですけどね)

内部事情というか、作り方が普段と違って、いつもは楽譜に1音ずつちまちま音符置いていく方法なんですが、今回はよりDTMっぽいやり方になっています。一方でストリングスは久々に引っ張り出したMIDIキーボードでリアルタイム録音したりしつつ。SSWという譜面使いのためのソフトとSONARという汎用DAWの相性がいまいちなので、後者で大半のことをやってみよう、と思ったらこんな感じになりました。いつもよりシンセ音も多めですね。オートメーションという、時間軸に合わせて入力数値を変化させる機能をもっと多用すれば、より今風の曲調になってたとは思います。音以外を勉強したいと言いつつ、実は音づくりが苦手なので、その辺も遊びつつ学びたいです。

久しぶりにニコマスを散歩しているけれど、やっぱり凄い人たちたくさんいるなぁ、と。「自分の凄さを見ろ!」とギラギラしてるのが伝わる動画は苦手ですが、愛情表現としての動画に無駄な凄さがにじむのは大好きです。

2011.01.29 | Comments(0) | Trackback(0) | UTAU

【魔王エンジェル・オリジナル曲】be brave【UTAU三人娘】



魔王エンジェル2曲目。かっこいい曲を、というイメージはある一方で、ぶりっ子が信条のアイドルなので、と悩んでいたのですが、裏の裏、みたいな感じで実際には例えば伊織がかっこいい曲を歌うことだってあるだろう(アルバムの8曲目くらいで)と思うことにしました。
最初はもっとボーカルを歪ませる感じでMIXしていたのですが、それなりに元に戻しました。

あとは……そうだ、念のため。アイドル否定、とかは魔王エンジェルが歌う文脈とかなので、私の考えとかで受けとらないでください、と書いておこう。ただ、魔王プロジェクト面白そうだよ、勇気出して参加してみないか? 的な意味はやっぱりこもってます。今なら下手でも大丈夫、きっとみんなが育ててくれる。

魔王エンジェルとUTAUのポジションが似てるっていうのは、そうかもしれないなぁ。だからこんなに惹かれるんだろう。

2011.01.14 | Comments(0) | Trackback(0) | UTAU

【桃音モモ】翔べ! 桃音モモApend


【桃音モモ】翔べ! 桃音モモApend powered by ピアプロ

桃音モモApendオリジナル曲です。じつは、曲を作った発端は、ウィスパー音源がいいらしい、エレクトロニカやボッサに合うらしい、と聞いて、いやここはメタルでしょう、となぜか思ったところにあります。もともとモモにメタルさせてみたかったのですが、ウィスパーのBメロみたいなのが降ってきて、よし、作ろう、と思いました。
そこからモモにメタルさせる大義名分は…と思ったら、モモApendのことが頭に浮かんで、これだ! と。
ベタなアニメ曲のイメージと、モモのキャラクターイメージを考えながら詞を書くのはなかなか楽しかったです。

…ギター、上手く引けるようになろう。反省会はいつもギターのことばかり。

2010.12.23 | Comments(0) | Trackback(0) | UTAU

ふがいない

風邪ひいて、熱が出てうばぁな状態だということを
こっそりここに書いておく。
なんかほんとに申し訳ないなぁ。実生活でもtieckPとしてもいろいろ迷惑をかけていそうだ。
なんとか数日中に治そう。それで一つ一つ課題こなそう。

とかいいつつ、あまりにもどかしくて夜中に少し作業を進めたらこんな時間だ。
馬鹿な自分に呆れつつ、でもこういう突き動かされる衝動みたいなものを無くしたら
そもそも自分は何かを形に残したりはしないんじゃないだろうか。

2010.05.13 | Comments(0) | Trackback(0) | UTAU

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。