欅坂メモ70 ブログ

長沢くんは少しアルトとソプラノの情報を足してくれてありがたい。さっそく間違ってたなー。
長沢くんの盛ったりしないネガティブな性格を加味すると、ダンスのみ苦手と書いてる以上、歌はけっこう得意なのかもしれない。希望・マネキンでいい声してる左後ろ組なのでその可能性はかなりある。石森さんとのラジオで大声出したらちゃんと声張れてたし。注意して聞いていこう。
−−写真の齋藤さんの髪を留めてるピンどめが気になる。誕生日に後輩からもらったものだったりして。そういう後輩がいがありそうな先輩だと思うので。

鈴本さんはどこにいてもありな子って感じがする。前列も見てみたい。ダンスのうまさもあるから人気が出ていくといいな。めげない心意気と、平手さんとの相性を運営は買ったのだと思う。

石森さんの言うとおり希望って特別な曲で、何回も欅坂さんのをリピートで聞いてると、ときどき歌詞に耳が言って、泣きそうになってしまう。欅坂さんのパフォーマンス、心はこもってたと思う。
−−石森さんとか齋藤さんを応援するファンは絶対いいファンだと思う。いまは数で負けてるかもしれないし、いずれ勝つ保証もない世界だけど、そういうファンと会えるならやっぱり素敵な職業なんじゃないかな、と思う。

齋藤さんはねるさん除くと年少組になるという、新制服の模様からわかる豆知識。
−−選抜に入れると思ってないのにポジティブというのは、ネガティブじゃなくて冷静ってことかな。齋藤さんと石森さんのダンスやトーク、後列だろうと注目して見ていく。

ベリサさんは好きだし、悔しがるのも持ち味だからいいんだけど、一部のファンの悔しがってるのも魅力って持ち上げ方は、それなら他のメンバーもそれぞれに悔しがってるのになーって気持ちはある。
−−正直な話をすると、何か特技を磨いてきた子や、番組で積極的に活躍してきた子が悔しがるほうが理解はできる。もちろん、ベリサさんみたいにもともと前に出るわけじゃなかった子が、いまテレビに出て喋ってパフォーマンスしてるという、それだけで大変な努力なのは察するにあまりあるんだけどね。

志田さんは、選抜発表と他のネタの高低差を気にせず放り込んでて、それが志田スタイル。いい。

2016.02.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ69 制服・Yahoo検索

制服?の写真カッコいいなー。ガンダムとか機械に乗る系のパイロット候補生的なカッコよさ。平手さんは笑顔よりクールが似合うし、前列も二列目もそういう雰囲気ある。いける。後列の齋藤さんと長沢くんの雰囲気もかなり好き。
−−アー写はみんな笑顔ぎみな中で、いつも笑顔な米さんが意志の強そうな目をしてる写真でいいと思う。
−−米さんの動く唇であえて耳澄ますっていうのもひと読み挟まないと、耳より目だろって感じあるけど、意識としては聞きたさがあるだろうから国語力と言えるかもしれない。とにかく照れながらも必死に工夫してるのがいい。あと齋藤さんの腕を高く伸ばすのも、視線を引き付ける意志と覚悟を感じる。ダンス見せたいんだろうな。

Yahoo検索:
石森さんは写真の表情豊かになってるって数日前に書いたばかりだけど、やっぱり努力してるんだなー。ちゃんと効果出てる。
−−今泉さんの熟成肉は前にブログに出てきたから、すでに食べたうえでの好物なのかと思ってたけど、まだ食べたことなかったのか。
−−上村さんはブックマークに入れないで検索する派。
−−尾関さんは、話題が変わるときにうまく合図出せるとまたひとつ成長するかなという気がする。
−−織田奈那さんは初々しい。ほんとに素人からのスタートなんだなーって感じが良い。
−−小池さんが話し終えてから締めの言葉の前に作ってる間(ま)、これがまさに合図。別に、声のトーンや、「さて」とか「はい」とかでもええんやけどね。
−−小林さんは貧乏キャラだけど言葉遣いや文章の敬語はすごく板についてて、教育がいいのかなーと思う。
−−「アメリカンドッグに砂糖」の「に」を付ける派と空白挟む派の血みどろの戦い。
−−佐藤さんのYahoo検索(とは限らないけど)にお礼を言っていくスタイルは意表を突かれて良かった。
−−志田さんも常に変化球をわざとらしくなく投げ込むのいいアクセントだなー。生田さんと同じでありのままがふさわしい感じ。
−−菅井さんはまあお母さまの百万馬力と同じで逆に馬用語を狙って放り込んだ感じがする。壊れたら修理というところにものを大事にするという主張が出てる。
−−鈴本さんまで写真を見るだけで空腹が満ちる欅坂の特殊能力を持っていたか。
−−大阪みやげが気になったら米さんに聞いてもええんやで!
−−土生さんも、上村さんや菅井さんと同じでキャラアピールの検索用語。それはそれとしてピンで遠慮がないからかいつも以上に可愛らしいなー。
−−原田さんのホットサンドメーカーの話はちょくちょく出てきて、この間も図書カードでビタントニオ(メーカー)のレシピ本を買おうか悩んでたり。
−−平手さんはしっかりしてる。ブラックジャックのピノは確かに髪型が似てる。
−−守屋さんも特殊能力持ち、と。欅坂のカッコいい制服は、対飯テロ特殊部隊のものだったか
−−米さんもキャラに合わせた検索語を用意してきたタイプ。オシャレを目指す非オシャレっていう狙いが明確だなー。
−−ベリカさんは尾関さんと原宿かぶり、長沢くんと姉妹かぶりだけど一番好感得られる内容を持ってきた。やるぅ(澤部さん風)。
−−ベリサさんは、ルックスだけでファンが褒めてくれるから特に内容問われないけど、笑いのセンスあるからもったいない気はする。
−−ねるさんはねるねるねるねだけでなくそこにアイスを入れていくところに上手さを感じる。

2016.02.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ68 ブログとか

選抜について:
どこにいても、一時停止したり繰り返し見たりすればその人を見ることができるので、どこでも見守っていくだけ。まだ推しは決まらないけど、推してみたい子はたくさんいる。みんな見ていく。
ポジションは、ベリカさんを前に出してフロント5人にしたのに少し驚き、その分三列目から前に来たのが尾関さんなのにも少し驚き。尾関さんについては欅坂の象徴的存在だから不思議ではないけど、二列目の長身お姉さん路線からは少し意外。バランス的にはオダナナさんが一番ハマると思う。(尾関さんが三列目ふさわしいってことではなくて、たとえば尾関さんと小池さんをシンメにしてお姉さん感を減らすのは当然ありうる選択肢だと思う)。
あと三列目の両サイドが齋藤・石森なのはダンスが隠れないからできる人ってことだと思う。グループのためには重要なポジション。

ブログ(短く):
ラジオを振り返ってる子はみんな好印象。尾関さんとか上村さん、少し後悔残るみたいだけど、尾関さんはラジオ慣れしていけば大丈夫だし、上村さんは欅坂で過ごすだけで大人になっていくから大丈夫やで!

尾関さんが原田さんに教えてるの、数学か少なくとも理系っぽい。文系だと思ってたけどバランスよく勉強してるんだなー。好感もてる。齋藤さんの写真にも感謝。

志田さんが出演どうこうでなくセーラー服について書いてるの流石だと思う。

菅井さんがアルトとして、ざっと声質で分けると
ソプラノ:上村・小池・土生・原田・志田・渡辺・ねる・石森
アルト:菅井・小林・織田・米谷・齋藤・長沢・守屋・鈴本・渡邉
わからない:今泉・平手・尾関・佐藤
って感じだけどどうだろう。6割合ってたらまずまずかな。今泉さんは小林さんと分けてソプラノだろうか。

小池さんがダンス得意などとおっしゃってる。意外とできるとかではなくて得意とな。苦手そうな感じはなかったので前に、ダンスも足引っ張らないと思うとは書いたけど得意とは。さしあたり審議。
−−小池さんが長崎弁を真似することで、オダナナさんレベルの割合マシなエセ関西弁には優しくなってくれるとええなと思う。

原田さんのお母さまはどストレートだなー。事実小学生みたいだったけど、あの振付のところはみんな子供っぽくなるからしかたない。
−−ねるさんの悪そうな顔の写真が良い。

小林さんの足つったのはまた後でチェックしよう。よく頑張ったなー。自分で他人を褒めてやりたい気分です。

尾関さんはねるさんが外れる選抜発表の日に、21人で歌えて嬉しいって書いてる。いい子だな。

ねるさんは声も滑舌も今のままでいいと思う。

2016.02.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ67 スカパー音楽祭のマネキン追記

(さっそく追記)
謙虚さのある欅坂さんに先輩のダンスを覚えさせたのは、窮余の策かもしれないけど、いいことだったと思う。
乃木坂さんが自分で踊るとき以上に、借り物だから正確に踊ろうっていう意識が見えて、全体として言えばよく揃ってる。
いい練習になっただろうなーと。もちろん、乃木坂さんにとってはAKBさんから借りた「かもしれない」がそうだろうし。

以下、細部について。
「生まれ変わるのは」のところでベリカさんの手が逆になってる。そこ以外は別に気にならなかったので充分踊れてると思う。「読んでみたけど」のところの小林さんとのコンビネーションはすごくキレがあってかっこいい。
「YESかNOか」のところの手での表現、自由演技なんだけど、織田那奈さんの人差し指立ててるのが個性的なわりにはまってて良かった。「ボールを打った」で手を突き出す米さんは、意欲を感じて良い。
キックは、小林さん低いって書いたけど、基本的にみんな乃木坂さんより低いので、スカートがめくれない高さを意識してわざと抑えてるのかもしれない。そのなかで平手さんのキックが上段で美しい。
「大人に邪魔をさせない」のところの首の回転は、齋藤さんほどしなくてもいいとは思うけど、ほどほどには回ってる方がきれいかなーと思う。
「恋をするのは~」のモーションは独特なので正解はないかもだけど、きれいな小林さん基準でみると「いけない『ことか』」で手を下げるところが遅れるひとがちょっと目立つ、ベリサさんや守屋さん。あと、たとえば原田さんは「恋『を』」の部分で腕を突き出すの、もう少しバレエをやってた感じの滑らかさを出してもいいのかなーと思う。突きみたいになってしまってる。
「未来の扉」のところ、菅井さんだけ腕が伸びきってないの(乃木坂さんが両手でやってるときに曲げているから、ある意味ではこちらが正しいんだけど)、簡単に揃えられそうなだけにもったいない。
二列目の高身長グループは一長一短という感じ。一番そつがないのは土生さん。守屋さんのダンスは、まだ改善の余地はありそうだけど成長してるし、表情力がある。志田さんはしなやかで個人的には好きだけど「野球場で」のところは完全に遅れてる。
あと、ねるさんはちょっとまだキレが足りてないかなー。逆に個人的には石森さんのダンスが好き。齋藤さん、鈴本さん、平手さんとは表情も含めたら好みが分かれると思う。

あとマネキンの歌はおそらく先録りで、完全に音程補正されてるんだけど(希望はたぶん生のピアノとだしずれてる部分もあるので、各音の細かいずれを近い音に寄せていくリアルタイム補正だと思う。基本的には合うんだけど、一音程単位でずれて検出したりもしてる)、右後ろグループでちょっと声質自体が歌ではなくしゃべり声のひとがいてそれは補正ではどうしようもないので、そこは音程どうこうでなく歌声の発声にするよう指摘されそう。希望でも右後ろかな。

2016.02.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ66 スカパー音楽祭とか

ねるさんがANNRで言ってたボートレース大村のCMすっかり見てしまった。確かにシュール。コンコルゲンの方も見たら、こっちのほうが洗練されたシュールという感じ。パチンコのCMとは思わなかったけど、関東でも郷ひろみがやってたパチンコ会社のCMがそんな感じだし、おそらく番組側から露骨にパチンコなCMは嫌がられるからなんだろうなー。なんとなく耳に残して親しみをもたせるのが目的っぽい。そういう意味ではコンコルゲンはかなり計算され尽くしてる。

ニッポン放送6階第4スタジオってなんで繰り返すのかと思ったけど、4と6で縁起がいいからなのか。まったく迂闊だった。

スカパー音楽祭:
たぶん何度も見返すけどとりあえず興奮したので書いておく。
希望の歌の部分は、正直どれが誰の声か分かってないんだけど、たぶん志田さんの歌声と思われるものがまずすごく好み。前にお化け屋敷で長沢くんにしがみついてたとき可愛らしい声質でそれ以来気になってたんだけど、たぶんやっぱりあれが歌声でもあって、高音で澄んでる割にはパワーもある。
−−あと後列左側に誰かすごくいい声してる人がいる。高い声は小池さん上村さんあたりだと思うので、たぶん織田さん、あるいは齋藤さんかもしれないけど、たぶん修正の聞くレコーディングであればこの声は大事に使われると思う。

