結婚か―

いや、坂本真綾さんについてです。なんでガチなタイトルにしないかというと、たぶんファンの中には真綾さんの結婚について書いたブログなら何でも読みたい、というくらいの人もいると思うんですけど、いまあんまり気合入った記事を書く気力が無くて。検索などで辿りつかれたら申し訳ないなーと。

とは言え、僕が声優とかに詳しくなるきっかけくらいの人であり、菅野よう子さんの曲に出会ったのも彼女が歌った「奇跡の海」のCMをたまたま耳にして「うわ、いい曲」と思ったからであり、そのとき手にしたアルバム「DIVE」は僕が一番好きなアルバムと言ってもいいので、やっぱり思い入れはあります。当時アニラジ聞いてたんですけど、「アニメトピアR」とかNACK5の「I.D.」も聞いてましたしね。もうあれから10年以上経つんだから、早いものです。

真綾さんの曲については、彼女個人に特徴を帰することは必ずしもできなくて、菅野よう子と作詞家である岩里祐穂とのトライアングル(+バンドの固定メンバー)で成り立っていたわけですが、彼女はとくべつ歌がうまくはない(あるいは過去形にせよ)にも拘らず、声質とその世界観で際立っていました。おそらく菅野さんや岩里さんの曲であれ、坂本真綾を意識した時点で、彼女の色が強く出た曲になっていたのではないかと思います。

とりわけ若さから来る繊細さ、あるいは世界と自分への期待・恐れみたいなものを歌にしたら、彼女に勝てる人はそういない。一番それが際立っていたのがアルバム「DIVE」であり、冒頭の曲でありラジオのテーマ曲「I.D.」や「パイロット」にそれが表れています。そこにちゃめっ気が同居することで、少女性がこの一枚のアルバムで完璧に表現されてると思います。

で、逆方向に吹っ切れたというか、ロックにかぶれたのが「Lucy」で、これも一瞬を切り取ったからできる個性の強いアルバムです。「Tシャツ」が、それでも残るナイーブさを表しつつ、全体としてはそこから一歩踏み出して、「何だ、世界なんて怖くないじゃないの」という恐れ知らずな曲が並んでいて、これも「I.D.」と違った一度きりの若さのアルバムです。

両者を経て、止揚するような形で生まれたのが「少年アリス」です。「光あれ」をラジオで初めて聞いたときの衝撃は凄かった。サビの歌詞が1回だけ変わる、そこに彼女の恐怖心がきちんと残っていて、でもそれを見ない振りをするんじゃなく、そういう自分も受け止めたうえで、自分の生を祝福しよう、という強い意志の表明でした。そして名曲「03」のあとに締めくくりとしての「おきてがみ」。これは、菅野よう子さんの下を離れる別れの歌ですが、これ以上ない愛のこもった別れの告げ方です。坂本真綾は自分の詞の力を試してみたくなったんだと思います。つねに坂本真綾は菅野よう子とセットで、掛け算をした形でハイスコアを叩き出していましたが、その掛け算を除いても、自分の詞は主役になれるんだ、という自信。いや、たぶん不安だったと思います、でもコケてもそれが自分なんだと結果を受け入れる覚悟がありました。

その後については、菅野よう子さんのファンである僕はちょっと書きづらいですが、鈴木祥子さんとの組み合わせはすごく良かったと思います。菅野さんとは違うものの、全パートを自分で弾けるような才女であって、菅野さんからの軟着陸にはベストの選択肢だったかな、と。その後は、だんだん彼女の詞を活かすようなシンプルな曲が増えていきました。「かぜよみ」、いいアルバムでしたね。ただ、僕もまたどうやらこの辺りで、坂本真綾さんから卒業していたような気がします。

実は今年出たアルバム、まだ聞いてません。最近新しいCD聞いてないってこともあるんですが、豪華プロデューサーを抱えた、おそらく誰もがプロデュースしてみたいアーティスト坂本真綾っていうのは、僕が好きだった頃とあまりに違って、同じ人のような気がしないんですね。

でも、いま思い出したように調べてみると、聞かないには勿体ないくらいのプロデュース陣ですね、ほんとに。一から新しいアーティスト聞くつもりで聞いてみようかな。彼女が結婚に至った心の動きが描き込まれているなら、きっと詞も素晴らしいものになっているだろうから。

