スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ91 けやかけ

ドッキリ系の常ながら、カメラが回ってないと思っているときの反応が映っていて、もちろんその辺も面白い。
−−上村さんは入ってくる時点で笑っていて、私服で普段のスタジオ入りという時点で感づいてるのかな、と思う。第二グループだと、すぐにあれ?ってなってるのが小林さんと菅井さん。まあ、第一グループが座ってる分、そちらほどの戸惑いは無いと思う。
−−守屋さんはカメラ回ってると聞くまでちょっと笑顔が足りないなーという気もする。番組と知ってからは頑張ってるし、朝弱いだけかもしれない。
−−齋藤さんはあいさつの声が大きくていい。石森さんもそういうところしっかりしてるなーと思う。この二人は企画発表から席に移るまで、リアクションもしっかりしてるし笑顔もあるしで頼りになる。
−−原田さんは不安になるとひとの袖をつかむんだけど、まず菅井さんにつかまったあと、お気に入りのベリサさんにつかまり、でも二人がどこまでも歩いていくなかで、勘よくサッと離して立ち止まってる、
−−菅井さんは天然なところもあるけど、ちゃんと毎回反応を言葉にしてくれるのがいい。「始まってるぞ!」に「えー知らないです」って返すところとか。
−−長沢くんと原田さんは歩き方がちょっと面白い。
−−どういうグループか聞かれたときに、第一グループのほうを見て比較してる小林さんとかベリサさんは、冷静なところあるなと思う。
−−長沢くんは、拍手を(音を立てずに)するっていうリアクションが目だつんだけど、今回はカメラがこれを捉えてたおかげで二度ぐらいまわりの拍手を誘発できてやってきたかいがあった感じがする。
−−ひとりで入ってきた組にあいさつを求めるのは酷だと思うんだけど、そのなかでちゃんと「おはようございます」って言ってる尾関さんは好感度高い。
−−尾関さんの登場シーンでセットの裏見ると修理してるひといるんだけど、ほんとに前の組が寄りかかって壊れちゃったのかな。

土生さんはオシャレ意識高いから、甘えが見えるって言われるとショックだろうなー。たぶん甘えっていうことじゃなくて、実際になんでも似合うから遊べちゃうだけだと思う。

第一グループと第二グループの分け方が気になるけど、前列と後列の割合とかは守られてるわけだし、どっちが上で下ということでもないのかもしれない。
−−上村さんは三列目だけどここでは前列なんだなー。彼女の貢献を考えたらありだと思う。

鈴本さんが「みんな甘めで来ると思ったんで」って言ってるところはネタバレ感がある。ただ、ほんとに欅坂さんが私服チェックだと前ばらしされてて驚いたふりしたり、気合いを入れていない洋服をわざとらしくなく選べるかといえば疑問なので、鈴本さんはみんなに見せびらかすためにオシャレを意識した、くらいに解釈してあげてもいいのかもしれない。

長濱さんはまりっかリスペクトの着こなし意識が生きたんだろうな。
−−名前が「ねる」さんなの、初対面のひとからも「ねるちゃん」って呼ばれてていい名前かもしれない。

平手さんと志田さんはダサいイメージはあんまりなかった。まあ、この二人も土生さんと一緒で、長身でどんな服を着てもだいたい似合ってしまうからこそという気がする。
−−特に志田さんの格好は、明らかにストリート系が好きな子がわざと一点だけ変えてきたので、指摘されてるようなことはみんな分かった上でだと思うし、ストリートにアイドルらしさを足そうと試行錯誤してる感じもある。まあ、ずらしにしてはスカートの印象が強すぎるのが問題なんだろうけども。
−−志田さんは、ある回答をして伝わらなかったときに、かみ砕くのが苦手で、尋ねられても同じ言葉を繰り返しちゃうのがやや勿体ないなと思う。でも「パリコレのアジア枠」みたいなのは抜群に面白い。

尾関さんはまえにお父さまが「綾瀬はるか」さんを褒めたときにすごく怖い顔をしたんだけど、今日上着の「ノルディック柄」を指摘されたときも同じ顔をしたので、別に怒ってるわけじゃなくて何かを思い出そうとするとこういう表情をするだけらしい。
−−ちなみにマネキン買いというのも生田さんリスペクトで、ねるさんと違った方向でファンとしての愛情が表れてる。
−−トークで「メンバーが」って言うだけじゃなくて、名前まで聞かれなくても言うようになってまた成長してる。

齋藤さんは尾関さんを紹介するトーク良かったんだけど、「(一緒に)歩くのが恥ずかしい」みたいなのは、星野さんのときの「気持ち悪い」と同じでちょっと不用意だなーとは思う。普通の女子高生としては自然な表現なんだけど、ゲストの方も「やめなさい」って言ってたとおり広く好感度が上がる笑いの取り方ではなかったかな。

お嬢さまな菅井さんのいじりとしては、今日みたいに菅井家以上のお金持ち風の描写をして、「キャラ」性とかフィクション性を強調するのが、謙虚さから否定しないといけない菅井さんの精神衛生上も良いことだと思う。

オダナナさんの、企画を明かされるまで思い当たらない感じが、逆に彼女の付き合いやすさなんだと思う。

2016.03.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ90 HUSTLE PRESS ブログ

HUSTLE PRESS:
土生さんが被写体として優れてることに関してはもう何も付け足すこともない気がする。
−−石森さんへの尊敬は、小池さんも言ってて、早く社会に出たひとが大人びて見える感じかなーと思う。
−−尾関さんが、食べ過ぎを注意してくれるらしいんだけど、そんな尾関さんの食べ過ぎは齋藤さんが注意しているという。
−−齋藤さんの肌、白いだけじゃなくてきめも細かいのかな。乃木坂さんだと中田さんの肌がすごく評判いいという。
−−さとしさんの礼儀正しさって、ラジオでは感じないけど、よそのスタッフさんに対してとかかなー。愛想が良いっていうのはたしかに感じる。
−−だーはらさんは「あおいさん」って呼ばれてる。大人扱いっていうことなのかな。
−−平手さんを「てち」だけじゃなく「ひら」って呼んでるのも多分珍しい。
−−守屋さんは誰もが美意識を指摘するので、きっと楽屋とかで広げてるメイク道具とかから違うんだろうなー。もちろん、食事制限とかの意識の高さもあるだろうし。

ブログ:
何気ない日常のエピソードを丁寧に書いたら、小池さんの右に出るひとはいないと思う。あるレベルを越えるともう個性の差みたいな部分になるんだけど、そういう世界で書いてる。その個性も個人的には好き。

今泉さんのみなみおな推しエピソードは、前にもお兄さんにグッズを買ってきてもらったりあったんだけど、不思議な距離感という感じがする。今泉さんって陽と陰があるというか、アイドルらしさととんがった感じが同居してるので、ある意味みなみおなみたいな直球と変化球みたいな組み合わせと合うのかもしれない。

同じ意味で志田さんも、一匹狼的な部分と素直なところが両方出ていて、初期から謎を漂わせてる。くせ者っぽい立ち位置のままにときどき女の子っぽさがうまくアクセントとして出ていて、どちらも魅力として働いてる。まんなかー。

齋藤さんの「おだななだお」は織田さんが初期に発見して(その前にネットでも見たけど)、自分でブログに書いたりもしてた。
−−CDTVのは引っ張ってる感じ。たしかにブログが少ない日のほうが読み手に飢えが生じて、ふだん読まないメンバーのものも読んでしまったりするから、鮮度を犠牲にしても意味はある。

長沢くんの「機関銃ってかっこいいですね」っていうの、なんか天然さが武器になってるなーと思う。他の子が書くとまた違う雰囲気が出てしまう。お菓子はほんとに他の人も書くとおり好きなんだろうな、あんまり太くならないのが不思議。
−−齋藤さんのブログでの前日のお薦めをさっと拾って、写真を載せていくあたりはブログ巧いなと思う。

オダナナさんは、自分が最下位になるけやかけについて、先に「完全に不利」って言ってしまうのが奔放というか、やっぱりオダナナさんだからそれでいいな、という感じ。巧みにミスリードを狙ったりというのでもなく。

2016.03.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ89 ブログ

更新したその瞬間にブログラッシュが来ていたという嬉しい誤算なので今日の分も頑張る…と思ったけど多くて途中で寝落ちしてしまった。
(ひとつ前の記事で言及したのは全部、今晩より前のものについて。)