マネキンのダンスは、前から見たかった小林さんのダンスが見られて満足。キックがやや低いけど、しなやかなのにタイミングがすごく合っていて、思ったとおりの上手さ。余裕がありすぎて、必死さや筋力を感じないところはちょっと℃-uteの鈴木愛理さんや乃木坂の桜井玲香さんを思わせる。たぶんダンス部に加わっても遜色ないと思う。
今泉さんは省エネダンスと自分でも言ってたからなー。上村さんと同じで筋力的にピシッと決まってない感じがある。あと長沢くんはやっぱりまだ成長途中。
ほかだと意外と米さん踊れてたなーって気がする。意外とって言うと失礼だけど、自分で練習しなきゃって書いてたので。

ブログとかはまた後で。

2016.02.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ65 ANNR

ANNR:
全体に面白かった。メンバーが場馴れしてきたのもあるし、企画でうまく引き出したのもあった。MCする前にゲスト側として声を出させておくというやり方も的確だった。
個人的には、お馬鹿アイドルって苦手なので、その意味での常識と、ラジオはこうあるべきっていう意味での常識、二つを兼ね備えてるねるさん織田さん小池さんが大好きだった。(残りのなかだと、一般常識があるのが尾関さん長沢くんで、ラジオ向きな性質があるのは石森さん上村さん、平手さんは年齢からすると両方合格点)。
一周した段階では小池さんとねるさんの評価が高かったけど、たぶん小池さんは前回も呼ばれてたことと、ねるさんとタイプが被る(よう喋って頭は回るけど、ツッコミどころは天然ではなく作り込んでく感じ)からオダナナさん(ほどほどに天然で、声も低くて魅力的、場が落ち着く)を選んだんだろうし、もちろんオダさんもすごく良かった。最後の二人は30分、聴取者が震えないレディオだった。乃木坂さんでもここまで内容とテンションと声質が揃うトークってあんまりなかったんでは。

石森さんはあいかわらず発声だったり喋るべきタイミングで喋るっていう意味での安心感がある。ネタが面白いひとと組み合わすと生きると思う。常識はなー。上村さんと二人については、お馬鹿なほうが好きというファンもいそうだから何とも言えない。

長沢くんは企画が生きていて、その意味ですごく面白かった。喋りの音程が平板なので、もう少し音程の感情表現が出てくると、心の中での盛り上がりみたいなのが聞き手に伝わるかなーと思う。

平手さんは年齢からするとすごく落ち着いてて、長沢くんが突然「けやかけ」って言ったときに解説したりもしてる。多分テレビを見ながらのお兄さんの説明が英才教育にもなってたんだろうなー。あと成長する部分は年齢でみにつく部分だけなので安心かな。

ベリカさんは、たぶんベリカさんみたいな方が好きなファンがいると思う。それはそれで。

小池さんは面白さという意味では一番だったし、渡辺さんとの部分、自分が喋ったら間は埋まるんやけど、ベリカさんの枠ででしゃばってもアカンやろうなっていうのが伝わってきて頑張りを感じた。小池さんのレベルなら「ちょける」の説明はしてくれても良かったかなとは思うけど、そういう瑣末な点しかミスはない。次は米さんとかガチツッコミ系と組ませてボケとしての小池さんも見たいな。
−−台本で「欅坂46で唯一関西弁が使える」って言ってるんだけど、どうも米さんが忘れられてるみたい。

織田さんはやっぱり面白い展開になるし、言ったら高山さんにも通じるけど、さらに声が聞き取りやすいのでホントに戦力になる。エセ関西弁キャラもすごく良かったなー。「めっちゃ好きやねん」はあれはあれで普通に正解だった。小池さんねるさんは期待値どおりっていう意味では、もともと面白いって書いてきたとはいえまだ過小評価だったと思ってる。

尾関さんについては、喋り方が気になる部分はおいおい直るとして、たぶんファンや期待をかけてる運営からすると歯がゆく感じたのは、持ってるはずの才能を活かせてないツッコミの部分だなー。織田さんの川柳のところはそうとう面白くできたはず。それこそ小池さんや米さんならナンボでもツッコむしイジったと思う。上村さんとのところは気心がしれていてトークはスムーズだった。
−−尾関先生が字がきれいと言ってる小林さん。たしかに最初のグリーティングカードを見たときにうまいなーと思った(書道だけど年始の書き初めもそうとう上手い。書初め回は鈴本さんも一字だけど上手かったなー)。渡辺さんの特待生っていうのは素直さがいいのかな。わりと字と字の間を空けて読みやすいとは思ったけど。個人的には小池さんや長沢くんも好きだけど、イラストがうまい人の、フォントの綺麗さに影響された字と硬筆とはまた違うんだろうなー

上村さんはやっぱり声質も滑舌も聞き取りやすくて、台本さえあれば気持ちよく聞かせられるなって感じ。ただ、アイドル詳しいけどおバカさんなんだよなー。それはそれで好きなひといると思うけど、個人的にはねるさんの有能さを感じるばかりだった。上村さんの動物嫌いは前もブログで書いてたなー。

ねるさんは電車で本を読んで育ったんだなー。最近はみんなネットができるから、通学でも本読むひとは少ないかもしれない。やっぱり本を読む子が喋りや文章で結果を出して、あ、本を読むのって成長になるなーって思ってもらえるのは嬉しい。
−−一応自慢するけど、ねるさんが喋れるっていうのはANNのときからずっと書いてる。正直、けやき坂でなければキャプテンもねるさんが適任だと思ってるくらい。

2016.02.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ64 ブログ

ANNRはあとで聞くけど、ねるさんが加わったのが楽しみ。米さんと齋藤さん、原田さんなんかも次は聞きたいな。けやかけは今回、乃木坂をなぞってない企画という意味でわくわくする。

スカパー音楽祭は、前も書いてあったけど武部さんのピアノで歌うんだなー。武部さんはなんといってもSURFACEというデュオのプロデューサーのイメージが強いんだけど、実は高校の遠い先輩でもあったりする。

石森さんは笑顔作るのうまくなったなー、と写真に鈍感な僕でも思う。表情に幅が出てきて、それぞれでの決め顔を持ってる感じがする。

ぽんさんのファンが手紙や握手でブログ面白いよって伝えてくれてるのがわかるとホッとする。面白いブログを書くのも楽なことじゃなくて、でも安定して面白いひとはだんだん慣れられて、褒められなくなったりもしそうなので。

ウイルス当番とかは実際の効果はともかく、効くと信じれば効果がありそうな気もする。ずーみんさんはちゃんとそれと別に手洗いも推奨してたし。ちなみに、うがいとかマスクはあんまり予防にならないという説もあるけど、これも効くと信じれば効く。

尾関さんちはスカパー映らないなんて。アンテナの問題かなー。
−−お姉さんはあいかわらず妹さんのTOだなー。もちろんTOなんかより家族のほうがずっと大事な存在だけど、姉関さんは兼任って感じがする。深川さんのTOがメンバーの川後さんみたいな感じで、ファンの願っていることや伝えたいことを的確に伝えられる存在。

守屋さんは自分が出てないANNRを告知してる。まあ、ANNRといえばブログをチェックしてラジオのやる気を見定めて出演者を選んだあのANNRなので自分が出てなくても告知するメリットがあるんだけど、それにしてもいい子だなーと思う。

長沢くんがハルジオンの衣装について、大事なことなので二度言いましたをやってる。たぶんわざとじゃないんだけどそのへんも可愛い。もちろん、いつもしっかりしたブログを書いてるからこそ。

原田さんのバナナの題名は、いまはまだ青いけど熟したら美味しくなるぞっていう意志の表明かなー。深読みすぎるかもしれないけど、みんなそうなると思ってる。
−−たまごの食べ過ぎは最近はあんまり気にしなくていいことになってるらしいけど、賢いとされる知識の範囲だと思う。健康知識にも何段階か、うさんくさいものから科学的なものまでいろいろあるけど、原田さんが紹介するのは信頼されてる落ち着いた知識が多い。ご両親も賢いんだろうなと思う。

アオコが行方不明ってそんな寮の中だけでなくなるものかなあ? まだ物もそんなにないだろうし、メンバーの部屋も言ってもワンルームの延長だと思うんだけどな。逆に器用という気さえする。

ねるさんはハッスルプレス番外編の呼び方の部分が大変カオスになりそうだ。
−−ねるさんもファンといいメンバーといい、いい意味で人たらしだなーと思う。まあ小池さんもずーみんさんもわりと愛情表現がオーバーなので釣り合いとれてる。

さとしさんはやっぱり明らかに、意識的に文章を磨いてる。自分で見直してるか、相談したりしてるか。個性を尊重するタイプなので暴れたい気持ちもあると思うけど、いまは画材に慣れる段階なので、そのあとで自由に広げて欲しいなー。

2016.02.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ63 ブログ

さとしさんは少しずつ自分勝手な文章を脱却してると思う。たぶん気ままに書くのに比べて最初は苦労するだろうけど、意味のある努力だと思う。

織田ななさんは不器用で優しいひと。メンバー紹介を思い立ったらとにかくそれを続けてみようという一本気なところ、らしくていいと思う。
−−よねみんさんは唯一頼れるとまで言われてるのすごいなー。
−−写真、相変わらず美人だこと。美人じゃない子の悩みと、美人なだけにどうしていいか分からない子の悩みってまた違って、それぞれ大変なんだと思う。

長沢くんと小林さんはブログを書きなれてるからこその、ミュージックステーションを話題に出す器用さ。こういう細かい共感の積み重ねって大事だなーと思う。特に長沢くんはハルジオンの花言葉まで調べててファン力高い。天然だけど(あるいはネガティブだからこそ)事前の下調べ力について長沢くんの優秀さってかなりのものだと思う。
−−ハルジオン、曲や歌詞はともかく深川さんが中央にいることに不思議はなくて堂々としてた。ファンとして誇りに思うし、欅ちゃんたちもああいうふうに成長するんだろうな。楽しみ。

石森さんも話の枕を用意して自然につなぐのうまくなった。やっぱり読み手を意識して書いてる子は上達するんだなー。

上村さんはみんなが気にかけてるところのダンスについてユーモラスに言及してるのはさすがファン心理の分かる子。
−−上村さん、けやけだけだと他のメンバーの弱点を明かしちゃうような子に見えるかもだけど、ブログだと圧倒的に褒めてることが多くて、優しい子。

小池さんは運動の素養ありそうっていうのは前に書いて、中学も怪我する前はソフトテニス部だったかな。だから球技できるのは想定内。まあ米さんとか守屋さんとかベリサさんみたいなその中でも上位の子にはかなわないだろうけど。

今泉さんはいわゆるアニオタ受けするアニメとは徹底して別路線の、子供にも受けるアニメが好きなんだな。狙ってるわけじゃないだろうけど、いい狙いかもしれない。
−−この間の電話で方言が出てたの、京都出身のお母さまの影響もあるんだろうか。

原田さんはちょっと元気がないなー。まあ、おそらくは今までの人生が天下無敵の愛されキャラだったから、握手が売れないつらさもあるんだろうけど、まだ半熟なので、卵はともかく植物ならこれから熟れていけば売れていくので、あんまりしょんぼりしないでほしいな。
−−そういえば、いつもうるさう原田さんも学校で叱られると静かになるってエピソードもあったなー。懐かしい。

2016.02.27 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ62 ブログ

長沢くんのクイズ、左右の手まで正解しててよかった。
−−長沢くんが一部売とはいえ完売したっていうことは、ブログでの頑張りとかが評価されてるっていうことで、まあ個人的にはすごく嬉しいことだな。

齋藤さんは分かりやすそうで謎な存在。まだまだ彼女がほんとにポジティブなのか、ひとに弱い面を見せないだけなのかがわからない。ポジティブにしては、ほかのひとへの気づかいがあまりに細やかだなと思うんだけど。まあ、「星野みなみ一択」のときにねるさんが背中さすってたみたいに周りが支えてくれれば大丈夫かな。

ベリサさんは前にも一度花粉症だって書いてたけど(1/21)、今日のはなんか小林さんが対策に困ってるのを見て書いた感じが出てて優しいなーと思う。もちろん写真を見る限り、直接教えたりしてるんだろうけど、それでもなおいい。

ひらてちさんはいわゆるスターシステムのためにも露出多くしないといけないし、それによく応えてるから心配いらないんだけど、のびのび育ってほしいなという気持ちもある。中学生だってばよ。

2016.02.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ61 ブログとか

原田さんがB.L.T.の撮影で構えてるカメラ、前にもLUMIXの液晶画面を写してたし、G2はかなり古いモデルなので自前だろうな、物持ちがいい。いわゆるレフのないデジタル一眼で小ささが魅力なんだけど、原田さんの顔の小ささのせいでわりと普通の一眼サイズに見える。

HUSTLE PRESS番外編
小池さん、特技にまた「膝かっくん」を入れてきてる。最初の自己紹介動画以来かな、こういう古いネタをときどきもってくるのも小池さんはうまいよね。(ちなみに絵を描く(水彩画)に加えもう一つの特技が「じゃがいもの皮むき」)
−−米さんに加えて、ねるさんまで妹扱いをしている小池さんのお姉さん願望。しかし、そんな小池さんが上村さんをお姉さん扱いしてるのが面白い。
−−小林さんは、守屋さんにも同い年に感じると言われてるし、大人っぽいんだろうな。でも織田さんのブログでは「ほっとけない感じ」と言われてる。
−−石森さんを「虹ちゃん」って呼んでるのは初めて見た。
−−菅井さんについての「たたずまい」っていう言葉、前もラジオで言っていて、辞書を引くと「建物に使う」って書いてあるんだけど、きっと現代ではほぼ常用と言っていい。菅井さんは、たしかにたたずまいって感じがする。
−−土生さんのギャグセンスは前からいいなーと思っていたので、同じくギャグ線の高い小池さんが褒めていると嬉しくなる。

