スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

あるいは「悲しすぎて」と比較するとまたどうなるかな?

普通はブログに書くまでもないことを呟くのだと思いますが、自分にとって
ブログの方が読まれることを意識せずに、くだらないことを書ける気がします。
まぁ、こんな辺境に来る人は少ないですからね。

というわけで、呟きかけた「可愛すぎて生きているのが辛い」という表現について。
これはもちろん、レトリックとして、肯定的な表現を強調するのに
否定的な表現を加えることで、意外性や落差を生みだしたものと捉えることもできるのですが、
それだけに終わらない理由として、ほんとに可愛すぎて生きているのが辛いと思える
ことがあるという現実があります。
(そんなことはない、レトリックだろ、ただの、と思う方にはこの先は無意味かもしれません。)

まず可愛いものにも「生きているのが辛く」ならないものがあることを確認する
必要があります。動画を貼るのが面倒なので、文字説明にとどめますが、
例えばMMDで初音ミクがチビミクとLove&Joyを踊っているのを見ても、あるいは
ミクやモモが起き上がれないのを見ても、そんな辛くはならないと思うのです。
この辺の可愛さというのは、ある種現実にありうる、というか子供を見て可愛い、と
思う経験は普通に生きていてもありうるし、まぁ起き上がれないのは昆虫くらいにしても
うまくいかないよー、と必死になっている人を傍から見ればかわいいってなものです。

一方、例えば恋愛サーキュレーションな動画とかを見ていると、辛くなる。
これは、それが起こっている世界が自分のリアルとは別物、というか願望の世界であって
現実には起こらない、という諦めが生じているからではないかな、と思います。
この認識というのは結構奥深くて、その諦めが芸術を生んだ時代さえあるので
悪いものではありませんが、しかし辛い諦念ではあります。快楽を求めた結果辛くなるんだから因果なものです。

まあ、しかし更に一歩進んだ時、今いるこの世界に対して、「可愛い」世界が本当に存在するのか?
と考えるとまた話は複雑になって、むしろ二次元(いや3Dか)上にその「可愛い」世界を達成し得た
この世界に「可愛すぎて生きていたくなる」ということも考えられるんですよね。
こっちの方が健全な気もしますが、今度は芸術やら認識における「身体性」が問われて、
そうした感覚を伴わない限り、それは不十分だと言えるかもしれず、しかし、じゃあ
身体感覚までシミュレートできたり、もっと直接脳に信号を送り込めたとしたなら…
などなど考えてもゴールが見えません。

…ここまで書いて、「死にたい」ではなく「生きているのが辛い」であることの良さについて
まったく書いてないことに気付きましたが、(更にこれは「死ぬのが辛い」とももちろん
比較すべきなのですが)もう自分としては満たされてしまったのでおしまい。

スポンサーサイト

2010.04.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ご視聴ありがとうございます。

今日は結局、朝油断して2度寝をしてしまい、遅刻してしまいました。
まぁしてしまったものは仕方がない。
とりあえず、動画の再生数が伸びないのは予想通りで、
その中でマイリスト登録をそれなりにして頂けてよかったなー、と。
おかげで凹まずに、次また取りかかれそうな気がします。

人によって曲を作る困難はいろいろなところにあると思いますが、
自分の場合はなんといってもモチベーションです。
譜面に書く程度なら気楽にできるのですが、音符を1つ1つ打っていく作業や
音量の数値をいじっていく作業はそれほど気が向きません。

正確に言うと、その時一番気にしていること以外の部分で完成度を
追求するのが苦手なのかな、と。例えば自分がカバーをやるとして、
既にオケがあったとすれば1音単位で調声にこだわって、
そこに楽しみを見出すのだと思います。でもオリジナルの場合、
やるべきことが多くて、その瞬間別のことをやるのが作業に思えたりする、
そういう時に完成度のために作業を進める力を貰えるのは、
他者の耳への意識、だったりします。

ところで今回の場合、一番楽しかったのは、転調が成立するかどうかを
自分でも不確かなままに進めていった部分ですね。
もちろん理論的に「この転調はありだ」というのは考えられるのですが、
メロディや伴奏の構成とも影響しあうので、やっぱり自分の耳で確かめないと、
実際のありなしは(自分の実力では)判断できません。

できないからこそ楽しいんですよね。難易度の高いパズルを解くようなもので。

というわけで、今回の曲で言えば、ちょっと転調なぞに耳を配っていただければ
「お、意外ところころ変わっているな」などと楽しんで頂けるのではないかと。
作り手が感じた楽しさと同じものを共有してもらえたら、それは作者冥利につきます。

もちろん、別の楽しさを見出してもらえるのも嬉しいんですけどね。

2010.04.17 | Comments(0) | Trackback(0) | UTAU

【和音マコ】箒星【オリジナル】

新曲作ったけど、明日は朝早いのでペタリして終わりな簡単な作業。

ここだけのとっておきの情報として、一番気に入っているのは「気圏」という言葉と「危険」の
ダブルミーニングだそうです。…作者が作品を解説してどうする。

2010.04.16 | Comments(0) | Trackback(0) | UTAU

きみはじつにバカだなぁ

ツイッターで呟き始めるとブログの更新が滞る、という情報を耳にしたTieck調査員は
真偽を確かめるためツイッターに潜入していた。その結果、ツイッタラーになると、
ツイッターには興奮して書き込みをするにも関わらず、ブログのことは頭にさえ浮かばなくなる、
という驚愕の事実に直面したのである。


<次回予告>
重音テトは自作自演で動画を作って盛り上がる寂しい子なのか、それとも寂しい三十路なのか。
↓の動画を検証したTieckは予想だにしなかった真実に辿り着く。



次回 TieckP実験工房『ツテトでトテチテタ』期待して待て!

…おや、こんな時間にチャイムが、誰だろう? 通販カタログかな?

2010.04.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。