スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

エルシャダイ

エルシャダイMAD、ふと見始めたら面白くて眠くならなくて困ります。
とりあえずは、本家を見るとして、

これはリズムがとても気持ち良い、音MADの見本のような動画だし、

これは小ネタの仕込み方がすごくうまくて、場面場面に無駄がない。

これは素材の少なさを逆に魅力にしているし(それだけ素材の良さが伝わりますが)、

そしてこのエキプロ動画! アイマスのころからエキプロには散々笑わされてきましたが、これまた完成度が非常に高いです。音を何かに合わせるんじゃなくて、映像の方を音に合わせるというのが、エキプロなら定番にせよ、他のエルシャダイMADと違っていいんですよね。それにローテク感もまた。

この流れはしばらく止まらないのかな。それにしても、ピッチ補正とかの技術も進んで、音MADを作りやすくなったんだろうな、などと思うとこれからも楽しみです。

スポンサーサイト

2010.09.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

アイマス2……かぁ

遅ればせながら、アイマス2について。
これはショックが大きいんじゃないかな、と思います。特にひいきのキャラがプロデュースできないとなったら。私はひいきの順番で言って、今回NPC化されたキャラが特別前にはきませんが、それでも愕然としていますので。
(ここで言っておくが、「俺の嫁」は春香なんだぜ? ホメ春香も全然OKだ!)

昔、何かのインタビューで見たことがあるのですが、豊富なカラーリングを用意した商品があるとして、なぜそれだけ豊富にするかというと、十分な選択肢の中から自分が選んだ、ということでユーザーが満足するから、だそうです。つまり、自分が誰をプロデュースしたい&できる、というだけではいけなくて、自分とは合わないキャラにさえ価値はある。特にアイマスの場合は各キャラにファンがいて、いるからこそ「彼らはあのキャラだが自分はこのキャラだ!」という思い入れが生まれると思うのです。

一方で個人的には、ディレ1が言っている「所有欲」よりも、いろんなアイドルと物語が展開できる「可能性」が欲しいんですよね。UTAUのいいところは、いろんな声だけでなく設定のキャラクターがいて、自分が彼・彼女に曲を作るならどういうものにするか、魅力はどうやって引き出せるか、そうしたことを考えて楽しめる、関係性の想像を喚起することです。

アイマスを1人を選ぶギャルゲーとするなら、前者の理屈からアイドルを減らすことには反対ですし、プロデュースによっていろんな人間との関係の構築を楽しむものなら後者の理屈から、やっぱり減らして欲しくないな、と。

……男性アイドル? 知らんがな。
ライバルなら男性Pの方がいいのでは、と思いますがこればかりはふたを開けてみないと。


などなどいいつつ、でも一番の問題は、この期に及んでの不意打ち感なのかな。期待が膨らめば膨らむほど、穴があいたら遠くまで飛んでっちゃうので。今失望している方々のその度合いは想像に難くないです。

個人的には、バンナムのこれからの姿勢が気になります。失敗しないことより、失敗したときに誠実に今までの責任をとって改めてそのときの最善を尽くすことの方が、難しく、だからこそ価値ある行いなので。

2010.09.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Kindle-exception

Kindleの配達はUPSというアメリカの会社がやるのですが、どうも評判が悪い。
あちらの国でも評判が悪いのですが、

日本語のサイトで配達状況を見ても、

>荷物の配達は予定どおりです。スケジュール配達日: 2010/09/17.

と書いてある下には状況:エクセプションとあって、(じゃあ「予定どおり」じゃないだろ、とか思う)
下の詳細には

>TOKYO, JP 2010/09/17 17:41 荷物はUPSの施設に残されました。翌営業日に配達されます

とあったりするわけです。ちなみに

>2010/09/17 13:11 仕向国センタースキャン

だから、ふつうに解釈すれば「17日に届けようと思ったものが13時過ぎに来たけど、(別にトラブルがどうとは書いてないので)運ぶの面倒だし明日にしよう」
と読めてしまうのですが、うーん。
某掲示板で、ヤマトが振替で輸送してくれた、と喜ぶ人がいるのもうなずけます。