長沢くんはご飯に塩をかけるし濃いソース味が好きだしで、あいかわらず塩分が心配な感じ。お嬢さま育ちにしては素材の味より調味料派みたい。

「あいうえおぜき」の「あ」はアイドルだったのか、そういえばそうだった気がする。尾関さんは乃木坂ファンなんだけど、乃木坂ができる前にきっかけをどこに得たかみたいなのはいずれ雑誌とかで答えるだろうなー。お姉さまの影響がありそう。
−−齋藤さんのブログでカメラに寄ってる尾関さんが楽しそうでしかたない。妹的おちゃめさだなー。尾関さんも鈴本さんも妹っぽい。

鈴本さんは最近、写真もファンが見たいものとのバランスが取れてきてると思う。うちに秘めた魅力は伝わるからゆっくり伸びていけばいい。個人的には声もけっこう好き。

米さんの自分へのプレゼントって何が良いんだろう。お洒落を伸ばす一方で、理系男子狙いにちょっと生物チックな図鑑を買って、趣味に没頭するいい意味での子供らしさを出すのも良さそう。

守屋さんがストレートに握手アピールをすることで、他のメンバーが謙虚にほどほどにアピールをできるので、すごくありがたいメンバーだと思う。守屋さんのいいところは、自分はそうやって積極的にいく一方で、控えめな子とも仲良くできること。

志田さんの小麦粉控えめってグルテンフリーだろうなー。前にクロエって女優さんの名前で呼んで欲しいって言ってたように、志田さんはハリウッド的セレブ大好きっ子なので、向こうでの流行にも敏感。
−−志田さんは以前から、句点と!や?を並べて書くっていう独特なことをしてる。シンプルにしてセンスが光る。

今泉さんのお兄ちゃんがインフルにかかった報告の、どのお兄ちゃんだよ問題。
−−ずーみんふーちゃんひらてちとかのグループとねるさんが最近仲良いなーと思う。

ねるさんのブログはだんだん日本語が暴れてる感じが出てきた。こういう感じと、大事な場面での締まった感じの両方使いこなしたら幅もでてますます魅力的。

長沢くんのブログ、「この手は誰でしょう」っていうんだけどぱっと見二人の手に見えるどちらを尋ねられているのか分からない。ヒントも出し過ぎて手のクイズにもはやなってないし、やっぱり天然さん。長沢くんとオダナナさんの手だとしたら左の手が長沢くん。
−−でも25日がプリンの日とはしらなかった。今日はねるさんのブログで「トップコート」も覚えたので収穫が多かった。
−−オダナナさんのブログで水にティーバッグを入れてるのは、たぶん水出し紅茶のつもりじゃないんだろうなー。同時にオダナナさんも水出し紅茶や緑茶、コーヒーなんていう概念は知らないのかもしれない。

オダナナさんがベリサさんに愛されすぎているのは、前に鈴本さんもどうしたらいいかと言っていたほどなんだけど、凄い力っていうのがバレーボールをやってただけにほんとに強そう。そしてサディスティック。

石森さんはいい意味で中高生の作文コンクールみたいな整った文章。先生に可愛がられそう。

菅井さんの、本人的には遠回しに書いたつもりが、急に京都と名古屋の話になってることで、関東は売り切れたからここを伸ばしたいぞって意欲が全面に出てる感じが、なんか菅井さんらしくていい。まっすぐな人。目を見たら逸らしてしまいそう。

花粉症は大変な子も多そうだなー。夜に眠れないといっても、その部屋が花粉まみれとは限らないし、撮影中は屋外でもマスクできないし。部屋に入る前に家の前で服を払うといいとか聞くけど、どうだろう。
−−小林さん、そこそこ握手売れてるみたいでよかった。どの子が売れても嬉しいけど、小林さんの位置だと心ないアンチも出かねないだけにホッとしてる。

ボディソープで頭を洗うのは逆よりはマシだし、ものによっては兼用のものもあるくらいなのでそんなに問題ないかなと思う。しかし、尾関さんからしたら握手が一部完売してもまだ物足りないだろうな。でも、自己愛とグループ愛のバランスが取れたいい意志表明だと思う。
−−ウクレレ弾きのお父さんは「花は咲く」を弾くのか。あれ、菅野よう子さんっていう有名な劇伴作曲家の曲で、このひとの曲大好きなので嬉しい。

2016.02.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ60 ブログ

原田さん、若くして筑前煮が好物というのもやっぱり味覚をキチンと育てられたご両親の賜物だと思う。たぶん母親の料理だとなんでも美味しいというのも、半分は愛情としても、半分は実際においしい料理を食べてきたことからの安心感かなーと。

米さんの誕生日。あいかわらず呼び名は「米さん」「よねみん」「よねみ」派に分かれている。米さんが16才というのはホッとする部分もあって、あまりに15才としてはしっかりしているので。16才だとみんな高校生だし、結婚できる年齢でもあって、少し大人びていてもそんなものかなっていう感じがある。米さんの大人びかたは、大人を上っ面だけまねたものじゃない自然な雰囲気だから好きだな。

尾関さんの「あいうえおぜき」は、真面目でお題があったほうがブログを書きやすい尾関さんに向いたアイディアという感じ。それにしても第一回の「あ」はすごく面白かったなー! もうあれを見た時点で神企画だと思った! 楽しかった記憶はあるのに内容は覚えてないんやけどね、小池さんみたいに。
−−第二回は生田さんということで、たぶん何なら2回でポシャっても尾関さん的には満足感ありそう。

菅井さんの「関心する」は、あんまり漢字の誤用は気にしたくないんだけど、難しいほうを使っとけばカッコいい的な発想からあんまり学のない人がやる間違いなので、いつも品の良い文を書く菅井さんにはちょっと似合わないかな。
正しくは、心動かされるのが「感心」で興味を惹かれるのが「関心」なのでこの場合は前者。というより「関心」を「関心する」のように「する」付で使う用法はそもそもない。「かんしんしました」ったらどういうシチュエーションだろうと「感心」。

齋藤さんの持っているケーキを見ると、ネームプレートが「ふーちゃん」のみなので、別々にケーキ用意してもらってるんだなー。21人いるからそれくらい量があっても瞬殺だろうけど、嬉しいポイントだと思う。

小林さんが「ぽんっ」って写真を貼って説明をつけないようなときには、いずれ「このあいだ貼った写真に写ってたのは」みたいな説明があるかもだ。

今泉さんの犬はふだんツンデレなのに寝てると隣に来るって言うけど、そのデレを含めてのツンデレだよね。たぶん、ふだんはツンデレじゃなくてツンツンなんだと思う。
−−というようなツッコミをツッコミ番長な今泉さんも日ごろしてるんだと思う。ぜひけやかけでは小池さんやポンコツな皆さんにボケさせてのツッコミ選手権を開催してほしい。

これは小池さんの上手さでもあるんやけど、もし小池さんがふーちゃんより早くペンギンを見つけはったらそれを保護するのか、やっぱり食べてまうのかが気になって朝もよう眠れへん。いつでもどこでも寝られるって羨ましい。
−−米さんのレポートとしてはやっぱり小池さんのがいちばんよく書けてると思った。原田さんもいい。

長沢くんの米さんへの「アイドルと勉強の両立は大変だと思うけど、今年もお互い頑張ろう!」っていうメッセージはやっぱり大学で頑張るってことだろうなー。長沢くんタイプにとって大学の勉強って高校までのただ教わるのと全然違って最初は戸惑ったりもすると思うけど、楽しんでほしいな。
−−ハリボーはドイツでよく食べてた。あの硬さの理由は、子供があごを鍛えるためという豆知識。

織田ななさんは裏表ないまっすぐな子だから、織田ななさんに褒められると嬉しいだろうなーと思う。

あかねんさんはリアルでゴージャスなので正統派なイヤリングがよく似合う。たとえば大きい輪っかとか星形のイヤリングなら土生さんかなーと思うけど。

2016.02.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ59 HUSTLE PRESSとか

HUSTLE PRESS:
小池さんはけやかけでもそうだけど、エピソードトークが群を抜いて安定してる。普段から頭のなかか、家族や友達に向けてか、とにかく話をしっかり組み立てて語るようにトレーニングできてると思う。
−−掃除ネタはどうなんやろう、たぶん自覚はあると思うけど、トークとしては鉄板なんだけど、乃木坂の斉藤優里さんと同じで人気稼業としては行き過ぎると引かれるという。その辺を意識してか記事では雑巾を10枚常備と驚くレベルで言ってたけど、ブログでは潔癖症否定をしてる。最後の吉本新喜劇のくだりも含めて、小池さんのファンはテレビやインタビューではサービス精神から盛ってしまう小池さんを、それも長所と思って楽しむべきだろうなーと思う。
−−小池さんの掃除とか守屋さん・ねるさん・石森さんとかのテレビつけっぱなしは、なんとなくホームシックの表れだと思う。落ち着いたり忙しくなったら、自然と極端なものではなくなるんじゃないかな。

けやかけ:
家族がなって欲しいアイドルのアンケートの部分を見返してたら、尾関さんが父親の「綾瀬はるかさん」というワードを聞いた瞬間にめちゃくちゃこわい顔をしてて、眼力あるから、悪夢に出そうなくらい怖かった。そのあとすぐにうまく怒りを消化してユーモラスに語りだすので人としてできてるんだけど、うちに秘めた闘争心を見せられた気がする。ケンカの前のネコみたいな感じ。年に1度くらいしかできれば見たくないけど、そこも含めて非凡で魅力ある尾関さんだなって思う。
欅坂メモ20で「眼力が強いのかな。恨みのこもった目で前髪の隙間から睨みつけられたい。」って書いたけど、まさにそういう目だった。
−−原田さんが同じコーナーで恥ずかしさに顔を覆うときに、その前に手を繋いだベリサさんの手が一緒に持ち上げられてるのが面白い。前にANNのときはリサさんが原田さんの手を繋いでたし、仲いいなあ。

ブログ:
今泉さんの美味しいグルメ写真を家族に送るマイブームと、齋藤さんが(誰かと)飯テロを送り合っているという情報から、今泉さんが齋藤さんにも食べ物写真を送りつけていることと、もはや齋藤さんが家族扱いであるということが想像される。
−−「いまいずみ」とか「いまゆい」とかいろんな呼び方で平手さんが呼んでくるって書いてあるけど、わりとベーシックな2つの呼び方だよね。むしろ「ひらち」のほうがめずらしいくらい。でも今泉さんは言い切るから「そんなもんかな? そうかもしれないな」って信じてしまう。

米さんの元気系じゃないしっとりかわいい写真については、それこそベリカさんが芸人のコピーをしたときのように、みんなで「よくやった」って励ましていくべきだと思う。
−−それは齋藤さんとか鈴本さんも同じ感じ。ツッチーさんが言ってた恥ずかしいのが見たいっていうのは、恥ずかしがるのが見たいだけじゃなくて、そこにまだ魅力が隠れてるからっていうことでもある。

土生さんはネコの写真でクマのチョコを入れてくるところも、最後に一行でけやかけのはぶダンスに触れてくるところもうまいなって思う。
−−土生さんを「みづぅ」(「ず」じゃなく「づ」がポイント)と呼ぶといえば、いちごアートのときに3つあるいちごの上のものについて「これはみづです」みたいなことを言ってたっけ。「ぅ」は入ってなかったけど。

ときどき思うんだけど、仲のいいメンバーのブログがたびたび並ぶのは、LINEでトークしたりしててそのままの流れで一緒に上げたりするのかな。

2016.02.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ58 ブログ

欅さんは忙しそうだなという感じがする。頻繁に更新してるひともなかなか長文にはならない。逆にレアな更新も多かったのは、みんなでいる時間にきっかけをつかんで書いた子がいるのかな。

ベリカさんに天然と言われる長沢くん。ベリカさん的には他の子を天然と呼ぶ嬉しさを感じてそう。
−−しかしツインテールの日はネタとして、他の子が2/22を乃木坂の誕生日としても書いてるなかで猫の日以外全くスルーなのはやっぱり天然さんかと思う。

ねるさんはあだ名を独自に付けていきたいタイプらしい。AKBにいた倉持さんがそのタイプだった。しっかり感とおっとり感が混ざってる感じは少し似てるかもしれない。
−−ねるさんは天然といっても、生まれつきの素養ではなくて、おおらかな環境で育ったからという感じ。都会っ子の同調圧力に染まらなかった感じ。ブログを読んでても、常識的な「読み手」の設定はちゃんとできてる。

齋藤さんが飼ってたハムスターはよしおということで乃木坂のボス今野さんと同じ名前という特に意味のない知識。
−−「星野みなみ一択」については昨日書いたとおり、やっぱり同い年ということがネックだったんだな。特にしっかりものがウリの齋藤さんからしたら、何をやっても結果を問わずかわいい、というのは別タイプだから頑張りを否定されるようなところもある。
−−でも変顔なんかを見ても、齋藤さんは自分で思うより「かわいさ」を意識して、そこに憧れをいだいて振る舞ってるような気もする。そういうところには星野さんにはできないギャップとしてのかわいさがある。
−−たぶんお父様は、意地なのかそういうポーズのほうが面白いと思ってるのかでけやかけを一緒に見てないだけで、録画や動画サイトとかできっと見てらっしゃると思う。