長沢くんは相変わらず、雑談が上手い。何について書いたものか迷うのは、急に書くことが仕事の一部になった普通のひとにとって当然のことだろうな、と思うんだけど、長沢くんは無理してる感じではなく楽しそうにいろんな話題を見つけてくるので、読む側も楽しい気持ちになれる。
--スラッとしてて、どちらかといえばカッコいいのが似合うから、かわいい系の服への憧れってあるんだろうな。それはそれで、着てみるとギャップ萌えみたいなのがあっていい気がする。

守屋さんの「背中をたたき合う」っていうのは乃木坂さんもやってる伝統だったと思う。
--ベリカさんの二の腕が好きっていうの前も言ってた気がする。変わってないんだ。
--ベリサさんの写真について\( ¨̮ )/この顔文字を使ってるのは、偶然かそれともベリサさんと言えばこのタイプの顔文字というのが浸透してるのだろうか。
--あんまりブログで辛そうなことを書かないけど、「最近の辛いこともふっとびました」みたいなのを見ると、やっぱりダンスも含めて大変ななかでつとめて明るく頑張ってるんだろうなー。

土生さんはあの謎の守屋さんのDの秘密を明かしてくれてさすができる子。

だーはらさんの折りたたみをバッグに入れるっていうのは、ココアを入れるのと大差ないくらいポンコツな気もする。まあ、甘くなければ被害も小さいとは思うけど。

小池さんが西野さんに憧れてるのは初期から言ってて、ひとりで絵を描いたりするのが好きなのとか似たところもあって共感してるとは聞いてたけど、泣いちゃうくらい感激するっていうのは予想を超えてるな-。上村さんが「泣いちゃうメンバーも」って言ってて、尾関さん泣いてないみたいなのになーと思ったら、ここにいたか。そりゃ、ばぶちゃんですわ。

齋藤さんの今日のテクは、尾関パンを久しぶりに持ってくることと(サラダもまあ、菅井さんがチキンサラダ流行らせた名残りとも言えるとして)、高山さんについて書くと思わせて、他のメンバーが乃木坂さんについて書いてるなかでじらすところ。

干し芋を探し続けてしかし芋けんぴを買ってしまった小林さんがついに干し芋に辿りついた頃、小池さんはポテチではなく干し芋チップスを食べ、守屋さんはベリカさんと焼き芋を分け合うのであった。芋いもしいグループ。
--小林さんの「これ全部独り言です」っていう間は上手いなーと思うし、尾関さんがこういうブログを書きたい気持ちも分かる。まあ、尾関さんはみんなに目を掛けてるよっていう優しさで今日とかこの間の字のうまさとかでゆいぽんに言及してるんだろうなとも思うし、そもそも尾関さんのブログも質が高いと思うけど。
--字のうまさといえば、欅っていう字、木の枝か何かで書いたのかも知れないけどこれまた上手い。

尾関さんの「二曲、全く異なった表情や気持ちで踊れることが~好きです」っていうの、いいと思う。聞いてないから分からないけど、カッコ良さだけに頼らないでかわいさとか明るさ、暗さとか幅を表現できるグループになれるだろうと思う。
--タクシーに乗ると綺麗になれるっていうのはビジネス書のタイトルみたいだけど、どういうことだろう。足が細くなるとかは尾関さんには不要だし、橋本さん流のジョークかな。
--原田さんは、子供っぽさを我慢せずにのびのび育ったので、大人になるときは駆け上がるだろうなって思ってる。
--もちろん「チュース」はドイツ語である。生田さんに教わったのかな?

今泉さんまでオムライスに言及してる。オムライスといえば深川さんですが、欅坂では小池さん原田さん長沢くんなどなどの好物で、鈴本さんの得意料理でもある。
--今泉さんのマスク写真、目元だけ見るとAKBのこじはるさんにちょっと似てる。

上村さんの細かな乃木坂さんの説明は、乃木坂さんへの好感が増していいなと思う。乃木坂ファンには謎の敵視みたいなのをしてるひとも残念ながらいるので。無関心はしかたないけどね。それにしても生駒ちゃんはいい子だし、生田さんは面白い。
--右にいるのは、耳出ししててボーダーが好きな志田さんかなあ。

さとしさんは長いなあ。ちょっと中学くらいの卒業式での台本みたい。でも背後の意識みたいな部分では、大きく変わってるような気もする。

米さんは、やっぱり米さんの実力ならもう少し、芸能界で一番会いたかったひととの対面について盛れる気もする。なんだろう、橋本さんの内面的な反応とかその表れの振舞いや発言が読みたかったのかもしれない。

オダナナさんのネットを調べましたシリーズ、ひょうひょうとしていてだんだん癖になる気もする。

鈴本さんの唐突な幼少期の写真、寮で急に手に入るわけがないし、ご家族の協力があるんだろうな。特にお姉さんは、どう妹さんが売れていくか当事者なみに策を練ったりしてそうな気がする。

長沢くんのサイレントマジョリティー・ポーズって知ってる。生田さんが「命は美しい」でやってた手。

菅井さんはやっぱりだんだんやんちゃというかのびのびしてるというか、そういう写真が増えてるなーという感じ。

2016.03.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ88 ブログ

菅井さんのブログはいつもながらイベントのときはとくに完璧で、OFFICIAL REPORTを代わりに書いてもいいくらいだと思うけど、それはそれとして集合写真で守屋さんがDかPを逆にしたような手のポーズをしてるのは一体なんだろう。

齋藤さんや小林さんや菅井さん、乃木坂さんと話ができたみたいだな。齋藤さんの大好きな方っていうのはもちろん高山さんだけど、他の組み合わせも気になる。真夏さんがブログに写真載せてたみたいな関係が続くといいな。
−−小林さんはいつから乃木坂ファンなのか分からないけど(いちおう欅坂の初期からブログ読んだりしてるのは知ってるけど、上村さんやねるさんのような古参ではないと思う)、なんか着実にハマってるんじゃないかなーという気がする。その辺も含めてお姉様がたに可愛がられそう。

石森さんは、乃木坂さんについてもパフォーマンスに注目してて真面目だと思う。それが魅力でもあるんだけど、真面目なままでも遊び心を持ったほうが本人も窮屈に生きずにすむのかな、なんておせっかいは、ときどき思ってしまう。

長所とか短所とかいう意味では、今泉さんの愛されることへの貪欲さみたいなのもアイドルになることでそれが長所になってるんだなって感じはある。

佐藤さんのブログ、素直に好み。まあ、突っ込むとすればすでに共演したことのある乃木坂さんと「夢の共演」っていうのがあやしいけど、でもほんとに意識の高さをクドくならずに読ませてて、普通に思いが伝わってくる。

震災について真面目に書くのも偉いなーと思うし、軽い言及にとどめたり、いっそ書かないっていうのもそれはそれで個人的には好きな選択肢。誰もが喚起する側になればいいわけじゃなくて、誰か相応しい人が語るのを前に、沈黙して思いを捧げるのも誠実な態度だと思う。

鈴本さんは、守屋さんとの写真や話題を載せたから、あいさつが「またねん」になってるのかな。だとしたら、なかなかにくいテクニックだな。
−−鈴本さんのメンバーとの写真はみんな表情が自然なので好き。

2016.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ87 ブログとか

最近、欅坂のブログを読む人数も増えたのか、普通に目立つ部分はほかで指摘されてることが多くなったので、だいぶ省いてもいいかなーとなってる。たとえばオダナナさんのイケメンエピソードとか、守屋さんと尾関さんの写真とか、齋藤さんの卒業とか。

メチャカリのinstagramで唐突にけやきポーズを入れてくるベリサさんは、やっぱりちょっと面白い。

ブログ:
ベリカさんの名古屋のひとが放送されてないけやかけを見てることのくだりは、まあ知り合いに動画を送ってもらう分には違法ではないのでいいんじゃないかな。あからさまに動画サイトとか言うのはアレだけど。
−−ベリカさんは、レボリューションされたいひとが着実に集まるならそれでいいんだろうな。そういう意味でちゃんと需要にアイドルとして応えてる。

ココアとチョコレート系のお菓子の組み合わせって、原田さんよほどチョコが好きなのか。映画はご両親のセンス良さそうだから下手なもの勧められないけど、ミヒャエル・エンデ原作のものはいいかもしれない。「はてしない物語」はツッチーもけやかけで言及してたし。

尾関さんの、春だからだ、冬眠しなきゃ、っていうのが分からなすぎて震える。冬眠から目覚めた百万馬力アイドルになる気かな。
−−鈴本さんの初期はどれだけ怖かったんだろう。いまは平和主義なのに。

ねるさんの「スーパーなアンダーになるんだ」って決意表明カッコいい。これからひらがなさんとも仲間としてやってくわけだけど、やっぱり初期メンバーとしての仲間意識もずっと消えないだろうな。

オダナナさんの、同じ顔文字を三連発で使うおおらかな感じはちょっと真似できない。べリサさんも使ってたけど、あれは一番気に入ったのを繰り返してただけなので。

鈴本さんは題名と内容が一致してるし、おでんのなかで一番好きなネタに、愛知の特徴も絡めてひとつ膨らませたし、最後には突然、他のメンバーから聞いたことのないメンバーの特徴が入ってるし、頑張ってる。

米さんへの菅井さんからのプレゼント、ケーニヒスクローネとは意外と庶民的。ドイツ系のドイツよりずっとおいしいお菓子屋さんだけど、コスパもすごくいいお店なので。
−−べリサさんと一緒に「写真集」撮ってるだなんて、完成したら欅坂で最初になってしまうじゃん!