どうか、明日こそエクセプションしませんように。

2010.09.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Kindle soon

来い来いと 焦がれど来ない Kindleを
乞い願わすは 言葉への恋

ああ、はやくKindle3来ないかな。1日に頼んで届くのは明日の予感。
ちなみに、今では在庫が足りて、輸送時間だけで届くらしい。

まあ、TieckPとして何か役に立つかというと、まったく当てはないのですが、
こういうデジモノには弱いので、しばらく時間は食われそう。

せめて目の疲れが軽減して、作業にだけPCを使えるようになればいいな。
Twitterが使えるらしいけど、日本語は読めても書けないらしい。

2010.09.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

【桃音モモ】電子ドラッグ

こっそりと曲をピアプロにアップしました。
http://piapro.jp/content/tk6wnrdqhyw1dk91
前の曲を作っていたころにはほとんど頭の中で再生されていたので、もう3ヶ月以上前の曲とも言えます。
作曲:3ヶ月前の自分 編曲:いまの自分
という感じ。作詞はその間くらい。
もともと2番までストーリーがあったのですが、ざっくりしてしまいました。

Triton Studioといういつものシンセが使えず、フリーのVSTiなどを中心に作ったので音は古めです。最近は、それに加えて聞こえない音を盛り込むことに飽きてしまったので、楽器数も少なめ。昔は、鳴っているのに鳴っていない、でも空気感を生むような音をちまちま放りこむのが好きだったのですが、もう全部聞こえてもいいかな、と。代わりにサイドチェインなどで多少の余韻は作っているつもりです。

詞については、「わたしは電子ドラッグだよ」というメロとフレーズが一度に浮かんだので、そこから自然な感じで展開しました。いちおう一か所だけ解説すると、「依存性にちゅうい キクかはあなたしだい」というところは、聞き手に「依存」する、ということ、また薬として「効く」と音として「聞く」というニュアンスを含んでいます。
あとはまあ、いろいろ自分なりの意図はあるのですが、その解釈は「あなたしだい」ということで。

なぜニコ動にあっぷしないのか、というと動画をどうしようかな、と考えているからで、ピアプロに上げさえすれば人が勝手に作ってくれる、という身分でもないので(それは大歓迎なのですが)、自分でどうにかしないといけません。
どうしようかな? というところ。

動画を作るのは自分を育てることにもなるし、アイディアもあるのですが、気合と時間も食うんですよね。まあ、ゆっくり考えます。

2010.09.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

機械らしさと人間らしさ

飴屋Pの新技術はすごいなあ。

そこで起こっているのは、今までの「人の声を機械らしく修正する」ではなくて
「機械の声(そのベースが人の声にせよ)を人らしく修正する」ということ。

まあ、個人的にはその元の人の歌唱があるなら、それを機械にのせたいとは思わなくて、機械は機械でいいと思うんです。でもこの新技術への挑戦は魅力的だと思います。
(なぜ機械は機械でいいかというと、個人的にはUTAUで作った歌唱には、例えばUTAU音源の中の人とは別の可能性を持っていて欲しくて、UTAU音源の人らしさの極致が上手い中の人の歌唱だとすれば、この「人らしさ」はないほうが、UTAUらしいとも言える……うーん、上手く説明できているかどうか)


私がモモを使うことが多いのは、モモがロボットという設定を持っているからで、機械は心を持つか、というテーマや逆に人間の動物性だとか業の問題を物語に組み込みやすいからです。というより、物語を作る刺激Stimulationになりやすいというか。

ロボットと人の歴史となると、それこそ語源にもなっているカレル・チャペックの「ロボット(邦題)」以来(あるいはそれ以前から)あるわけですが、近いところだとTo Heartのマルチですよね、やっぱり。人でないものとしての機械への憧れがある一方で、人が自負する「感情」を機械が学ぶべきなのか、学ぶとしたらどうやってそれは実現されるのか。(そもそもロボットが人型であること自体、機械を人に似せよう、人的なものであると表現することで親しみを持ちやすくしよう、という試みだと思います。)そういうことを考えさせられる時代ですし、ここ十年くらいいつも自分なりに考えています。

そう考えると、私が飴屋Pの新技術を必要としない理由は、モモが機械だという刻印が声から感じられる方がありがたいからなのだと分かるのですが、同時に飴屋Pの技術への挑戦に共感するわけも分かる気がします。

2010.09.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。