ねるさんがまりっかさんに憧れてもまりっかさん自身ではないのと同じように、志田さんも島崎さんそのものではないんだよなー、と思う。たぶん志田さんは実はマイペースじゃないからこそ人付き合いに疲れて、マイペースに振る舞うことで距離を確保してる気がする。

石森さんは最近ブログ頑張ってる。頑張ってるということがなんかカッコ悪かったりする年齢なので、やり遂げるっていう意志の強さは立派だなと思う。

長沢くんとか織田さんは散歩を日課にしてるのはいいなーと思う。歩くこと自体が血流を良くするとか、脳への刺激になるなんて話もあるし。
−−織田ななさんが聖母かっていう話になると、これは深川さんファン的には特別な意味合いを持つ言葉で、織田さんの慈愛の心が深川さんに及ぶかどうかは別として、ちょっと流用するのは違うかなって気はするんだけど、褒め言葉として使ってみたい気持ちは分かる。

尾関さんブログのハッピーはもちろん今泉さんちの犬で、前は齋藤さんにラッキーとか間違えられてたんだけど、それはともかく今日の尾関さんのブログは妹感に満ちてるなと思う。

今泉さんの写真、起きてすぐ寝ぼけ眼でブログ読んでたら恐怖で一瞬で目が覚めた。いやーびっくりした。よく見ると反射しやすいマスクに手が写り込んでて面白い。
−−メンバーがゾンビになるといえば乃木坂さんの狼に口笛をのPV。
−−ゾンビがツォンピになるって発想は意外と面白い。ドイツ語なら少なくともツォンビにはなる。

2016.02.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ57 けやかけ家族アンケート後編2

けやかけ:
冒頭の菅井さん齋藤さん守屋さんのあたりは百万馬力ポーズだー。ちょうど先週話に出たし。

小池さんのエピソードトークは笑えるデキではないんだけど、ダンゴムシを返させるための母親の返しは気が利いてるし、ポケットからダンゴムシが出てきたところでの米さんとの「きもちわるい!」「なんで、かわいいよ」みたいなやり取りは面白い。いつも余裕のある土生さんがドン引きしてるのもめったに見られない表情で貴重。

アンケートのテーマが特技っていうところで齋藤さんがアワアワしてるのは、自分が変顔かなにか振られるだろうと思ってのことだろうな。

志田ちゃんは自分のことだと照れるけどひとにパスするときは積極的だし、マイペースだけど友達思いなんだろうなって感じがする。

長沢くんがちまちまと拍手してるの、鈴本さんみたいに誰もがリアクションできるわけじゃないし、そのなかで頑張ってるなと思う。
−−トークでアオコのネタを自分から足したのも拾われてて良かった。

石森さんは、猫好きって言うにも、犬だけ好きじゃなくてごめんなさいみたいに言ってたし、ダチョウもなんかおんなじ感じで言うんだけど、動物好き業界っていうのはそんなに1種類のみ好きじゃないとケンカになるのかな。

織田さんが特技を発表されてあまりのいやさに横の長沢くんに寄りかかるところ、勢いが激しすぎて長沢くんがつぶれてるの面白い。
−−織田ななさんに限らずみんなやりきるの偉いなと思うし、バラエティ要員でもない平手さんがよく笑うから場が温まって面白くなってる。

なって欲しいアイドルのところ、トップバッターの菅井さんが何か変なこと言われるか警戒してるところから、あ、ここはほっこりメッセージだ、って気づく感じが良い。

米さんとか織田ななさんはそれまでのメンバーのところでちょっとジーンとして目がうるんでるところに突然フォーカスが当たってて、これもいい。水卜アナの名前を挙げてるのに後ろの名前あげグループじゃなく手前に持ってきたのも、やっぱりスタッフさんからいいメッセージと評価されたってことだろうな。

守屋さんの前向きにっていうの、メンバーには弱気なところ見せないけど、家に電話したりしたときには少し弱気になったりもするんだろうな。守屋さんくらい武器と意志の強さがあっても大変な世界なんだなー。

尾関さんとか齋藤さんの父親は、ひとことユーモラスに足すことでこれはバラエティ的回答だよ、っていうことをハッキリさせてて、やっぱりバラエティがわかる方々だと思う。娘さんたちもそれを受け継いでる。
−−星野みなみ一択、は回答としては間違ってないんだけど、娘さんからするとほぼ同い年のタイプの違うアイドルが好きっていうのは複雑な気分かもしれない。特に、なって欲しいアイドルだからいい話来るかもと思ってたところだし。たぶんお父様からするともう少しバラエティ的においしい反応を娘がすると思ってのパスだと思う。

キャンディーズっていう回答は後追い世代かな。長沢くんの父親でリアルタイムだとしたら、少し親子の歳が離れてるほうかもしれない。でも40代くらいでのお子さんなら全然ありうるか。

2016.02.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ56 けやかけ家族アンケート後編1 ブログ

乃木坂さんの、深川セレクションのミニライブすっかり見てしまった。希望も咄嗟も他の星からも入っていて予はたいへん満足でした。そしてらりんさんのスペシャルバージョンの希望ほんとに良かったし、ねねころさんに言及してのなみころも良かった。みり愛さんを妹のようにかわいがるところも、新内さんと見つめあってるのも、川後Pにまいまいは特別って言われてるところも全部良かった。

けやかけ:
今泉さんのホームシックネタは、一人暮らししてもほとんど実家にいるだろうな、って書いたブログが数日前にあった。メンバーがときどきネタバレとはわからないようにバラしてるの、本人としては番組で放送されちゃうことの動揺を先に少し軽くするためもあるんだろうけど、読み手としては後から思い出せて楽しい。
−−よく考えると、高校生の問題を手伝える父親って、まあ学校のレベルによるけどけっこうすごい。5人目の子供だし順々に面倒見てるうちに染み付いたのかな。
−−てっきり奇声がブログの「ふぉ」だと思ってたので、「あああ」って感じの奇声を前に困惑してる。

土生さんはホントにお父様と仲良くて、リビングでいつも会話してるイメージがある。土生さんのユーモアセンスがいいのはだいたいお父様のおかげだと思う。
−−その意味では小池さんの笑いを育てたお父様がアンケートに答えてくれなかったのが少し悔やまれる。

特技自慢は乃木坂のひなちまさんの恐竜のモノマネを超えるインパクトはまだなかったかな。石森さんのは、「うまいけど反応に困る芸」としては完成度めちゃくちゃ高いので、うまく仕切れる司会相手なら武器になると思う。

なってほしいアイドルは、個人的には具体的な誰かを挙げないほうが好き。小林さんのお姉さんは、あれもこれも後から足してあげなきゃって感じで愛情を感じる。ファンだけでなくメンバーにも愛されるようにっていい視点もあって、姉妹ならではのツンデレな感じ。ねるさんところのシンプルな短さも好き(自然と品があるので意識して穏やかにしなくてもいいとは思うけど)。
−−でも米さんに「水卜アナ」を見るのはかなり客観的に見てるから好印象。
−−わざわざ「難関美大」と難関を強調するところは、さとしさんとご両親で似てるけど(ちょっと最大限の自己主張を欠かさないアメリカっぽい)、それで坂道ファンが付くかというと…。
−−小泉今日子さんは見事に読書好き文化人への転身を果たしたので、原田さんもそうなれるといいな。
−−齋藤さんは星野さんとタイプ違う気がするけど、ご家族が言うんだからなにか通じるところ、ヒントにした方がいいところもあるのかもしれない。僕も星野さんも齋藤さんも好きだし。どっちにしても乃木坂ファンのお父様なら欅坂の活動へも理解が深いだろうな。


ブログ:
齋藤さんの、けやかけ見てくださいの顔文字が、星野みなみさんが使ってるやつと同系統だけど、狙ったのかたんに使いやすい顔文字だからなのか迷うところ。

今泉さんの貼るカイロをお腹と背中にっていうのも長沢くんがラジオでおすすめしてたけど、たまたま被った感じだろうなー。
−−握手会は奇声は禁止かー。たしかにあのお兄さんのを真似しても悲鳴に聞こえてしまって問題だ。「ふぉ」なら大丈夫だったかもだけど。

菅井さんがリーズナブルでおいしい焼き芋を紹介するとき、その脳裏で比較対象となっているのは、別荘の暖炉で焼いた焼き芋である。焼き芋くらいしか焼かない暖炉だからね。

長沢くんは前髪を切られすぎたトラウマから自分で切ってたんだけど、やっぱり近所のてきとうな美容院と違って、芸能界で活躍なさるようなスタイリストさんだとテレビにすぐ出られる適切な長さに切るのうまいんだろうなー。

米さんは語りで文章の面白さを作ってしまうというより、正統派ツッコミ文章だから、ネタがないと筆がにぶるんだよね。それは良し悪しで、変に語りだけで面白いと、何を話しても笑ってもらえるからネタを選ぶセンスが磨かれないという欠点もある。まあ、デビューしたら書きたいことばかりになってネタに困ることはないかな。

2016.02.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ55 HUSTLE PRESS ブログ

ハッスルプレス番外編、石森さんもまたなんか個性的なメンバー評をしてる。短めでわりと遠慮がないというか、隠しごとができない感じ。無難よりは、見る側としては楽しい部分もある。
−−今泉さんの声マネ芸って見たことないと思う。齋藤さんに振ってばかりじゃなく自分でもやって欲しいな。
少しワガママ育ちなのは、たとえばけやかけの料理回で、自分で作った料理を、マズイからとすぐに「ごちそさまでした!」と言って除ける態度なんかからもうかがえる。
−−齋藤さんはまたスーパーポジティブな感じで見られてる。なんか、根っからのポジティブというよりポジティブに考えるための意識づけがうまいのかなと思ってたんだけど、読み違えてたかもしれない。
−−長沢くんはごはんに塩をかける高山一実さんスタイルかー。まあ、ドイツもそうだけど寒い地方のほうが塩からい食になる。上手に旨み成分とか香りで減塩できるといいけど。
−−平手さんの歌声が聞こえますっていうのは寮の隣の部屋とかなのかな? 平手さんはこの間はカラオケにも行ってた。ゆいちゃんずもうまいので、平手さんが歌えればかなりパフォーマンス高いアイドルとして売っていける。まあ、個人的には歌好きであってくれればそれだけで嬉しいかな。
−−守屋さんの声の低さって、それだけならいいんだけど早口で口角があんまりあがってない感じだとぶっきらぼうに聞こえてしまうんだよね。織田ななさんみたいに落ち着いてしゃべるか、いつもテンパってるときみたいにキーが高くなれば、一段トークが魅力的に聞こえるようになるだろうとは思う。

ブログ:
小林さんはおしゃれで女の子人気も付いてくるから、ブログでときどき女性向けにっていうのはいいことだろうと思う。
−−西野さんにお礼を書いたり、マメなのも愛されるなー。
−−上村さんがブログに牛乳を飲んでも背が伸びませんって書いてるのが、結果としてツッコミみたいな内容になってる。

齋藤さんも順調に100回更新。初期のブログから丁寧で、齋藤さんほか数人が最初からいいブログを書いてくれてなかったら、みんなの読んだりしてなかっただろうな。もちろん全部を毎日楽しく読んできたし、これからも楽しみ。

菅井さんの題名「とぅるとぅる」は今泉さんが髪の毛について書いたときにも使ってたなー。
−−乃木坂さんの46時間は2時間ほど見たけど(いずれ再配信されたらゆっくり見よう)、ちょうど西野さんと爬虫類のところ見ててすごく可愛かった。
−−菅井さんくらい美しいと、プリクラが「数倍よくなってる」ようにはとても見えない(どころか劣化に見える)んだけど、プリクラとともに育った女の子たちの美感覚だとまた違うんだろうか。

尾関さんのグラノーラ、斎藤さんは朝ごはんに食べてた(過去形)のが卵かけご飯に移行したと思ってたけど、もう戻ったのかな。
それはともかく、尾関さんならグラノーラの味を「○○かな?」とか書いても投稿前にググって確認しそうで信頼したくなったけど、念のため調べたらホワイトシチュー味じゃなくコーンシチュー味じゃないか(怒)

原田さんの冒頭が今日は「あおいです」になってる。何か意図があるのかもしれないし、最近ブログの更新時間が安定しないから、時間を選ぶあいさつを避けたのかもしれない。
−−原田さんの最近の写真には憂いの表情が乗るようになったなと思う。乃木坂のMVに必要な要素の一つだと思うし、無邪気な楽しさと両方出たらいいな。
−−原田さんに勉強法を教えるのって釈迦に説法な気もするけど、彼女にうってつけの勉強法に、「ほかの人に話す」というのがある。わかったつもりでも説明しようとしてわかってなかったことに気づくのは大事だし、どこがわかってないかが見えてきたりもする。たぶん米さんも、「聞いて聞いて!」っていうのが夕飯の内容より、幾何や代数のほうが復習になっていいんじゃないかな。