というわけで、ご結婚おめでとうございます。

2011.08.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

【開発コード miki】my key my voice【オリジナル】



最近、読書メーターを始めたせいで(あとTwitterとで)ブログを書くのが疎かになってすみません。自曲についてくらいは手を抜かずに書きたいものです。

今回は初ボカロです。といってもMikiはクリプトンではないし、いろはほど上手く無いしで、ボカロとUTAUの間にある注目格差みたいなものはあんまり無いと思います。UTAUはニコ動でも有数の宣伝部隊「テト攻勢」が居ますしね。というわけで、あんまり曲作り的にボカロだからと変化を付けたりはしていません。いつも通りにマイペースに。

Mikiの声は、個人的には疾走感のあるロックに向いていると思っていて、そういう曲作りになりました。実はテトで投稿した「かげのうた」は最初Mikiに歌わせてデモまで作ったんですが、どうもしっくり来なくてテトに差し換えてます。その判断は間違いでは無かったかな、と。今回の曲調自体はMikiに合っていると思います。

ただ今回はサービス心が無さすぎたかな、と今反省中で。勝手に音楽を習っている気になっているJa_bra_af_cuさんとも話したんですが、もっとメリハリを付けたりした方が聞き手に優しいんじゃないかと。楽器数増やしたり、音色幾つか使い分けたり、緩急つけたり、やりようはあるんですよね。なんか反抗期みたいな感じで、そういうのを敢えて避けてしまう無駄な反骨心みたいなものが表れているようです。あとMixでちょっと強弱を潰し過ぎたかな、リバーブかかりすぎかな、とも思っていて。コラボとかすると、相手のためにももっとサービス心を発揮できる気がするので、また機械を見てそういうのをやりたいところです。

とは言え、作った以上は自分なりに聞きどころもあると考えているわけで、その辺についてちょっと書いておこうかと思います。どの辺で頑張ったかとか伝わるといいな―と思いつつ。
1.歌詞
Aメロについては、「何時間経ったんだ」と「勘違いだったんだ」の響きが似てるのはお気に入りです。Bメロはこの詞の肝で、個人的に歌詞が感情の吐露で終わってはつまらないと思っていて、小説と同じで行動や情景が描写されて欲しいんですね。この曲だとBメロがそれで。あと鏡を見ているのをそのまま素直に表現しないとか、「機械的」という言葉を機械に使ったらどうなるだろう、という実験だとか。Bメロからサビへの「泣いた」は両側に繋がっているように(「震わせて泣いた」「泣いた声の」)してみました。サビだと、鏡の連想から乱反射という単語を選んでみたり、miki→my key→私だけのキーっていう言葉遊びだとか。

2.アレンジ
イントロは好きです。5+5+4で作りつつ、全体としては8x4に収めるようにまずキーボードを組み立てて、それに合わせるようにドラムスとベースを打ちこみました。ドラムスは最近、音楽を聴くときもできるだけ意識して聞くようにしたり、ドラマーな友達にいろいろ質問したりしています。ぜんぜんまだまだだと思いますけど、少しだけ前よりはいろいろやっている感が伝わったらいいなーと思います。片手でスネア三連打とか。ドラム音源買ったら楽しくて、この曲が急ピッチで仕上がったのはドラム遊びが楽しかったからというのもあります。ちなみにドラムはAddictive Drumsを、ベースはIndependent Proを使ってます。キーボードはD-Proから。あと今回はベースもかなりルートを離れて動いてるんじゃないかな、と。半音階での上下が結構細かいとかで、一度聞いてみる価値があるくらいには頑張りました。キーボードも弾けるかぎりぎりのラインで、3ピースの構成の単純さをリズムとかコードのテンションを使用してかなりカバーしたつもりです。ただ、高音が足りなくて派手さにかける気がしますね。曲構成としては、イントロのフレーズの4拍子版をアウトロでMikiに歌わせたのはお気に入りです。あとメロディはキャッチーで悪くないんじゃないかと、少し古さも漂わせつつ。

3.Mix
ちょっと失敗。もっと「弱」を放りこんだ方が良かったかなと思います。ずっとだいたい最大音量で鳴っているので、かえって音の大きさを感じないんですよね。コンプでアタックを潰し過ぎたかも知れません。どうしてもボーカルが浮いて聞こえるのは避けたくて、馴染ませようとし過ぎた結果かもしれません。まあでもだんだん勉強してコツは分かってきた気がするです。

4.調声
ボカロエディタ苦手なので、基本的にSONARに付属するV-Vocalでやってます。音程はほとんど全部の音を直したような。少しフラットぎみなんですよね。あとは勝手に濁ってしまう音を直したり(「た」が「だ」に聞こえるのとか)。Mikiは高音になると必死感が出るので、サビとかポイントとなるところで高音使うと感情こもっていいと思います。

書き疲れたのでこれくらいで。でも、結構自分で好きですよ、この曲。

2011.08.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索