さとしさんは、ファンが推したくなる感じが出ると変わるのかなーって思う。応援してくれるから頑張れるっていうひとのほうが、応援しなくても頑張れそうなひとより人気が出るっていうのも、まあひとつの真理なので。

2016.03.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ86 ブログ

守屋さんはバイト経験ないのは意外じゃないけど、そういうのを隠さないあっけらかんとしたところ相変わらずカッコいいと思う。
−−守屋さんの部屋の内装はピンクだった気がして、小池さんは白、どちらもらしい感じ。小池さんの部屋に行ってそうなのって長沢くんとかねるさんなので、そこから聞いたのかな。
−−3枚目の写真の右の口は尾関さんだと思う。口を見ただけでもそんな気がするし、衣装もそれっぽい。

小林さんの「できるだけテレビを見たい」というのが、欅坂のCMを見たいというよりテレビっ子の大義名分ほしさに見える感。
−−ひらてちてちって呼ぶの初めてみた。たぶん普段は「てち」なんだろうけど。
−−鈴本さんの、言われなくても卓球うまそうな感じ。

齋藤さんは別の機会にも誕生ケーキもらってたっけ。今度のはプレートがさん付けだし、相手さんが用意してくれたんだな。
−−齋藤さんとか菅井さんは安定していいブログなだけに何メモしたらいいか分からなくてただ「いいね」ボタンをクリックしたいだけのときがある。たとえば、いい年になりそう(本厄)、みたいなのは小技効いてるけど、齋藤さんレベルなら取り立てて注目するほどではないので。

鈴本さんはとにかく何か書こう、というのは伝わって頑張ってると思う。おそらくひとつのテーマについてもう少し膨らませたらもっと楽に書くこと見つかるだろうなー。言葉よりも感覚でできごとを整理してるので言葉にならない感じがする。

今泉さんはいつもの奇抜な食べ合わせを本気で勧めてたのか。みんな握手のために実験するのか。あなおそろしや。
−−でもそういう「尽くした」感じって相手への思い入れを強くさせるので、知ってか知らずかファンをがっちり捕まえるだろうな。

小池さんはメチャカリを簡単に説明させていただきますと言いながら、アメ横か通販番組かというような熱のこもった宣伝やなあ。
−−「おやすみりん焼きおいしいよ」の、おいしいよ要らない感。きっとこのあいだ自分へのご褒美に食べたいって言ってたから、何か達成して食べたんだろうな。

鈴本さんのオダナナさんの似顔絵は、ふたりでベリサさんの似顔絵描いたのと別のときなのかな。やっぱり「いきなり」描き出すあたり、突然面白いことするタイプなんだな。
−−オダナナさんの演技、CMとしてはもっと大げさでもいいのかもしれないけど、ナチュラルで好き。

原田さんは友達にはツンデレらしい。ベリサさんに似てしまった。
−−食べ物を食べてる写真、メチャカリCMと座席が違うのが気になる。撮影のあとで食べてたのかな。

尾関さんのふわふわ衣装写真が自撮りだけでなしに多いのは、やっぱりメンバーにも好評だったのかな。

2016.03.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ85 ブログ

上村さんや長沢くんのブログを見ると、「サイレントマジョリティー」はダンスもそれなりに踊っていく感じみたいだ。前列やサイドにパフォーマンスのいいメンバーをおいたのが生きるといいな。

鈴本さん白とピンクと青が好きなのに、私服チェックの服装は真逆みたいだった。でも自己紹介動画を見返すと、黒がベースだけど好きな三色で花が描かれた花柄になってて、なるほど好きな色なんだなー、と。
−−わりと一歩引いて観察者みたいなポーズをとっていて、短文ながら面白い面を切り取ってる。冷静なところあるんだろうな。でも他の人からの評価を見ると、ときどきおちゃめで面白いことを話したりもするらしい。
−−それにしても、平手さんとの写真しか貼らなかった初期を思えば、いろんなメンバーとの写真が見られるようになってファンも嬉しいと思う。

今泉さんの、いまどきスマホへのメモじゃなくノートってちょっと珍しい。スケジュール帳はたまに見るけど。きっと食べ物の妄想を書き込むんだろうなー。500円の鏡は久々のケチ泉さんって感じ。

齋藤さんの尾関さんとの写真、ひっつかれるのが苦手な尾関さんがわざわざ左手を齋藤さんの肩に回していて、ああホントに仲がいいんだなって思う。ねるさんはあの困難な姿勢でなぜイスに座らなかったのか、これがまりっかリスペクト…!

長沢くんのブログを見ると、契約してるアイドルさんはメチャカリから3着に限定せずに服を借りられるらしい。いや、無制限でもいいと思うけど。
−−ところで3点までキープできて、欲しいものは2ヶ月4千円分で購入扱いにできるんだけど、そうすると冬場にコートをキープして入手するのがお得だよね。
−−尾関さんとのコンビは、大学行く噂のあるコンビだし、その辺の話題も尽きないだろうな。
−−ここで問題。長沢くんの「大阪土産」は、自分で大阪での握手ついでに買ったものか、旅行に行ってたお姉さんが買ってきてくれたものか、どちらでしょう? 「ありがとう」って書いてあるけど、お姉さんへのお礼か、大阪のファンへのお礼か分からない。
−−がんばるを顔晴るっていうのは流行ってるのかな?


ところで、いまさらだけどゴリラのキグルミもメチャカリにあるのだろうか。

2016.03.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ84 HUSTLE PRESSとブログ

HUSTLE PRESS:
土生さんの服買いすぎ問題。親の部屋まで進出するとはさすがに一大事。こんなとき、服を買うんじゃなくて借りられるサービスがあったらなー、あ! メチャカリ!!
−−オシャレでアニメ好きっていう意味で新しい情報はないけど、やっぱり会話が成立する子だなー、相手に合わせるの上手い子だなーと思う。なんども書いてるけど友達に欲しい感じはダントツ。
−−呼称問題は、本人が呼ばれたいのに統一するのが大前提なうえで、「みづほ」と「土生ちゃん」だと前者がかっこよい感じで後者のほうが柔らかいし珍しい苗字だしで、目指す方向がかわいい系女子ならこっちがハマる気もする。前に書いてた「ほづみん」ならいいなー、ていうかHUSTLE PRESSさん「づ」が「ず」になっててありがちだけどちょっとかわいそう。

昨日の補足:
ネルさんのブログ写真スルーしてたけど、あれは猿腕と猿指を強調してた。

小林さんのメチャカリは、狼と三匹の子豚のパロディで子狼と三匹の豚。

尾関さんの動画は、一回撮るための証明写真の服なら買うより借りたほうがお得というプレゼンが第一の目的っぽい。

ブログ:
今泉さんの写真は体の柔らかさ強調かなー。体力測定で2位だったので。体操やってたんだったか。体力と筋力さえ付けばダンスのしなやかさは高レベルだと思う。

菅井さんも忙しくて更新できなかったくらいだし、だんだん乃木坂さんみたいなペースになるだろうな。ここまで皆さんホントによく頑張ってきたなーと思うし、乃木坂さんに比べても平均した質は高いと思う。平手さんが乃木坂と違う欅坂の良さをだんだん模索し始めてるけど、全員がブログを丁寧に読みやすく書いてるみたいな目立たないところからしっかり違いは生まれてると思う。

土生さんはゴリラをリアルにやるために検索までしたのか。昔のスーツアクターも動物の動きを参考にしたとかいうし、仕事への真摯さが偉い。
−−そういえばメンバーからの「みーちゃん」表記多いけど「みいちゃん」やで。