上村さんの、会話の再現の書き方が成長してる。往復回数が増えてる。

小池さんはあいかわらずネタフリしてる。このキャッチフレーズ二度と使わへん言うたやんかー、って言うための撒き餌みたい。

守屋さんのファッションの魅力は、好みが金額に縛られてないところだと思う。もちろん金額を気にするひとは親しみが湧いていいし、古着で集めてくひとにはセンスを感じるんだけど、守屋さんは奇をてらってるわけじゃないのに方向性に妥協がないから、欅坂でも唯一無二な感じになってる。逆に言うと、高いものだから良いものだみたいな思い込みにも縛られずにすんでるのがいい。
−−守屋さんの浴衣だったり、菅井さんの革ジャンだったり、似合いそうだって前に書いてて実際に似合ってるんだけどつい言及し忘れてしまう。きっとそういう部分を専門的にしっかり見てくれるファンもいるんだろうな。

ねるさんのことを平手さんが「天然」って書いてたことがあった気がしたけど、たぶんこの服の裏表のエピソードがあってのことだったんだろうな。
−−「聞く」と「聴く」とかって厳密に分けられるものではないけど、どちらかというと後者はわざわざ耳を傾ける感じで、耳に入ってくる会話は「聞く」でいい気がする。いずれにしても、そういうささいな違いにも敏感になって言葉を選んでくれるひとの言葉は好き。

長沢くんペットが好きすぎてアロエについても生き物を「育てる」じゃなくて「飼う」って言ってるのがちょっと面白い。でもがっかりしただろうなー、慰めてあげたくなる。
−−長沢くんもブログ上手い。最初は素朴な感じだったのが、笑いの作りかたとかもすごく型を使いこなしてる。たぶんいままでもいろんなアイドルさんのブログを読んだりしてるだろうからそこでの記憶が蓄積されてて、自分が使う番となったらデータベース的に役立ってるんだと思う。

2016.02.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ54 ブログ

齋藤さんはイモ好きなのか。苦手な食べ物ニンジンは珍しくないけどカボチャは珍しいんじゃないかな。特にサツマイモとカボチャってセットで好きな女の子が多いイメージなので、片方好きで片方嫌いっていうのはあんまりいない気がする。
−−握手に来てほしいと露骨には書かないけどさり気なく伝える、そういう器用さが好きだなー。ソツがないので新内さんみたいにOL兼任できそうな気さえする。
−−手作りケーキも好評で、さすが何でも器用にこなす齋藤さん。ちょっとは調子に乗ってもいいのになー、なんて思ったりもする。

今泉さんについては、他のひとが彼女を魅力的だと感じる部分にはピンとこないんだけど、くだらない話を楽しそうにするところとか、アイドル路線のようで西野カナさんが好きなところとか、目を閉じた笑顔とか、そういう部分にすごく魅力を感じる。
鍛え抜いた営業モードを持ってるんだけど、それを取っ払ったところにまた人としての魅力があるなって感じ。そっちの部分が女性人気を左右しそう。
−−ロールケーキのくだりは分かったようで結局何がどうなったかあんまり分からないんだけど、あいかわらずの語りの勢いは感じる。

鈴本さんのお菓子の写真はすごく手応えが伝わってきて、文章は短いけどいい自己紹介になってるというか、なんかこう可愛らしさがある。文章フェチの自分でも不思議なんだけどシンプルな言葉の裏側の性格にかなり惹かれる。

志田さんは輪郭隠さない髪型の写真を貼ってて、ホントにイヤそうだったのにえらいなと思う。しかし整ったお顔ですこと。

米さんは今日はくっきりメイクって感じがする。いつにも増して意志が強そうな感じ。
−−こうやってお菓子の写真をあげてもらえると、そのために作ったわけじゃないにせよ、作りがい、あげがいがあるだろうなー。

小林さんはわざとクイズっぽく13レベルではトレインを修理できないゲームとだけ知らせてファンがそれを探しあてる楽しみを作っててエンターテナーだなー。

原田さん(のいとこの親)がまたおいしそうなお取り寄せ品を頼んでるー。いつもながらちょっとこじゃれたり、質のいい食べ物を選んでる。しかも紹介が、「おいしかったです」とか書くだけじゃなくて「みなさんも頼んでみてください」だから、将来ソロタレントになってもステマブログで食っていけそう(褒め言葉)
−−ホワイトデーは年少組の原田さん・米さん・小林さんがお菓子用意するみたいでこれまた楽しみ。
−−今日の小池さんとの写真は表情がいつもより大人っぽくて、将来を予感させる。

菅井さんは「ゆっかー」ってあだ名が気に入ってるなら使っていったほうがいいと思う。かぶる人がいないのが最大の魅力だし、呼ぶときには「ゆっか」に近く呼ぶこともできる。ライブのかけ声では語尾を伸ばせばいいし。
−−今日の写真だと二枚目の苦笑してる写真がいちばん好き。そのシャッターチャンスを逃さずにとった土生さんは有能だと思う。そしてその写真を見て爆笑する守屋さんまで見えるよう。

長沢くんは今日もメンバーを面白く紹介してくれるうえに、リップブラシや少し高めのファンデーションの説明まで、よく分からないだろうファンのためにしてくれていてすごくありがたい。

さとしさんのブログは今日はわりあい読みやすくて(「色々色味を」とかはちょっと字面がくどいけど)写真はすごくデザインに気を配っててさすがだなーと思う。

尾関さんのおぜまるっていうのはなんかあれかな、「ん~~~おぜきまる!」みたいなやつ。
−−あいかわらず(怒)ネタを書くときが一番おもしろい。お母さまに似たのかもしれない。

上村さんがやけに美人に見えるのが、髪型のせいなのか脱色した眉のせいなのか分からなくて困ってしまった。初期に前髪を分けたときからそちら推しなんだけど、さらに一段お姉さんっぽさが増して表情にも自身がみなぎってる。

長濱さんはお菓子の味だけじゃなくてラッピングにもひとこと触れるあたり、よく見てるなって感じがする。ひとと違うところに気づいてもらえるのって嬉しいし、愛され力高い。

石森さん、目を細める笑顔めちゃくちゃ可愛くて、なんであんまりこの魅力を全面に押してこなかったのかと思ってしまった。

2016.02.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ53 ブログとか

握手:
小池さんや小林さん、ねるさんあたりに完売がついたのを見ると熱心なファンはブログもけっこう参考基準にしてるのかなと思う。運営もファンも乃木坂さんの成功例を見てきてるから、「いずれ」伸びそう、という予想が「今」推すことに直結してるみたいだ。
−−つまり白石さんや橋本さん式の人気が平手さんや渡辺さんだとして、西野さんや深川さん、衛藤さん、真夏さんあたりの流儀で人気を得そうなメンバーも売れてる感じ。小池さんや小林さんはこの枠だと思ってたから、人気が出るのは嬉しいけど、もう出るのかという驚きはある。
−−今回完売が出なかった組にもいま握手しておくとお得感あるなと思う子がゴロゴロいるので、レア握手を急いで確保したあとからの伸びが期待できると思う。層が厚い。

ブログ:
守屋さんが二回更新してる。すごく素直で裏表がないひとだと思う。握手も楽しそうだし売れても良さそう。やっぱりちょっと勝ち気そうな美人さんだし近づきがたいのかな。ブログを読んでいてもだらしなさを感じないのが、かえってだらしなさを抱える一般人にとっては眩しすぎるのかもしれない。

何度か書いてるとおり、織田さんやべリカさんはだいたい長沢くんの目を通してみたほうが面白い。やっぱり長沢くんも上村さんと同じでファン気質だから、ファンが見て微笑ましく思うところへの感度がいいし褒め上手。本人も抜けてるところがあるから、他の子のおっちょこちょいな一面を紹介しても角が立たないのもいい。

菅井さんは糖質減らし目の食事だけどタンパク質とか野菜の必要な栄養素に気を配ってる感じがする。以前に謎の知り合いの書道家が出てきたりしたし、お母様が栄養士さんの知り合いに相談したりしてそうで、寮の食事と同じくらい安心感がある。
−−寮組が体重管理に悩んでるのは寮の食事がおいしいだけじゃなくて間食のせいもあるんじゃないかな。たとえば朝食抜いたりおざなりだったのをちゃんと食べるようにして、それでもいままでお菓子で補ってた分を減らさないと、間接的に寮の食事で太ったりはする。
−−猫も馬もまるまるしたほうが好きと書くことで、まるまるとしたファンが握手に二の足を踏んでいるのもさり気なく捕まえてる菅井さんは、わざとではないだろうけどやっぱり人気出る。

小林さんは巻き髪にしても上村さんみたいに小学生とかからかわれなそうなお姉さん感がある。上村さんの巻き髪好きだけど。
−−それにしても「お菓子大好き」がキャッチコピーでラジオの自己紹介が「チョコレート大好き」なのに脚も細いしスタイルいいのはなぜでしょう。大声で歌ったり岩盤浴行ったりの効果かな。

志田さんは今日も元気。
−−志田さんのキャッチコピー「ストイックなアイドル」なんだけどいまいちストイックには見えないし、魅力を感じてる人もストイックさに惹かれてはない気もする。
−−欅坂でストイックそうなのはやっぱり守屋さんかな。鈴本さんのダンスや今泉さんの歌への姿勢もストイックさを感じる。

尾関さん、握手の完売が出てないのを敢えてアピールしていく強さは武器だなー、弱音吐くくらいには繊細なんだろうに。正直、完売が出なかったなかで一番出てもおかしくなかったし、出るべきなのが尾関さんだとは思ってる。ご兄弟が溺愛するのもわかる。

長沢くん、いろいろコツコツとこなしていくのなんでかなーと思ってたけど1日に4時間半しか寝ないショートスリーパーさんだったか。羨ましいな。

原田さんは情報の感度がいいので以前からブログを読んでてもいろんな発見をさせてもらえてありがたい。お勉強もできるし、クリエイティブだし、脳のメモリが多い感じ。
−−原田さんと米さんについては、当人からしたら握手売れて欲しいだろうけどまだまだ若いし、ここから乃木坂の齋藤さん星野さんみたいに展開する素質があるから不安はないな。
−−(追記)これは何でしょうってイラスト問題があったけど、たまたま鈴本さんのブログを見てたら、栗をのせる前のモンブランにすごく似てることに気づいた。

2016.02.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ52 ブログ

鈴本さん、自分の笑った顔が苦手だっていうのは思春期だとよくあることだけど、そういう笑った顔が苦手って言ってるような子だからこそ親御さんもそこが大好きだって番組に送ったのかもなーと思う。

べリサさんは現代文苦手なタイプかー。テレビっ子だから音声で入ってくる分には大丈夫なんだろうけど。でもブログを書いてれば、べリサさんの言いたいことや思いをより正確に表現するためには緻密な言葉を選ばなきゃってなるし(ひとによるけどべリサさんはそれくらい細やかな感性をうちに秘めてると思う)、言葉を選んでるうちに読む力も付きそうな気がする。
−−この間の写真は外国人風だったけど今度の写真はヨーロッパ人が好きな意味でのアジアらしさを感じる。たとえば乃木坂さんのアナスイイメージキャラとか、ああいう路線も行けそう。

小林さんのブログ冒頭は意外なあるあるネタで共感することが多いんだけど、なんだろう、観察眼が優れてるってことなのかな。あとお勉強できなくても割りとしっかりしてるのはちゃんとニュース番組見てるからかもしれない。
−−ぽんさんはどこか醒めてるんだけど、それが冷めてるって感じじゃなくて温かみを感じるのが珍しい魅力だと思う。それが武器かなー。

平手さんといまゆいさんの写真は、いまゆいさんのタコっぽさを表すための写真なのに平手さんのほうがうまくタコできてる。顔の表現力あるのはお笑い好きもあってかも。
−−「では、そろそろおわかれです!」が見られて嬉しい。

米さんはまえに土生さんと服買いに行きたいって言ってた気がしたので、グルメ観光と言いつつそちらの目的もあったんじゃないかなーと空想を膨らませてる。土生さんって、菅井さんや平手さんともカラオケ行ってるし、前も書いたけど友達になりたさがすごく高い。

さとしさんの成田空港ターミナル、おととい通ったばっかりだ。なんか男の子の飛行機好きとまた別カテゴリーで(あれはカッコよさだと思うんだけど)、さとしさんやねるさんの空港好きがあるんだろうなと思う。。
−−さとしさんは視覚が優れてるから、日常にはない光の量が生まれるところ、量が必要とされるところには、やっぱり個性を感じるんだろうな。

ねるさんはテレビあんまり見過ぎないように育てられたのかなーと思う。それも教育としてはありで、でもテレビ業界に入ったし、その面白さがどこにあるかをまだ感性が育つうちに浴びとくのもいいと思う。

みいちゃんさんの署名がついに「みい」だけになってしまったので、次にどちらが戦力外を食らうか「み」と「い」は気が気でなさそう。今のところオッズを見ると「み」が残りそう。

2016.02.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ51 ブログとか

今泉さんは齋藤さん愛溢れてる。ちょっと大人びた視点とか似てるし、年上好きの今泉さん的に気を使わずにいられるんだろうな。欅坂の年長組は良くも悪くもお姉さん感ないので。
−−個人的には、アイドルアイドルした髪型や表情より、野性味を感じる今日の写真みたいな方が好きだな。今野さんもパンクがルーツならそういうところ引き伸ばしてくれそうだけど。

守屋さんはたしかにバブリーなとこあるんだけど、それでもいいなーと思うのは、バブリーでない時代にバブリーを好むのは流行ではなくて意志だから。ピンク好きとかも、もう理由じゃなくピンク好きなんだよ! っていう信念が好き。

菅井さんとトムと花の写真、三枚並べるとストーリー製みたいなのが感じられて最高かよ!っていう感じ。

長沢くんの「待て」の写真はけやかけでのキャッチコピー「一番星アイドル」みたいになってる。「私の要素入ってない」って言ってたけど自分の方から一番星になっちゃえばいい。

ねるさん木綿豆腐とつぶあん派かー。とんがってる感じ。ねるさんはそういう本能的にとがった部分と、周りの期待を集めるいい子な部分が競り合ってる緊張感がいいと思う。

バナナキャラが渋滞してる。織田バナナとかバナナことかバナ泉とか、まとめてバナナマンファミリーの一房みたい。

尾関家は楽しそうでいいなと思う。兄関さんはCからconsiderateが出てくるとはインテリさん感がある。英語ちゃんと使う学部か業務かに進むくらいでようやく出てくる単語だし、他もきっちり形容詞形を全部並べてる。ちなみにAだと尾関さんに合いそうなamiable(感じのよい)っていうのもある。

上村さんは前髪を軽くしたことでお姉さん感が見た目に加わって、実際に中身も以前よりはお姉さんらしさが出てきてる気がする。

原田さん野球ファンでバッセンやオープン戦も行くなんてなかなかだな。弟さんも野球やってるし、お父さんが相当の野球好きみたいだ。中日はいまちょっと弱いけど、弱い時に応援してると、ミーハーじゃない、ちゃんと選手を応援できるファンになると思う。仕事にもつながるかもしれない。

HUTSLE PRESSの石森さんは、犬と一緒だと良い表情しそうっていう、スタッフさんのアイディアが的中してる。動物ネタは定番として、平手さんのダンスは自分より上とまで言ってるのは新情報。たしかに今はともかく、平手さんは最終的には珠理奈さんみたいにダンスでも憧れられると思う。
−−石森さんの腕とか足の骨格は綺麗だと思う。女性にも男性にも好かれそうなバランスの良さ。

2016.02.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ50 2/15分ブログ

50回も書いてるとは…!

鈴本さんのけやかけにあえて触れない感じとか、誕生日にプレゼントを選ぶことがホントに好きなんだろうなって感じ、ブレがないなーと思う。それもポジティブということなんだろうな。

志田さんが2日続けてやる気みせてる。こういうキャラは、ギャップのおかげでみんなの期待度が下がってるから、たまに気まぐれに更新するだけでもぐんとファンを引きつけるお得なタイプだと思う。

小林さんがポンコツかどうかは意外と難しい問題で、ブログは抜群だし、いろいろ器用にこなすしで歳からするとしっかりものなんだけど、電車をよく乗り過ごしたり、Fが鳴らせなかったりと、一応弱点もある。なによりポンコツとしてイジったとして「ええー」って驚く感じのあの「えーへー」っていう少し笑いが混じる感じが似合うからポンコツであってほしい気もする。そのへんは少し乃木坂の桜井さんっぽい。
−−バレンタインは仕事じゃなくてお姉さんとお出かけかー。これに限らないけど、深読みしてはずすことばっかり。

長沢くんは、よく考えたらイラストも上手いから不思議じゃないんだけど、写真撮るたびにどんどん構図とか上手くなってる気がする。ホントに何についても継続すると伸びる子なんだなーと思う。最初緩やかなんだけど、途中から伸びが増すタイプみたい。

あかねんさんのあかねん語っていうと「またねん あかねん」が思い浮かぶけど、実はブログ見てると擬音だったり感動詞だったりにも独特のものをもっている。なんかいい意味で、空気を読んで自分の語彙を小さくまとめなかった感じ。

菅井さんはパスタ断ちしてまで減量してるのかー。個人的には全粒粉のパスタなら血糖値もそんな上がらないしオススメしたいなー。

土生さんの二枚目の写真の齋藤さん、気が抜けてる感じの少し幼い表情で好きだな。まえに尾関さんの携帯でいたずらで撮った自撮りも好きだったし、いつも気を抜かない子のふっと緩んでる表情に惹かれてしまう。

上村さんの齋藤さん愛は、漢字の種類まで飛鳥さんと同じだからふーさんが羨ましかったんだろうなという感じがする。上村さんのこと書いてて齋藤さん、って書くたびにああこれ紛らわしいな、ってなってしまう。

小池さんはピーポーくんって書いてるけどピーポくんやんなーあれ。

2016.02.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ49 けやかけ

乃木坂の高山さんが欅ちゃんに乗り換えるとしたら、やっぱり齋藤さんなんだろうなー。高山さんは二人もアイドルを釣り上げたと思うとすごい。かりんさんも齋藤さんも、グループのために汗かくのもいとわないタイプだけど、そういうバランサーの子がアイドルを目指そうって思える憧れの対象が高山さんなんだなー。

冒頭のカメラリアクション、目に付いたのは、齋藤さんの誕生日に合わせたねるさんあかねんのシフトと、さとしさんの手がこんがらがるやつ。ほかもいろいろ練ってるなかでゆいちゃんずが結果的に毎回手を振るだけなのは二人の期待値からするとちょっとさみしい。

企画発表後のべリカさんと長沢くんとちょっとこわい顔してるなー。この二人はしっかり対策を練ることで物事に対処するタイプだから、サプライズとかはちょっと苦手なのかもしれない。

それにしても昨日、おかたい親でも娘の活躍のために、みたいなこと書いたけどドンピシャの内容で驚いた。ねるさんのところなんか一番まさに、アイドルになることを反対した家族が、アイドルらしさを調べて娘さんが活躍するための全力のパスだしてる。こうなると、反対されたことも含めて愛されてるなって思う。
−−ちなみに比較級と最上級になってるだけじゃなくて、「ねるーねるらーねるりすと」「今日もあなたの最上級」はいずれも3+4+5(6)文字でいわゆる七五調のリズムとしてすごくいい。
−−ツッチーさんも、ご両親の反対があったうえでの加入を知ってるから、お父さんがこれからも協力しようってなるような展開にちゃんと持っていってる。たぶん笑いを取るだけなら、「あんなに反対してたのにノリノリじゃないですか」みたいな方向でいじることもできたと思うけど、それは下策だったと思う。

鈴本さんのところはお父さんも面白いけど、娘さんのリアクションが面白いし、その大げさな表情についてメンバーが悪意なく笑ってもいいという了解が取れてるのがいいなー。番組的に使いやすい。
−−米さんは出番は制服を着たよねさんだだけだったけど、他の場面でよくカメラで抜かれてる。反応が大きいし、自主的で的確。
−−制服を着たよねさんだ、はつまらなくはないんだけど乃木坂の曲を知らないMCだったのが痛かった。というか放送作家がこのMCには元ネタ伝えとくべきだったような。
−−ペガサスはちょっとダントツで面白い回答だった。いわゆる「その発想はなかった」という感じ。尾関さんも反応に困る鈴本さんのフォローとしてベストの内容・タイミングだった。

小林さんとお姉さんの関係って悪友って感じの良さだなー。たぶんお姉さんからいろいろ影響受ける一方で喧嘩もよくするんだろうけど、外向けの番組ではしっかり小林さんの魅力が発揮できるようアシストしてくれてる。でも家族が見るよりはアイドルとしての小林さんはサバサバ系ではない気もする。

志田さんのお母さんも、娘さんが輪郭キレイなのに隠してるのがもったいないと思ってパス出した感じで、あれでまたファンも増えただろうな。志田さん自身は、理由を聞かれたところでただ嫌だと繰り返したのは減点だけど、そのあとの切れてないっすよをやりきったのは良かった。

尾関さんの両親は大活躍だったけど、ウクレレ弾きのお父さん、男性としては字がすごく綺麗だなと思った。たしかお姉さんもうまいので、ひょっとしてお父さん自身が指導できるくらいに上手いのかも。
−−クラウンマジェスタの1/3だって十分高い車だし、そら自慢したくなるよなーと思う。

キャッチコピーシリーズで尾関さんがCAになってるのはゆえないことではなくて、尾関さんがなりたい職業で車の営業に次ぐのが実はCAさんだったという。心理テスト回で書いてた。あ、そうすると尾関さんも英語結構できるのかな? ちなみに勉強のできないサバサバ系ポンコツGIRL小林さんの得意教科も英語。
−−齋藤さんってご家族から見てスーパーポジティブなのかなー。なんかネガティブとは思わないけど、ふと考え込む一面もあると思うんだけどね。その辺も高山さんに似ている。もしかするとご両親も敢えて憧れの高山さんのフレーズを借りてポジティブになれと激励してるのかもしれない。
−−長沢くんのツッコミは一言だけど決まってた。けやかけでもスーパーサブみたいな位置を確立してきたなー。

2016.02.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ48 ブログ

明日はちょっとメモ取れないなー。明後日も忙しそうだけど、がんばろう。

上村さんのケーキ、こった感じなのに失敗だから配らないとかもったいないなー。でも、それだけ料理の部分ではポンコツしないぞっていうプライドがあるってこと。

石森さんは今日も「みなさん」ではなく一人を相手に語りかけるスタイルにしたみたい。良し悪しは一概には言えないけど、このタイミングでほかの人と違うことをしようっていうのはいいんじゃないかな。

原田さんは背伸びしてる感じがいまはすごく背伸びとして似合ってる。どんどん背伸びがいらなくなる子だと思うから、かえって貴重だなと思う。家ではお姉ちゃんしてるわけだし、料理も特にお菓子作りは自分でたくさん本借りて勉強してるし。

原田さんの域だと実際レシピを見るだけで勘が働くと思うけど、小池さんがレシピを読んで「頭の中で練習」しようって書いてるのは、もちろん「無理やろー」っていうツッコミを狙ってて面白いなと思う。仲の良い米さんもねるさんも常識あるのでこういうボケをちゃんと拾ってくれるだろうし、センスも磨かれてくやろなー。
−−マフラーは以前にお母さんからもらったとブログに書いてたやつかな。お母様もブログ読んでて、自分が心を込めて持たせたものがホームシックのときに大事にされてると(つらさもあるけど)嬉しいだろうな。

長沢くんの飯テロ写真が、ちょっと手元にあるも写真を載せたには眩しすぎるくらいの光沢でおいしそう。こういう写真を見てホントにみんな食べた気になって空腹収まるのかな。
−−そういえば長沢くんもお姉さんがいる組なんだけど、お姉さんがいるからオシャレになったっぽい小林さん志田さん佐藤さんと、長沢くんや織田さんの違いはどこから生まれたんだろう(鈴本さんもまた分からないけど)。後者のほうが母親と仲良いグループって感じはするかな。

平手ちゃんと小池さんは一緒に水族館行ったら良さそう。でもお互い、相手の好きなものには目をくれずアザラシとペンギンに向かい、二人でカラオケ来たのに別々の部屋でヒトカラする的な何かになりそう。

今泉さんが載せてる豚のチョコレートって乃木坂さん絡みで見た記憶がある。日村さんにあげたのは覚えてて、誰だったか調べたら星野みなみさんだった。上村さんやねるさんレベルのファンなら覚えてると思う。
−−けやかけについてのところで書こうと思ってたけど、上村さんに家族がつけたキャッチコピーの「童顔だけど19歳」っていうのはまりっかさんのかつてのキャッチコピー「童顔だけど大人だもん」あるいはその派生「童顔だけどセブンのティーン」へのオマージュだと思う。上村家はメンバーの中でもアイドル自体への愛情が深い。

齋藤さんもチョコ失敗したから載せない派。たぶんしっかりものだから弱いところ見せちゃいけないと思っていて、お化け屋敷のときもキャラ的に怖がってがっかりさせたのではってブログで書いてたけど、しっかりしてる子だからこそ失敗が見たい気持ちもある。でも、作り直したらそのときに「これじゃ載せられないと思って(笑)」って言いながら失敗作と成功作を並べるのはいいかもしれない。あるいは他のメンバーにフォロー込みでイジってもらうのもいいんだろうな。

さとしさんは老舗旅館はともかく、作る系は流石にそつがないなー。袋のデザイン込みでおしゃれだと思う。

志田さんの文章がいつになく元気。

あかねんさんの、写真が見つからないと分かってたうえでいつも以上に期待を煽ってく感じは結構面白かった。

小林さんはケーキ作ってたくらいだし、チョコを作らないのは今日仕事だったのかもしれないな。菅井さんとか尾関さんも意外に作ってなかったし、そうだとしたら学生兼アイドルってホントに大変だ。
−−あのメンバーのお父さんのアンケート、はやっぱり鈴本さんの父親だろうな。
−−ゆいぽんさんとふーちゃんさんは告知のうえにリンクまで貼っていて相変わらずできる子たち。ちょっとの手間を惜しまないところ見習いたい。

ねるさんはメンバーでもいちばん英語ができそう。織田さんとか原田さんも検定取りたいって言ってたし、齋藤さんもけやかけではちょっと恥ずかしかったけど実は英検・漢検は持ってるんだけど、たぶんねるさんの英語力は受験で武器になるレベル。留学考えてたと言ってたし。

2016.02.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ47 ブログ

原田さんは前にけやかけで顔を手で覆ってた時にも思ったんだけど、キレイで長い指をしてる。顔に比べて手が大きいってことは、身長のわりに小顔ってことでもある。ここからどれくらい背が伸びるかわからないし、平手さんや小林さんはまだ伸びてるみたいだけど、原田さんもスラッとした大人になるかもしれない。
−−ところでハートの写真、反対の手バージョンってなんだろう。反対の目バージョンということかな?