サイレントマジョリティーについての説明が、米さんと織田さんで似てるようで違う。どちらが正解ということもないけど、1番の歌詞からは米さん説の筋が通ってる。もちろんそれと別に、欅坂(坂道シリーズ)が大人しいけどほかの目立ちたがりなアイドルよりみんなに支持される存在だっていう意図も込められてる。
−−オダナナさんの締めの唐突な「アディオス」が面白い。

小林さんみたいに、普段のコンビと関係なしにメンバーの仕事を褒められるのいいなって思う。それぞれのメンバーにオススメを聞きたいくらい。

尾関さんは記者会見のときの衣装は似合ってたと思う。

メチャカリスぐぐったら、もといYahoo検索したら、石森さんの写真けっこう似てた。
−−石森さん、Youtubeをこういう公式動画のときに宣伝してくれるのはありがたいなーと思う。

2016.03.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ83 けやかけポンコツ後半 ブログ

ブログ:
鈴本さんのブログはいま一番変化があって面白いと思う。オダナナさんの紹介をしようっていうところでもう成長だなーって。もう一伸び、話をどう膨らませられるか、番組でもエピソードを指定したら話せてたので、今回ならオダナナさんに相談したことやそれに対する彼女の反応のなかで一番面白かったものを思い出して、それを書いてみたらもっとよかったかなーと思う。

ねるさんの天然エピソード増えてきた。思った以上に安定感のあるポンコツさんなのかもしれんない。

メチャカリのプロモが増えるのは、これだけCMを打ってもらってるし仕方ないところだろうなー。個人的にもたくさんいい個人CMを見させてもらったから感謝してる。

けやかけ:
みんな映っていればファンならいくらでも楽しみを見つけられる、というのは置いておくと、ちょっと他の回に比べておもしろみに欠けたかなーという気はした。二度目見ると、だるまさんのところとか個性が出てて面白いけど。
(以下、リカさんのレボリューションやり直しとか、平手さんの「ピー」みたいな、見てれば誰でも気づく面白いところは省く。)

尾関さんのスタイル感は、基本的に膝を開いて重心を落とすところにあって、すごくいいバレーのレシーブをしそう。それとは別にぴょこぴょこ跳ねたり、ひいきを積極的にねだったりするところは妹感つよい。逆にまじめだから、ポンコツ獲得するとけっこうマジへこみしてるなーと思う。

菅井さんは「違います」「やめてください」って言わせたらぜったいかわいいのでそういう方向のいじりになる。今のところ、よくそれを受け入れてるなーと思うし、人気が出るのも分かる。
−−「ごきげんよう」って返してるところ、澤部さんは実は「ごきげんは?」って尋ねてる。ただ学習院育ちなので「ごきげんよう」をあまりに耳にしていてあいさつと取ってしまったんだと思う。
−−クイズのタイムアウトで「間に合ってる」と言ってる気もする。けっこう負けず嫌いそうなので、それもあるだろうなーと思う。

ねるさんの四足歩行という発想はよく分かる。テレビで見ててそれを思いついたけど、できないよなーと思ったので代弁してくれたような気がした。ねるさん自然児だし。
−−ねるさんは、とりみだしたときの「あー」とか「うわ-」とかがかわいいのでそこも見てられる。

米さんと鈴本さんはリアクション大きいコンビなので並べると相乗効果があって、たいしたことない場面でも面白くなる。

原田さんが「だるまさん」でアウトを食らった場面はダイジェストだけど、そのあともふくれっ面をしていてかわいい。「芸人のゴージャス」のところは「え、○○?」って聞き返してるけど、これは原田さんのくせで何度か見た。

江頭さんのまねのところは、小池さんがあまりに完璧なだけで齋藤さんもけっこうやりきってる。長沢くんでも指二本出してるのは合ってる。

「名前言ってよ対決」のカメラへの反応は、左4人がベリカさん愛用の猫耳ポーズ、オダナナ・長沢・ねるさんはたぶんおならをすっとぼける表情、齋藤・今泉さんが江頭さん、小池さんとベリサさんのがちょっと分からない。

今泉さんの「カスタネット」の、アルファベットで商品名が書いてあるという超ネタバレについて。小さくて読めなかったかな。

「トング」って言う齋藤さんの声がすごく低い。織田さんとアルト担当だなー、やっぱり。
−−ダイダイの話題のところで脚を掻いていて、自分の出番が終わったのでテレビの前でバラエティ見てくつろいでる女子高生感ある。

クイズを出される前の平手さんの不安そうな表情とか年相応な感じでけっこう好き。

志田さんの「君のハートに」のほうが持ちネタとして成立しそう。志田さんをノリノリにしたという意味でのベリカさんの貢献が大きい。

ダイダイとかいう、みんな色の名前としては知ってるのに実物を知らない系果実。

小池さんは前から安定してヒット打ってたし、人気も上がってきてたけど、今回はそういう逸材捜しみたいな視点じゃなくても見つかってしまったみたいで、うれしさ半分、さみしさ半分という感じ。

ハライチ岩井さんのことは名字だけなら知ってる子なんにんもいたと思う。名前って言うとフルネーム言えないといけない気がするから。

靴下履きは、二つの勝因があって、「履く前に巻く」ことと、「脚が細いこと」で、菅井さんは前者で、尾関さんと長沢くんは後者で勝ってる。驚くべきは両方を実行したのに負けたベリカさんで、さすがはポンコツ。でも巻いたアイディア自体は生活の知恵っていう感じで、やるぅって思った。

なんでかは分からないけど、「叩いて被って」の本番前に米さんがニコニコして揺れてるのが妙にかわいい。隣の同じく笑ってる原田さんと関係あるのかもしれない。

ベリカさんがポンコツの「P」を取り入れて最近ペリカとかペリと呼ばれているという異説。

2016.03.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ82 歌割り予想


これを聞いてどのパートが誰かをあてるのはそれほど簡単でもないけど、推測はできる。
いま一番確率が高いと思える組み合わせを問われたらこんな感じ。

Aメロ1前半 平手
Aメロ1後半 今泉・鈴本
Aメロ2前半 小林・渡辺(梨)
Aメロ2後半 菅井・守屋
Bメロ前半 土生・尾関・志田・渡邉(理)
Bメロ後半1 小池・佐藤・原田・米谷・石森
Bメロ後半2 齋藤・織田・上村・長沢

自信があるのは平手さんのところくらいだけど、
小林さんとか菅井さんっぽい声は聞こえて、Bメロの最後の組に織田さんか齋藤さんのいい低音は入ってる。
こう考えるとスカパー音楽祭での歌割りがかなりヒントになるように思える。
Bメロ前半のやや高めによった雑味のない声質は、土生さんたちの声とかなり似ている。
Aメロ1後半の低い声が分からないんだけど、鈴本さんなら出そうな声なのでありうる。
あとはBメロ後半なんだけど、左右に分けるとしたらおそらく右側が先で左が後。
小池さんは希望では後半2に入ってるのでその可能性も高いけど、どうも高くてきれいな声は後半2に入ってそう。
立ち位置を考えても、真ん中のひとは先に入れるほうが自然。

という感じでこの予想に。7割くらいあってると面白いんだけど。

2016.03.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ81 メチャカリCM

mechakariCM:

全体に(特に浅い番号は)すごくいい。女性向けサービスだけあって、女性がかっこいいと思う、大人びてもいたずら心を残した女子感に満ちていて、欅坂のメンバーにピッタリ合っている(と思う)。
−−曲は、キーが低すぎて生歌には向かないと思うけど雰囲気はいい。サビの音割のリズムがユニークな割にナチュラルに聞ける。ダンスチューンとしてかっこいいと思う。

平手さん。スローモーションがさまになるのは乃木坂さんのMVについていつも言ってるとおりで、同じDNAを感じる。そして表情に不自然さがないのがすごくいい。スリーポイントは本人みたいだし繰り返し撮ったんだろうな。

渡邉さん。素材の良さをわかって撮る側が変に調理しなかったのが良かった。僕の好みとしても、たぶん一般の評価としても一番いい。撮る側との化学反応が欲しいって以前に失礼なことを書いたけど、絵だけでもう十分それが起こってる。

志田さん。ほんとうに絵になる。特に全身で映してるときのほうが好き。お母様が言ってたけど、全体のバランスもいいのだと思う。渡邉さんのと二つ濡らしてるのは、汚してもいいというサービス側のメッセージ。

ベリカさんのはベリカさんの有効活用。店員と対面せずに買えるというメッセージ。みんなカッコいいCMだから箸休めとして良い。

土生さんと小池さんのペアは、いちばん少女らしさを出せる小池さんを、背が高くてカッコいい土生さんと組み合わせたかたち。土生さん側のCMはホントにカッコいい。シナリオを必要としてない。オーラではべリサさんと双璧。