上村さんのファンに兵庫県民が多いという謎の傾向。小池さんが兵庫だから仲良さそうなのを見てるうちにファンになるのかな。それとも関西三番手みたいな位置づけが関東における千葉とかぶるんだろうか。でも三番手は埼玉だしなー(真顔)。不思議。

石森さんは「あなた」と「虹花」を使って書いてる。けっこう攻めてて、いずれ始まるモバメを先取りしてる感がある。長沢くんが真夏さんらしい握手をめざすって書いてたけど、真夏さんらしいモバメってこんな感じだろうと思う。モバメは深川さんしか取ったことないから実際のところは知らないけど。

齋藤さんの沈黙から入るブログっていうのも新しい。
−−関係ないけど七味はこっちで料理していて懐かしい香りが欲しくなると頻繁にかけてたなー。胃ではなくて気管が痛くて涙目になったことはある。
−−齋藤さんは女子の後輩にモテそう。高山さんが剣道の後輩のことを定期的に訪れてるけど、齋藤さんがダンス部とかスクールに来たら同じようにキャーって感じだろうな。

小池さんの握手は想像だけど、テンパることはあるにしても塩ってことはないと思う。予想では「ちゃいます」をみんな聞きたがって、「妹キャラだよね」とか「あだな、ポテトだっけ?」とか多そう。ある意味、まだ少ない「決めゼリフ」を持ってるメンバーだから有利。
−−決めゼリフってあとどんな感じだろう。米さんの「大丈夫やで!」くらいか。菅井さんに「しょうがないなー」って言ってもらってもしょうがないし。今泉さんには奇声を発してもらいたい。あ、守屋さんは「一緒に行こ!」があった。おだななさんに「やーだー」を頼むのは気が引けそう。べリカさんに「ごはーん」頼むのもどうかと思うけど、乃木坂には「パン」が決めゼリフの子がいるからバランス取れてるか。

米さんが紹介してる浅野屋のパンは別店舗だけど食べたことあるなー。ミッドタウンだったと思う。調べたら、浅野屋って軽井沢発のお店なのかー、ということは、菅井さんがあの別荘で食べるのと同じパンを一度ならず口にしてしまったかもしれない!感動!! いや、米さんと同じ店なのも嬉しいですよ、も、もちろん。

菅井さんのご家族が買ってきたルームウェア、大人っぽい格好とかじゃなくてモコモコなのが意外でいいなー。家族として、自分の子供?(実は姉とか妹も結構あり得ると思う)がこれを着てファンに愛されますように、ってプレゼント選ぶ気持ちはみんな同じだろうな。ブログ写真だけじゃなく、テレビ番組でルームウェアでのトークや、キャンプでの披露もあるかもしれないし。ハートマークのファスナーがまた贈り主からのお守りみたいな気持ちを感じてほっこりする。
−−どの子のご家族が賛成で反対とかは分からないけど、いざ入ることが決まったら、いろいろ乃木坂さんの番組を調べたりすると思うんだよね。たとえば普段はおかたくてテレビなんて見なかった家族もhuluに加入してトークとかを見るし、そういう場面で身内が活躍する姿を見たくて応援するのも、最初の賛成とか反対とかと矛盾せずに素直な情だと思う。

小林さんの写真は、どの程度狙ってかわからないけどガリバー旅行記のパロディ写真としてかなり忠実感ある。こういう巨人が寝てたら住人もどうしていいか困っちゃうだろうな。

べリサさんのブログは会心の一撃って感じ。基本的に低血圧っぽいテンションの低さのまま、普通のことを言うようにしてボソッと面白いことを交ぜてくのがらしさだと思う。派手に面白ぶらないのがちょっと粋(いき)って感じかもしれない。今日はほっこりエピソードも入ってるし。

長沢くんはなんかモテそう。ファンが付くっていうのは、憧れと親しみやすさのバランスが大事で、菅井さんが人気あるのも両方の要素をしっかりけやかけで見せられたからなんだけど、長沢くんはたぶん泣いちゃったり天然さんだったりというところから、努力であれもこれもできるようになりました、カッコいいなーっていう物語を描ける子だと思う。料理も昨日よりおいしそうだ。

2016.02.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ46 Hustle Press ブログ

Hustle Pressは毎回番外編あるのかな? やったー(ツッチーが平手さんにやるように)という感じ。
−−菅井さんのひとことコメントがけっこうメンバーのことを見てるなという感じだったのに比べると、べリサさんのは、普通の子がひょんなことから芸能界に入り込んでしまったっていう感じで、深くはないんだけど一般ファンと同じ目線が楽屋に持ち込まれたようになっててこれはこれで価値ありだなー。
−−葵さんにうるさいって言うけどリサさんもトーク好きだから、評価の基準として外見以外にトーク能力があるんだよね。齋藤・鈴本・ねるさんあたりがそうだし、織田奈那さんや志田さんも話してるときのイメージが大きそう。
−−あとユーモアセンスはある子なので、「生田さんに似ているように見えるときもある」「うるさいけど、来てくれないとさみしい」「さすが大阪の人だと思う」なんかはクスッとさせられる。
−−小池さんの「ザ・女の子」っていうのそうなんだよね。妹扱いされたりも含めて周りから見ると女の子っぽい。本人の自己認識は違っていて、歴史が好きな頼られキャラで服買うの苦手やねん、って言ってるそのギャップが面白いという。ちょっと乃木坂の井上さんと似てるけど、井上さんより器用なのでうまくそのギャップを活かしていきそうな気がする。
−−写真のほうは、女性ファンもつきそうな感じの、ちょっとおフランスなカジュアル感がある。足の長さとかサッパリしてそうな性格も含めて女性誌のモデル路線も夢じゃないメンバー。


ブログ:
ねるさんの小物のセンスはイメージを崩さないけどちゃんと自分のこだわりがありそうでいいなーと思う。ねるさんってどちらかといえば男性人気が出ると思うんだけど、こういうので女性ファンもついたらいいな。

小池さんは相変わらず小話としてまとめるのうまい、数回クスッとさせて最後にストンと落とす感じ。質が高いので、たまにブログ更新せーへん日があるのもしゃあないかなと思ってしまう。
−−前も書いたけど対照的なのが今泉さんの豪腕で、なんにもオチてないんだけど一発ギャグのように「優柔不断は大変だ~」とテンションを上げて力づくで締めている。これでも、「みなさんもぜひやってみてください」とかよりずっとすっきり感はあって読んだ気になるという。特に意味のない「今泉佑唯(17)」とかオニオンリングの再利用とかもテクではある。それにしても今泉さんは肉食が似合う。
−−入りが上手なのは、定形化されてるのに毎回上手くこなしてる小林さんなんだけど、ここ数回擬音で入ったりしてる土生さんもおもしろい。土生さんと小池さんに共通するのはお父様のユーモアセンスが高そうだということ。
−−齋藤さんも、べリサさんがギャグ線を褒めてるだけあって、ちょっとしたエピソードをうまく面白さに変える。小池さんのほうがテレビや本で見るような商品的な話芸で、齋藤さんのほうがストリートで磨いた話芸っていう感じはするけど、どっちもかなり高度だと思う。

長沢くんも菅井さんもランニングマシンしたりカラオケに行ったりして、いよいよ曲や写真や動画のような残る作品についての準備が始まったという感じがする。いいMVがこれからたくさん残されていくといいな。
−−長沢くんの定期おだなな報は、当人が自己紹介するよりずっとおもしろい。
−−やっぱりキッチンではなくてIHで作るんだ。情報がありがたい。いろいろ不便もあるだろうけど、材料みんな放り込む感じのスープなんかは野菜も取れていいだろうと思う。長沢くんは秀才でネットでマメに調べるタイプなので、どんどん料理もうまくなると思う。

上村さんとか、ファン目線がある子はやっぱり自己プロデュースしていく中でもファンが見たいものを見せてくれる感じがしていいなと思う。風邪が早く治るといいな。

菅井さんは長身だしライダースジャケットを着てバイクにまたがったらカッコいいだろうなー。車に乗るよりだんぜん似合う気がする。


握手:
完売情報がチラホラとあるのは、正直おどろいてる。いても一人二人だと思ってた。
−−僕がブログや番組を必死に掘ってるのは、普通のファンなら半年後や一年後に知るような内面の魅力だったりを先取りしようとしてるっていうことなので、今の人気にかかわらず、褒めてる子は必ずここからの伸びがあると思ってる。

2016.02.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ45 ブログ

齋藤さんはおデコ美人だし、デコ出しで美人に見える人は希少価値だから個人的にはいつでも見たいくらい。まあ、前髪つくるのをぜったい正義とする原理主義みたいなファンもいるし、前髪作っても似合うから、本人も迷うところだろうなー。ライブだけデコ出しみたいに使い分けてもいいけど、最初は髪型を固定したいのもあるだろうし。
−−そういえば菅井さんも今はお姉さん路線で髪をおろしてしっとりした髪型にしてるけど、後ろで結んで乗馬向きな髪型もはつらつとして似合ってた。これは別人に見間違われることもないし、それこそライブではありかも。

食べ物を見るだけで幸せになる組に米さんも加わってしまった。ひょっとして欅坂の最終審査に、食べ物写真への反応があったんじゃないかと思うレベル。
−−米さんまでもべリサさんに塩対応されつつある中で、べリサさんと仲がいいのにあんまり塩対応されてなさそうな小林さんの処世術が気になる。むしろお見立て会の楽屋映像だとべリサさんが緊張して小林さんにかまちょしてた気がする。
−−べリサさんは今でも米さん(よねみん、よねみー、よねみ)のことをななみって呼んでるんだ。それはそれで嬉しいだろうな。そういえば塩のななみ(塩野七生)っていう作家がいる。
−−米さんは、メイクはじめたときとか、慣れない釣り(といっても食べ物を差し出すとかそういうの)をしたりとかアイドルとしてのすべてが初々しいのがギャップで魅力的だと思う。

長沢くんがもやしとこんにゃくでいろいろ作って食べてますって言うんだけど、寮にも料理する環境があるってことかなー? 前に鈴本さんが料理したいのにって言ってたから、キッチン設備は特別なとき以外使えないのかと思ってた。使えるなら米さんや織田さんの料理も見られそうだから、たぶん部屋にある電子レンジやオーブンくらいでアレンジしてるんだろうなー。

原田さんはハートの作り方も個性的で、小さい身体にはエネルギーだけじゃなくていろんなアイディアが詰まっている気がする。
−−原田さん勉強できる説は前から唱えてるんだけど、羨ましいことに欅坂には乃木坂さん以上に勉強ができる先輩メンバーが揃ってる(しかも理系が豊富)ので楽屋でも聞けていいだろうな。米さんねるさん長沢くんから先生を選べるなんて贅沢だ。文系でも菅井さん尾関さん小池さんといれば誰か頼れそう。

ねるさんも守屋さんも織田さんも鈴本さんもそれぞれに苦労してる。上京して一人暮らしって、気が張ってるときは「意外と平気じゃない?」って思うけど、あるときふと寂しくなったりして、でもすぐホームシックになる子は心配されるけど、タイミングのずれたホームシックってあんまり気にかけてもらえなかったりする。まあ、良くも悪くもファンってそういうところを見て身近に感じて応援したりしたくなるものだし、言葉にするだけで楽になる部分もあるから、いつも大丈夫そうな子は不安をブログとかで吐露していったほうがみんな幸せになる気はする。
−−ねるさんはすごくいろんな要素のバランスがいいと思ってる。バランスタイプって不安になったときに、これだけは負けないと思い込めるものがない苦労はあると思うけど、気にせず自分らしく生きてほしいなー。余計なおせっかいだと思いつつ。

小林さんの4連休勘違いは、たぶん家族(お姉さんとか)か本人がたまたま4連休だったんじゃないかなーと思う。
−−ちなみにFを押さえるコツは、よく言われるとおり指の正面じゃなくて横を使うことなんだけど、そんなことはどんな教本にも書いてあるはず。
それで押さえられないのはコツか筋力が足りないので、一番の近道は鳴らなくてもFのある曲を弾き続けることだったりする。6つの弦が鳴ってなくても、人差し指以外で押さえてる3つの弦だけでFに必要な構成音は鳴っていて、他の弦は触れてさえいればミュートされる(音が響かない)ので、問題なく歌と合わせられるはず。
あとは、J-POPの場合Fの多くはファ・ラ・ドにミを足したF Major7で代用できて、これならCとあんまり変わらない指で弾けるので曲の幅が広がるかもしれない。

2016.02.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ44 ブログ

小池さんの写真、めっちゃ笑顔でいいなー。わりと落ち着いた制服なのが、波打ち際っていう軽装が似合いそうな場とうまくミスマッチを演出していて、非現実感(敢えていえば学校のルールが厳しかった過去の時代に解放感に浸ってる女子高生感)が出てる。ノスタルジー。

食べ物の画像を見るとお腹が空くし、それが一般的だから「飯テロ」という言葉があるにも関わらず、なぜか欅さんには食べ物の画像を見て食べた気になれる羨ましい才能の人が多い。尾関さんも小池さんも齋藤さんも、まだ誰か言ってたような。

齋藤さんの言う、日本語が一番難しいっていうのはまあそんなに厳密に言えることじゃないんだけど、よく言われるのは喋るのはすごく簡単で、読むのは漢字を複数の「読み」まで覚えるのがかなり大変だ、という。

ゆいぽんさんに作曲とギターと一眼レフの使い方を教えたすぎて泣けてくる。ぽんさんにはぜひ芸術の方向で(といってあんまり技術ばかりプロになるんじゃなくて感性を素直に表現ツールにのせる感じで)大成してほしいなー。

最近、平手さんの「そろそろお別れです」がなくて寂しいなーと思っていたけど、調べたら「では、今日はこの辺で」とか「では、またね」に切り替えてた。わりと自然な表現なので目立たなくなってしまったけど、これはこれでいいと思う。

菅井さんがしっかり者を目指すアピールをしてる。菅井さんの良さって、なりたい自分へのまっすぐさだなーと思う。けやかけでも耳を澄ますと、守屋さんや米さんみたいなもともと遠慮のない子を除いたら、菅井さんが頑張って声を出して積極性を発揮してるのが分かる。実際にしっかりものかどうかより、そういうめざす意欲が真摯でまぶしい。

原田さんがマスクキャラまで身につけて、ゆで卵を食べながらマスクをするキャラが今泉さんと丸かぶりしてしまった。

長沢くんがオムライス食べてる。しかもケチャップだ。これは昨日のひげ写真といい、深川さんへのリスペクトに違いないと思ってしまう盲目なまいみんです。
−−コッコちゃんってなんぞーと思ったら、北のほうにはそんな鳥専門レストランがあるらしい。またひとつ勉強になった。

志田さんも鈴本さんも雰囲気ある写真を載せてる。特に鈴本さんは無理して大人びて見せるのをやめたのか、すごく素直な良さが出てきてると思う。なんて言うか、大人びようとすることでエネルギーが湧く子はそれでいいんだけど、何かをしなかったり我慢したりすることで大人びようとしても魅力って増さないのかなーと思う。

2016.02.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ43 ブログとhustle press

Hustle Press:
べリサさんは内面は普通の子って感じで、もともと買い物と寝るのが好きなタイプだし、ずっとテレビを見てるのもわかる気がする。受け手でいるのが好きで、自分が作る側に回りたいという欲(あるいは自惚れ)を感じてなさそう。
それは癖がないっていうことで、たとえばサブカル好き(これはいい)でブログにこじらせた写真しか載せない、みたいなマイナス要素がないのは、べリサさんのルックス推しファンにとってありがたいだろうなと思う。
いま欅坂さんを推す理由のひとつは、齋藤さんが言ってるみたいに将来のスターをいち早く見つけることで、その意味でべリサさんはすごく注目だと思う。
個人的には、乃木坂さんがクリエーター受けする理由の、この子を自分が撮ったら化学反応が起きそうっていう業みたいなのが見たいなーと。たとえば佐々木希さんはとてつもなくキレイだけど、その主演ドラマを撮りたいかといわれると、うーん・・・みたいな。まあでも佐々木さんには佐々木さんを好きなたくさんのファンがいるので、それで良い気もする。

ブログ:
将来性で推しを考えるのは野球ファンも同じで、ドラフト下位から一流になる過程が見たいんだけど、ちょっと平手さんだけは例外で、欅坂っていう最有力球団の一位に指名されてなお、まだ過小評価という感じがある。センター候補を推すのってミーハーだけど、それでも10年後に振り返ったらよく原石の段階で推してたなって言われそうなくらいの逸材。

小林さん、靴を買いに行ってコートとバッグを買ったってことは、コートを衝動買いできるくらいにはお金あるんだなあ。ホッとする。葵ちゃんとの写真は歳相応っぽい。

菅井さん料理できないと思ってたけど馬の食事は作れるのかー。ということはコックさん(菅井母)→菅井さん→馬とトムという上下関係らしい。

鈴本さん少しずつだけど文章に表情が出てきたかなーと思う。お姉さんと喋ってるときみたいにいずれ自然に書けるときが来るといいなー。

ねるさんの砂がついた手の写真、まりっかさんを思わせつつ、うまくねるさん自身のアイドルらしさでアレンジが効いてる気がする。ねるさんはいろいろ他に魅力があるけど、でも本質的には星野みなみさんみたいな意味でザ・アイドルが魅力だと思う。
−−三人での写真「みんな同い年なんですよ、見えない」というけど、実際そんなに別年齢に見えそうかな。ねるさんの表現からは自分が一番年上に見えるという自負が感じられる気もする。小池さんが一番下扱いなのは疑う余地ないけど。
−−今泉さんの青春写真、きっと芸能界に憧れてオーディション生活だったみたいだし、なんかプロ感あるから、こういう普通の高校生活楽しみたかったんですみたいな感じを出されるとホロッとしてしまう。
−−この三人の組み合わせはかなり珍しいと思う。まあ、ねるさんと小池さんはけっこうお互いをべた褒めしてるし、ねるさんと今泉さんは齋藤さん間にはさんで喋ることありそうだけど、今泉さん・小池さんの組み合わせはレア感ある。三人とも他人とのコミュニケーションで自分を作っちゃうタイプだから打ち解けるまでかかりそうだけど、えてしてそういうのが気づいたら仲良しになるんだよね。
−−小池さんってわりとなんの話をしてたんやったか忘れてしまうことが多いみたいで、たぶん内容よりは面白かったとかそういう感情のほうを覚えてる方やと思うし、そのための努力を喋りでしてる気がする。

ベリカさんの文章は、練習でたどり着いた感じがあって実はけっこう好き。スポーツ選手が変なクセ付いてるとなかなか綺麗なフォームにならないみたいな意味で、ベリカさんは全然クセがない。文章の場合はそのクセも魅力なんだけど、ここまでクセがなければそれはやっぱり個性的で魅力的。

守屋さんのシュークリームの食べ方の話は、たしか上品な人がクリームで汚さないためにフタ開いて食べるってことだったと思う。ぼくは下品なので横から、最初にクリームが多めに出てくるのに備えながら食べるけど、分解派が多いとは、みんなお上品だなー。

上村さんの、会話を伝えるのに毎回名前をつけると鬱陶しいから一文字に略しますとしながら、会話が一往復だからあんまりメリットない感がちょっと面白い。

長沢くんが真夏さんの握手を目指すって、またすごいところを狙っていてすでに面白いなー。たぶん真夏さんっぽくはないけど楽しい握手になりそう。
まあでも本質的には真夏さんの精神は、握手をする相手のことを好きだと思うっていうそれだけのことなので、長沢くんと根本は同じかもしれないな。欅坂の仕事とクラウンマジェスタの営業くらいには似てる。
−−米さんから長沢くんが色鉛筆を借りるってシチュエーションがおもしろい。逆ならわかるけど、あるいは小池さんから借りたとかならわかるけど、コピックコレクションがあるのに色鉛筆がないとはユニーク。

土生さん、ほかの人がメンバーを「あだな(名前)」形式で書いてるのに「名前(あだな)」で書いてるの、こっそりパンクだなーと思う。土生さんらしさって、目立たないところでちょっと違いがあって気づくひとにだけおもしろさが伝わるぞ、っていう感じに表れてる気がする。もっと気づかれるといいんだけど。

原田さんのピーナッツコラが雑コラでおもしろいんだけど、なんか最近自分は原田さんのすることなら何でも褒めすぎていないかと自問自答してしまう。そういう魔力があるよね。
−−ちなみに原田さんと今泉さんの見分け方は、ゆで卵があったら半熟を食べるのが原田さんで、固ゆでを選ぶのが今泉さん。これで全握がペアでも簡単に区別がつきますね。

米さんのけやき坂疾走は、遠ざかるところの映像だけ予告にあったから、たぶん母親のところまで走ったところで終わるはずが通り過ぎて行ってしまったことでの「撮れるかいな!」だったんだろうなー。思ったより長かったらしいけども米さんは持久走一位やから大丈夫やで! ところで坂疾走って星野・齋藤ヒット祈願をリスペクトしたのかな?
−−菅井さんと米さんで菅井さんのほうがしっかりものだなんてにわかには信じがたい(失礼)まあ米さんはときどき忘れそうになるけどまだ15歳だもんなー。

2016.02.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ42 ブログ

平手さんの新しい髪型女の子っぽくてちょっとドキッとする。まだ14歳なのに表現力あるなー。土田さんが最初に自己紹介動画を見ていろんな感じが出せると言ってたとおり。

齋藤さんが高山さん推していくのは、高山さん自身ブログで道重さんっていう完全なライバルグループのひとにメッセージ書くくらいだから悪い気しないだろうな。ひとりに絞ってればいいことだと思う。

ねるさんのブログもしゃべり方に耳がなれてくると、声が聞こえてくるタイプの文章だなー。長沢くんもそういう感じだと前に書いたけど。

長沢くんが唐突に過去の飼ってたハムスターの名前並べるところ天然でおもしろい。ひげの写真は深川さんがよくやるけど、意識してると考えるのは読み込みすぎかな。

上村さんの、尾関さんがよく食べてる(から心配いらない)ことを他の人に混ぜてこっそり明かしたやり方には技巧を感じる。「おいどん」は一人称だからさすがにほかの人を呼ぶのには使えないかな。

菅井さんがブログ毎日更新してるって書いてて、このほぼ毎日更新グループはみんな回数だけじゃなくて質も高いのでなかなかできるものじゃないと思うし、心から尊敬できる。ある人は才能で、ある人は根性で、ある人はグループやファンへの愛情からしてるんだと思う、どれかは本物。上村さん、小林さん、齋藤さん、菅井さん、長沢さん、どの人の文章も読まれるべきだと思う。

小池さんはスマホの地図機能使いこなせへんひとなのかなー。僕も昔は東京都内を散歩するなら山手線の内側にしよう(そうしたら迷っても一方向に歩き続ければ線路にたどり着くから)って思ってたんだけど、いまでは外国の土地でも特に不安なく散歩できるので、おすすめしたい。東京はひと駅ごとに散歩しがいがある。

今泉さんのふくらはぎつった話はたしか二度目で、いわゆる天丼だと思う。それ自体が面白い話かというとまあ微妙なんだけど、力づくで面白くしていく腕は持ってるし、その自信が今泉さんの本体だと思う。

2016.02.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ41 けやかけ追加

業界用語クイズのところは字を大きく書いたほうが目立って良さそうだなー。もちろん司会は全部持ってるんだけど、大きい方がカメラがそんなにアップにしなくても使えるし、視聴者の目にも止まりやすいし。
−−「テレビッくす」って小林さんも書いてて、今泉さんのを見て「同じだ」って言ってる。お正月回もそうだったけど今泉さんとだいぶ打ちとけたんだなーと思う。今泉さんのほうはまだワンマンプレイヤー感あるけど。
−−ポツポツ正解もあって、バミるはまずまず知られてて、てっぺんも見える範囲だと今泉さん、尾関さん、織田さん、小林さんが合ってる。ケツカッチンがあってるのは上村さんと佐藤さん(と齋藤さんが▲)で、テレビ業界好きそう。てれこも米さんがあってるけど、どうやら関西のほうが使う言葉らしい。
−−ボードのオープンが遅れてる原田さんは、以前にもボードを逆さに出してたりでまあ可愛らしい。

葵さんはけやかけ振り返ったりはしてくれないんだけど、今日のブログのたこやきほっぺた写真はたぶんけやかけ冒頭を思い出したんだろうなー。

小林さんは流れるように喋らず、発する言葉をできるだけ選びたがってる感じで、テレビよりは歌詞を書いたりするのにいいんだろうなと思う。短いブログでも思いをのせられてるのもそのへんの才能かなと思う。

リアクション練習は守屋さん以外だと、一歩前に出て「ずるい」って発してる尾関さんとか、どうやって手を出すかあいまに練ってるねるさんが個人的には見どころだった。心配性の長沢くんが織田さんに尋ねてるのも必見と言えば必見だけど。
−−たぶん4人入ったバラエティ選抜は、守屋さん、尾関さん、右側から「今までのなんだったんですか?」って言ってる子(たぶん米さん)、あとは齋藤さんかな? 土田さんの指を追っても、まず左側の二人(たぶん齋藤・守屋)、右端(米谷)、で最後が尾関さんかなと思う。
−−ちなみに「ずるい」を誰が言ってるか問題だけど、言い出しっぺは志田さんの左にいる子が声と動きが一致してるので尾関さん、最後の二回は守屋さんの口が動いてるので守屋さん、あいだの一回は尾関さんと守屋さんの間にいて、尾関さんの影響を受けそうな子、声からしても上村さんだと思う。

座席なんだけど、二人ずつにするにしても、以前に尾関・上村を中央で組ませたみたいに土生さんと菅井さんもくっつけたほうがやりやすいだろうなー。

2016.02.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索