鈴本さんも魅力がよく引き出されてる。小柄だけど意志の強そうな表情が、相手の男を服ごと捨ててやるんだっていう気概とすごくマッチしてる。フロントとしての説得力がある。本人は撮り終わったあとあの彼氏役に恐縮してそうだけど。

今泉さんは顔立ちを活かして少し甘えん坊でわがままさが可愛いという方向性。カッコよさ以外を狙ったなかでは出来がいい。顔でシナリオを描いたのかはわからないけど、とにかく一人ひとりにあったシーンが見事に作られてる。

菅井さんのもシーンがすごくいい。ろうそくを吹き消すのがシャレてる。ファンからするともう少し表情を映して欲しくもあるだろうけど。

原田さんのは真ん中のあたりで肩を「えへへ」っと持ち上げる本人の癖を利用してるんだけど、誰のアイディアだろう、よく魅力がわかっている。無理に平手さんみたいな演技をさせなかったのもいい。

ねるさんのは、会話がねるさんを指してるのかそうでないのかはわからないけど、脚について言ってるのに脚は映さないんだなーと思った。あとねるさんは笑顔がいちばん似合うので、話を聞いてるところか最後歩いていくところ、笑顔挟んでも良かったんじゃないかなー。リボンとボタン外すのはカッコいい。

小林さんのは逆に最後の笑顔と舌だし、レコードのジャケに合わせたんだろうけど不要だったかも。背伸び感が一番似合うのはわかるし、演出としては有能なんだけど絵がどうもしっくりこない。目の表現だけでも十分だったかもしれない。

尾関さんのも意図はわかるんだけど、少ししっくりこない。後半に写真と本人が出てくるべきなのはわかるけど、証明写真機を半分の時間映すのはもったいない気も。暗い機械内で顔だけ映すとかで前半つないでも良かったのでは。尾関さんのカッコつけてるのに決まらない感じはここ以外でも使い道あると思う。

オダナナさんのは外見より中身の垢抜けなさに焦点を当ててる(外見だけならスタイリストさん任せでカッコかわいく仕上げることもできるはず)。ファン向けとしてはそれが生きていてすごく似合ってる。予備校のCMとかにありそう。あえてバッドエンドを予感だけさせてる余韻はすごく好き。

守屋さんは一番演技をさせてるCMになってる。女優の方向で育てたいのかな。初めてとしてはきちんと入り込んで、意図する役回りを演じきれてると思う。好きなCMの一つ。

小池さんのCMはすごく表情がいい。女の子っぽさ全開で他の作品からは異質だけど、自然な表情で成立してる。ただ、中盤でイスまで移動するところの仕草にもう少し必死さはほしい(真夏さんがドッキリを食らうような意味で)。CMに出てる女の子のなかにねるさんやオダナナさんのに出てる子がいるか探すゲームができそう。

佐藤さんのは脚の長さやバレエができることを意識して撮ったんだけど、意識しすぎてほかのCMに溶け込んでないと思う。広い駐車場でひとり踊らすCMとかはよくあるけどいまいち説得力がない。

米さんのも食べてるけど箸休め枠。大きく口を開くのが似合う人はあんまりいないから適役とも言えるけど、服を汚していいことを強調する以上の工夫はあんまり感じない。

長沢くん・上村さんのCMもペアルックに使えるサービスですよ、と言う目的しか感じない。注文する飲み物ものも同じだけど、運んできた店員さんに好意を抱き、これだけは同じにできないよっていうストーリーも長沢くんの真剣な眼差しから読み取れるけど、それが意図ならそこまでをもっと全力ではしゃいで動と静のメリハリが欲しいな。

上村さんメインの方は、笑顔が似合うからそれを活かしてひたすら枕で叩き続けるのは正解なんだけど、ちょっとつまらない気もする。怖い顔とか変顔も見てみたい。

齋藤さんのは狙いは明確で好きな方のCMだけど、やっぱりわざとの誇張とはいえ笑顔で投げ続けるだけでは単調だし、最初に服を真顔でにらんで捨てるか迷うような表情を入れてもよかったんじゃないですかしらん。その方がやや嘘っぽいほど楽しそうな表情がより際立ちそう。

石森さんのは表情がすごく良くて、よく魅力を引き出してる。ホースをつかむ部分でもう少しタメとかテキパキした動きがあった方がより感情に任せてる無邪気さが出そうだけど、これはこれで水シリーズとしてよく出来てる。

2016.03.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ80 ブログ

土生さんのブログは簡にして要を得てるなーって思う。今日に限った話じゃないけど雰囲気に似合わず客観性を持ってる。

長沢くんはマックで勉強したり、原色の青服で知的に見られたがったり、そこをセールスポイントにしていく感じもあるのかな。たしかに、テレビだとポンコツ風味があるから、ギャップがあっていいかも。

齋藤さんは楽しそうでよかった。のびのびとキャラを出していく意欲みたいなのが出てる。
−−米さんとのツーショットは大阪への感謝と、このあいだの米さんのメッセージへのリプライのようでもある。

鈴本さんは一瞬バムに会えたのかと思ったけど、単に以前撮った写真を載せてるのかな。
−−内容に悩んでブログが書けないくらいなら、短くてもとにかく上げてみよう、というのは好き。写真を見るだけで満足なファンもいるだろうし。

菅井さんはお土産が好評だった報告で、お勧めしたひとや名古屋の味噌を大好きなひとには嬉しいだろうなー。
−−トムはやっぱりファン人気高いんだ。あと菅井さんの言葉での釣りテクは実は露骨じゃないだけにかえってときめくものが。喜ばせ上手って意味で意外と真夏さんなところもある。

米さんは正月も帰省しないくらい強い子やけど、言うてもホームタウンいうのはまた特別なものなんやろなー。言葉も生活の一部やし。
−−米さんとあつあつのたこ焼きと言えばANN。

守屋さんは無邪気。おてんば系お嬢様っていう感じ。美意識は高いけど自意識は控えめだなと思う。

石森さんの「ほいさっ!」ていうあいさつは素朴で気取ってない感じが似合ってて良いなーといつも思う。
−−マンゴージュースはファミマで売ってるらしい。たしかに量と果汁ってことからするとカロリーはそんなに高くない。値段はコンビニにしてはお安くないけど自分へのごほうびみたいなのに良さそう。

今泉さんはあいかわらずのくせ者。コメント欄がついて、無茶ぶりっぽいオススメを百人単位で実践してたりしたらちょっと面白い。

尾関さんのブログは相変わらず卒なくよく書けてるけど、やっぱりこれだけ人数がいると後出しの場合少し捻ったりがあるとより面白いだろうなー。

上村さんって語彙がそんなに豊富じゃないから他の人の言うことが分からなかったりはするんだろうけど(けやかけでいえば「バンパー」とかANNRだと「ダジャレ」とか)、自分の知ってる言葉の範囲では使いこなせて言いたいこと言えてると思う。性格は違うけど、乃木坂だと衛藤さんなんかそのタイプ。

2016.03.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ79 HUSTLE PRESSとブログ

HUSTLE PRESS:
長沢くんの写真、大人っぽい。頼りなさそうな雰囲気がもともと幼さを足してたから、自信が出るとお姉さん組に混じっても違和感なさそう。
−−メンバー紹介は全体的に褒め上手な感じで、自分については欠点を気にするけど他の子は良いところをよく見てる。
−−ふーちゃんは美人(真理)。
−−志田さんの「じゆうほんぽう」ってまさに漢字じゃなくひらがなの感じ。顔がタイプっていうのはべリサさんも書いてた。
−−菅井さんの寝顔の可愛さについては情報不足なのでぜひ冬眠中にでも証拠写真を。
−−「メンバーからは意外とネガティブではないとの声も」ってたしかにそんな気もするけど、書き方おもしろい。初めてのことは苦手だけど、調べたあとは妙に自信家になってる気もする。
−−土生さんがはぶたんと呼ばれてる。本人はかわいい性格だし、そういう呼び方も好きそうだけど、めずらしい。
−−原田さんをダンスがうまいと書いてる。長沢くんは今泉さんのこともダンスがうまいと言ってたから保証はないんだけど、前も書いたけとおりバレエをやっててE-girlsさんも好きだから上手くても不思議はない。マネキンを見る限りだと、動けるけどまだ表現者って感じはしなかった。それは年を取って見につくと思う。
−−平手さんの才能はアイドル好きの長沢くんや菅井さんも太鼓判を押してる。
−−べリサさんは声がかわいいって言うよりしゃべり方がかわいいってよく感じる。

ブログ:
今日はなんと言ってもミニ握手会がテーマで、共通する部分について特に書くことはないのでざっと。何はともあれみなさん楽しそうでよかった。
−−行った先のひとを褒めるのがまず第一で、今日心を射抜かれてブログを初めて見るひともいるだろうから、それを捕まえなきゃなと思う。そのうえで何人かサービス精神が目立つ子もいる。
−−例えば他の地方や関東からの来客にも感謝するひとたち。一緒のメンバーの顔と名前が一致するように紹介する長沢くん、上村さん。名古屋や東京の人へも言及を欠かさない小林さんなんかは、さすがいつもファンを見据えたブログを書いてる精鋭たち。
−−ところで大阪に比べて名古屋のひとはやっぱり関東に似てるんかな。大阪のほうは大阪人へのコメントが多いけど、名古屋は、単に名古屋で握手に来てくれた普通のみなさんへのコメントという感じ。

−−鈴本さんのブログは今日も彼女なりに表情豊か。握手会について「まだまだ研究が足りませんでした」っていうところが努力家というか真面目で、ほんわかする。
−−和菓子をくれた平手おばあちゃんというのは、あのクリスマスに音楽がなるプレゼントを送ってくれたおばあちゃんかなー。お孫さんのことがかわいくて心配で仕方ないだろうな。
−−「オダナナ大好き」と「味噌カツ大好き」が並んでるので、だいたい鈴本さんにとって織田さんの価値は味噌カツと同じ(先に書いた分少しオダナナさんが上かもしれない)と言える。ソウルフードのように身近な存在。
−−鈴本さんは個性的だけどイラスト描ける子なので、オダナナさんの絵が引き立っている。個人的にはめっちゃ胴長なリサ2が大好き。

さとしさんの始まる前のブログは先制ジャブのような予告としてよく書かれてるなと思った。
−−報告ブログ見て思うのは、さとしさんは単純な長さを気にしてるみたいだけど、正確には「冗長さ」が問題で、前半の内出血のくだりはどの描写も無駄がないので長くはないし上手くかけてる。長さに気を配るっていうのはむしろ、「本当にありがとうございました」みたいな大事だけどあんまり新情報のない表現をいかに要所だけに使って、言葉をうすっぺらくしないかということだと思う。

ら抜き言葉は気にしないんだけど、ふっと、らが入ってる文章を見ると好感度が上がるのは否定できない。菅井さんはおみやげ写真をひとり載せてるのもやるなーって思う。何かイベントがあったときのブログはほんとに強い。

石森さんは握手ほんとに好きなんだろうし、良い子だなーとも思う。ときどきの失言が玉に瑕かなーと思うのは、寝ないで運転してきてくれてほんとにありがとう(危ない)、とかラジオ聞けなかったひとはYoutubeで聞いてください(著作権)、とか。そういうミスをしない常識あるメンバーのほうが安心して推せるところはある。

さてとポテト。こういうのを思い出したように使うのが小池さんの、めっちゃテクあんねんけど、と思うところ。握手でポテチと呼ばれたりもあったのかな。

志田さんは今日もごきげんに変顔写真。

今泉さんとねるさんと原田さんは握手が武器でもあるから参加できなくて残念なのは本音だろうな。原田さんは実家が関西だと思うし。

2016.03.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ77 ブログ

鈴本さんはフロントで実は一番のしっかりものなのかなーと思うこともある。正直者というか、話のために自分を作ったりしないから、ブログ書いたりトークしたりに苦手もあると思うんだけど、よく耳を傾けると誠実さとか遊び心とかが言葉から拾えて好感度は高いし、いろいろグループのことも考えてるんだなと思う。
−−鈴本さん基準の文体からすると、今日のブログなんか可愛げに満ち溢れてて、照れ屋なのに頑張ったんだろうなとか伝わってくる。

今日の石森さんは犬っぽいというより猫っぽい。そして多分名古屋はそんなに暖かい格好いらない。

平手さんはここまで読んできても、ごくまれに文法ミスするくらいで言葉から未成熟さとかを感じない。若いときに芸能活動を始めると、学校でのんびり成長するうちに身につくものが不足する人もいるんだけど、平手さんは今でもそんな感じがないから大人になっても大丈夫そう。

志田さんは今日もごきげん。なんか志田さんがごきげんだとハッピハッピーって感じする。

守屋さんはゴージャスだしテンション高いし。金持ち喧嘩せずっていう感じの健全さ。

さとしさんの文章は、まだ多少の重複表現はあるけど、盛ってもそれなりに読めるようになった気がする。少なくともファンならこういうブログであれば食傷せず読めて、好意が増してくんじゃないかなー。

長沢くんが久しぶりにアイドルヲタモードを発症してる。これくらいの間隔で特徴を思い出させるように他のアイドルさんを褒めてくのはいいと思う。そしてブログはほんとに狙いを外さない自信に満ちてきた。

尾関さんがべリサさんの渡「邉」の字を間違えなくなったところに着実な成長を感じます。

米さん、Let 's go 大阪はあかん、goは自動詞なので前置詞 to をつけないと(真面目か)。

菅井さんが推しメンのべリサさんと写真を撮ってる。こういうときの推してる側の表情大好き。とくに最近、菅井さんは自信に満ちた表情が増えてきたので、ちょっと動揺してる感じがいい。
−−オダナナさんはいずれオダナナ呼びに戻るかもしれないけど、期間限定でも「ななっぴ」と書いてあげるメンバーには優しさを感じる。
−−全握まえに、握手に来る人用に話題をブログに載せておくメンバー、乃木坂さんにもいるけど、菅井さんはさっそくそういういいところを取り入れていてさすがだと思う。

オダナナさんの喋りがツボにはまってくると、「なるほど なんかいいね」みたいな何でもないフレーズでもおかしく思えて笑えてしまう。

小林さんは、服に着られてる感じが全然しなくてポーズまで含めて決まってるのが、ホントに素人さんかと思うくらい。お姉さんがすっかりおしゃれを仕込んだのかなー。女性人気が出そう。
−−浜辺で緑の衣装ってなかなか珍しい。

米さんは齋藤さんの写真をこの時期に載せたり、しっかり者でグループにいてほしい存在。もちろん、ブログ以外の方法でいつもメンバー同士連絡取り合ってるから、励ますにもそれぞれのやり方があると思うけど。

今泉さんは、平手さんを呼ぶために部屋を片付けなきゃというネタが前にあっての今日のブログで、かつけやかけで、10回くらい言うとお父さんが宿題を手伝ってくれるって言ったうえでの「何回言ったら許可してくれますか」だと思う。
−−今泉さんと土生さんの今日の写真カッコいい。

齋藤さんが「みなさんをびっくりさせてしまいましたかね」っていうのを前日のブログについてとも、ミニ握手会についてとも取れるようにしてるの、気遣いのうまさだと思う。昨日驚いた人に配慮しつつ、そうでない人に怪訝に思われないようになってる。
−−齋藤さんも米谷さんを「よね」呼びするのか。でも齋藤さんの口調だと「お化けみたいじゃん!」って感じで「じゃん」がつくと思う。
−−小池・志田・守屋さんは握手の売れ行きもそうだけど、握手自体が得意そうなメンバー。でも齋藤さんも以前のレポートとか見ると対応良さそうだし、テレビで見る以上にかわいかったと思うひとが出るみたいだから、しっかり掴めるんじゃないかなー。齋藤さんにとって楽しい握手会になるといいな。

上村さんは前から、ネットの評判を意識してるのを隠さないことにしてるみたい。本人か友達かスタッフから知るのかはわからないけど、例えば今日だとペットショップの話は、動物嫌いがマイナス印象なひとへの釈明みたいになってる。本人がアンチとかに疲れてしまわないならそれでもいいと思う。

小池さんは前も欲しいものをすぐ買わずにご褒美にしようって書いてたけど、たしかヘッドホンだったかなー。ルンバはまた違った気がする。達成したときに嬉しそうな笑顔とでも写真載せてほしいな。

2016.03.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ76 ブログ

ブログのレイアウトが安定しないけど、いまはPC版のサイトだと全記事を順に見られるようになっててありがたい。公式サイトのデザイン自体は明るくてけっこう好き。

尾関さんは勉強よくできるんだろうな。たぶん入学は2年前じゃなくて3年前の4月だと思うけど、そういうミスと頭のできはまた違うし。受験失敗でめげたりせずにしっかり学業を修めた根性はきっとこのさき活きると思う。周りが支えてくれたのも、いままで周りを支えてきた分が返ってきてるんだろうと、欅坂加入後の活動を見てると思う。
−−尾関さんの握手が爆発的には売れてないのは、不本意だろうけどグループのためには良かったのかもしれない。売れてる人がみんなで頑張ろうって言っても、それが誠意でも届かないことがある。といって売れてない人は悔しさや卑屈さでみんなをまとめる勇気が出なくなってしまう。尾関さんがいまの位置で、支え合って頑張ろう、って言ってくれることがグループにはすごくありがたい。
−−髪型はみんな悩むんだなー。尾関さんは今の髪型にあってると思うけど、遊ぶのも今のうちという気がする。

ゆいちゃんずはいつでもユニットとして売れそうな気がする。乃木坂では今までなかったけど、AKBではユニットでのCDも売ってたし、欅坂でできないことはない。まずはシングルのカップリングからだろうけど。
−−君の名は希望の「もし君が振り向かなくても」のところ、前列担当なんだけどほぼ声が二人しか聞こえなくて、これがゆいちゃんずなら声の相性いいなと思う。
−−今泉さんは小林さんをゆいぽん呼びで、逆はゆいちゃんなのかな。
−−今泉さんの選抜ブログはためたわりに短い気もするけど、もともと今泉さんって長い文章を組み立てるタイプじゃないのでらしいといえばらしい。必要なことは書いてあるし、無理に言葉をひねり出すより偽りない心境ならそれでいいと思う。

ベリカさんが隣の四人を見てパフォーマンスに不安を感じるのは少し仕方がない。ベリカさんのせいではなくて、横の4人がステージ向けだから。でもベリカさんもテレビでのキャラが浸透してるから、ギャップで、これだけできるんだ、頑張ってるんだな、って感動を誘うことはきっとできる。パフォーマンスはあくまで感動の手段に過ぎない。

石森さんべマーズ見てたのか。実はちょうどいま見ていて6話まで見終わったところ。見られない期間に悪い評判も聞いてたので、予想よりずっと面白いと思いながら見てる。
−−建築家の娘さんかなー。あんまりそういう雰囲気なかったけど、自由業に近ければ娘さんが自分の生き方貫くのにも理解ありそう。

上村さんが、夜のテンションになるとみんな面白い、と書いてるけど実は当の本人こそ夜に豹変するということを、紹介上手な齋藤さんが前に書いていた。
−−あいうえむらってモーグル選手みたいな題名ですね。
−−高3組の石森さんの名前たんにうっかりで抜けていただけとは…無駄に深読みしてしまった。

佐藤さんは長いブログになっちゃったって書いてるってことはやっぱり短く書く努力をしてるんだ。メンバーとの写真も本人や他のひとのブログで増えてると思う。撮った写真についての説明のコメントとかあるとより親しみ出るかなあ。

ねるさんの桃カステラは乃木坂の川後さんもブログで紹介してて、長崎ではほんとにポピュラーなんだなと学んだところ。
−−ねるさんの文体はすっかり書き言葉と訛り混じりのチャーミングなしゃべり言葉が融合して唯一無二なものになってる。

オダナナさんの背中痛大丈夫かな。たいていは心配いらないんだろうけど、疲れやストレスはいろんなかたちで現れるものだし安静にできるといいな。
−−いよいよオダナナさんが方言バイリンガルへの道を突き進んでる。

べリサさんの題名が原田さんみたいになってる。仲良いと移るのかな。
−−オダナナさんの背中痛が、後ろから抱きつかれすぎたからとかならかわいくていいんだけど。
−−ひらがなけやきと活動が別れる前にねるさんと仲良くなりたい気持ちもあるだろうな。まあ別のグループになるわけじゃないからこの先いくらだって話す機会はあるだろうけど。

原田さんの題名の顔文字は相変わらずベリサさんが愛用してるやつだ。
−−桜餅の関東と関西の違い、原田さんは関西出身であちらの土産も買ってくるお父さまがいるので気づいたのかな。
−−お夕飯凝ってるなー。ひょっとして作ること好きの原田さんはデザインに堪能でクリエイティブな親を持っているのかな、なんて感じる。
−−選抜発表のブログは日にちをおいたことで自分のなかでしっかり消化したんだなって感じが伝わってくる。1箇所「私らしく」を「葵らしく」って書いてるところが可愛いような意志の強さを感じるような。

志田さんがひとを悪意なく面白がるの好き。今日は長さも長かった。

ベリカさん魚を食べられないのか。魚を食べられなくてもかまぼこっていけそうな気がするけど、頑固な魚嫌いみたいだ。
−−長沢くんの、リンゴを剥くだけの話がどことなく面白いのはもう立派な武器。
−−ガオーって当然乃木オタなら北野さんを思い起こすんだけど、元は何なのだろうね。

齋藤さんのブログを読んでから、他のブログも読んでメモ書いたんだけど、ずっとトゲが刺さったよう。メンバーを誰より励ましてることも、ブログを誰より頑張ってるのも知ってるし、それが人気を減らすことは絶対ないはずなんだけど、まだブログの良さと、そこから伝わる素敵な性格が浸透してないのかなあ。つらい。
−−ガチ恋って、実際には恋に向かなそうな子がモテたりするのかもだけど、もし友達が付き合ったとして一番幸せになるだろうなと思うのは齋藤さん。
−−めったにない弱音を吐いてくれたのは本当に良かったと思う。ファンって、自分が応援することで役に立てると幻想を抱いてこそファンになるので、ひとの助けを必要としない子は後回しになってしまうから。
−−小林さんもベリカさんも鈴本さんも齋藤さんも、みんな自分が周りに比べてかなわないと思ってるけど、そんなことはないんだけどな。でも仲間のレベルが高くて尊敬できる環境っていうのはそれだけ幸せなことだとも思う。乃木坂の飛鳥さんが選抜発表で周りにかなわないって言ってたのを設楽さんがそれに気づくだけ成長って言ってたのも思い出す。

2016.03.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ75 ブログ

石森さんがみいちゃん語という「ばいちゃ」、ねるさんと小池さんの間でも使ってて、これ小池さんが一時アラレちゃんの「んちゃ」とかにハマってたからそれかなーと思ったんだけど、ひょっとして九州の方言でねるさん語のほうかもしれない。小池さんは長崎弁練習してたし。
−−石森さんは目を細めるのと開くのといろいろ試してるなーと思う。アイドル歴が長いと言っても、ファンとのメディアを通しての距離感ってまた違うんだろうな。その懸命な試行錯誤がいいなーと思う。

オダナナさんの乙女っぽさというのはすごく可愛らしいと思っていて、「なーな」や「ななっぴ」って呼ばれたがってるけど、実際呼ばれたら照れ隠ししそう。
「めっちゃ好きやねん」と言うのに彼女感を出したがり(ANNR)、3月を恋の季節だと思う感じ(グリーティング)、少女漫画っぽい。

小池さんのエピソードネタはホントに鉄板で面白いから好き。
−−手すりをつかんでとっさに転ばなくて済むのは、なんだかんだ反射神経がいいなーと思う。
−−「腹筋を鍛える」みたいに前のネタを忘れたころに挟んでくるのいかにもらしい。
−−TRFとかまた絶妙なところを聞いてる。お父さまだったりファンレターだったりからいろんな音楽教わるんだろうな。過去の音楽を教えてくれる人がいるのは羨ましい。

尾関さんの卵がけご飯、たしかに手前の「ご」の濁音に引きずられるのは言語的に自然だけど、それではTKGがTGGになってしまう。ちょっとEGGみたいだからまあいいか。
−−「次回はかきくけこぜきが始まります」ってかなり面白かったんだけどなんか狙いすまされたようで悔しい。

土生さんは、高校生活を犠牲にしての芸能活動って感じにならなかったのいいな。別の人生に羨ましさとか感じずに済みそう。
−−土生さんはアニメ好きだし新制服のコスプレ感ひといち倍楽しいだろうなー。

小林さん、なんでいつも冒頭そんなに面白い小ネタを書けるんだろう。なんか「とほほ」感を出すのがすごく上手い。
−−グリーティングメッセージは、うまく描かれてるひとのはちゃんと下描きがあるんだな。なんか長沢くんとか小林さんがひとり机に向かって丁寧に仕上げてる時間って坂道シリーズらしい文化系の雰囲気を感じる。
−−突然の肩関節自慢といい、可愛い写真といい今日のは小林さんのブログのなかでもすごく充実してたなー。楽しかった。

上村さんのブログと石森さんのから察するに、石森さんは東京での活動のためにすでに通信か何かに転校していて、卒業年度は変わらないけど卒業式は3/1ではなかったのかな。ほんとに学生生活より夢を追ってた感じだ。
−−いつもながら安定して写メを上げるの、それぞれのファンからしたら貴重だ。

齋藤さんの写真も面白いものが多い。
−−自分が中心に座ったからって、ふざけて撮ったとか、かわいいみんなに囲まれたとか、謙遜しなくてもって思うけど、中にいたら周りみんな可愛すぎて目が回るレベルなんだろうな。
−−鈴本さんがこんなに悪い顔するの貴重だ。気を許してる。なんかすました美人が心の中で悪いこと企んでるのを表したみたいな写真になってるけど。
−−みいちゃんの歌声は菅井さんも絶賛してた。たぶんスカパー音楽祭の「君の名は希望」で左後ろがすごくうまく聞こえるのは低音から高音まで美声がバランスよく揃ってるからだと思う。個人的には齋藤さんの歌声が気になる。
−−オダナナさんとベリサさん、ベリサさんがベッタリだと聞いてはいたもののこういう写真は意外と珍しい。ふたりともあんまり自分からひとと写真撮るタイプじゃないし。

守屋さんの食事テーブル、一枚板じゃない気もするけど、やっぱりいい木を使ってそう。食べ物もおいしく感じそう。お母さまも娘さんが食べ物に気を使ってるのを知ってて手料理と言っても材料を選んでる感じ。ストイック。
−−個人的には今日みたいな高校生らしい髪型が実は似合うと思う。

米さんに「よね、お化けみたい!」と言ったメンバーを「よねみ(ん)」でも「ななみ」でもなく「よね」であるところから推測するゲーム。ちなみに最有力の小池さんは「ななみ」派。小林さんは「よねみん」だと思う。意外と平手さん辺りか。

菅井さんはまたダイエットの秘密兵器みたいなものを紹介してる。売ってる会社はハラール(イスラム教徒が食べられる)食品なんかも扱ってる輸入商社らしい。
しかし、菅井さんがいくら意識高くても鼻につかない感じがする。そういう方法を追求してること自体に酔ってしまう、平凡なひとの必死さを感じないからかなー。
−−メガネは学級委員長みたいな感じ。普段のふんわりした雰囲気よりしっかり感が出てる。

長沢くんはあんまりテレビ見ない割りに、天然としてではない狙った笑いもそうとう上手いのが不思議。「飼ってみたい時期もありました」ってうまいハシゴ外しで、読み手がずっこけることを的確に狙ってると思うんだけど。
−−ピンクのヘッドホンと言えば深川さんがモバメか何かで買おうか相談してた気がする(ピンクで合ってたかな?)。Beats by Dreはカッコいいけど低音強いから視聴したほうがいだろうなー。長沢くんが電車で付けてたらそうとう目を引きそう。似合うだろうけど。

今泉さんの焦らしテクニック上級すぎる。

2016.03.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

メモ ハルジオンMVとか

そういえば最近、原田さんの受験がどうこうの話を見るけど、前に本人が中学受験したってブログに書いてる。
1/16にセンター試験に合わせて

>私は受験の日の朝ご飯にカレーライスを食べました。脳が働くからいいとお母さんが言っていました。笑
>懐かしいな~~
>みなさんがいい結果をだせますように。

っていうのがあって常識的に考えて中学受験だよね。


乃木坂ハルジオン:
乃木坂さんのハルジオンのBメロ、ありがちなのかもしれないけどパフュームのセラミックガールに聞こえる。秋元さんらしい、美味しいとこ切り貼り指示の結果生まれた曲という気がする。
PVは蜷川さんみたいな女性が撮ったPV感が強い。カラフルなのも衣装から逆算して大正浪漫にしてるのも、ダンスシーンでややケバい照明を使っていることも。自分の好みはおいておいて、深川さんは蜷川さん好きだし一生に一度のセンターでこの映像を残せるのは嬉しいのでは。
−−冒頭の泣き顔アップや唐突すぎるシーンの数々はきついけど、ダンスの泣き顔から笑顔への変化とか、最後の「私たちは乃木坂上り坂」っていうリズム的に気持ち悪いフレーズの連呼でためたあとからの「ウチラは~」は良かった。気持ち悪くしたくなければせめて「は」は除くから、かなり意図的なもの。

乃木坂れなちさん:
あれから少し情報を調べたんだけど、慶應SFCかな。大事な日としていた2/17が総合政策学部の受験だからということが強調されてて一理あるんだけど、実はSFCにはAOで決まってて、2/17には早稲田の文学部を受けて落ちた可能性もあると思う。なんか前は、英語とデザインを学びたいみたいには言ってなかったので滑り止めな気もする。
(追記:よく考えると、後者にしてもSFCも併願での一般受験という考えが自然かな。)

欅坂ブログの機能:
まとめ読みがすごく面倒になった。悲しい。ついで読みで他のメンバーに興味湧く可能性を排してしまうから、レイアウトに凝るためだったら戻して欲しいけど、もしかしてメンバーごとのアクセス数取りたいってことだろうか。

2016.03.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

乃木坂 山崎さんの慶応合格

休業するくらいだからすごいところ狙ってるのは知ってて、よほど国立なのか、うちに来るかとわくわくしてた時期もあって、その後私大専願と知ったあとは当然早慶狙いだと思ってた。それでもやはりあれだけ忙しい活動をしながら結果を出したのは素晴らしいことで、おそらく受験終盤に余裕があったところを見ると、慶応でも余裕で受かるけどいまさら理系科目は増やせない、という私立文系トップレベルを走ってたんじゃないかと思う。ほんとうにおめでとうございます。

たぶん乃木坂さんの忙しさが負担になったぶん、逆に一般人とは違う存在として過酷な現場に立って受験勉強さえ楽に思えたり、普通の受験生とは違ってたくさんのファンがいたりということがプラスになったんだと思う。

ぜひ欅坂の、来年からのねるさんや米さん、原田さんなんかも諦めないでチャレンジしてほしい。乃木坂さんの3期セミナーもこれでアイドル兼業でもいい大学に行けること、受験に合わせて休業もさせるホワイトなグループだってことをより強調できると思う。その意味でも2期生アンダーの山崎さんがグループに果たした貢献は大きい。

いちおう、ブログ愛好家として昔れなちさんの受験について何度かつぶやいてたから引用しておく。文章がうまかったので活動休止前から注目はしてた。

2015 5/11
山崎怜奈さんなんかは文章表現の幅も持ってるし遊びもあるし、単純に文系能力高めだよね。大学行くのか知らないけど、歴女なのもガチみたいだし一般受験しても私大上位に入ると思う。

2015 5/23
乃木坂の山崎さん活動休止か、これは本気で上位の大学受ける気だな。乃木坂さんは何人か成績いいのに大学行かないもったいない子がいたのでこれは朗報だと思う。

2015 11/16
まあたぶん乃木坂どころかアイドルとしてトップクラスに偏差値高そうな山崎れなちさんだけは[文体]安定してるな。普通に進学校の根性もある文系女子で、このままいけば今年一般受験でも良いところ進学してニュースになりそうだもんな。

2016.03.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ74 ブログとか

制服のマネキンをまた見直したけど、尾関さんはたしかにかなり正確に踊れてる。自分で鏡を見て練習したのか、はたまたメンバーや姉関さんのチェックかしらないけど、手を額にかざすときのモーションとか、腰を回す部分とか見栄えがよいよう研究・制御されてる。表情もいいし、マネキンを見た限りダンスですでに平均より上に来てる。苦手って言われてたとは思えないし、本人が自信を何度か口にしてるのも分かる。

ブログ:
今泉さんはマイペースなようで、一日おいて他のメンバーのブログに対するファンの反響を見定めてるのかもしれない。オーディション生活で身につけた生活知みたいなの、苦労あってのことだから尊重したい。

佐藤さんはなんか、欅坂の標語が「謙虚・優しさ・絆」だっていうところにまだハマってない感じがある。ソロでいくならそれくらいがいいのかもしれないけど、アイドル群雄割拠のなかで坂道シリーズの個性化って、グループがまず輝くためにお互い引き立てあうこと、それが結果としてみんなに返ってくるって信じるところにある気がする。

齋藤さんのブログは、葵ちゃんが元気だよっていうさりげない報告と、レボリューションがツッコミどころだよ、っていうのが明確で、読み手に優しいブログ。
−−ねるねるねーるねとか進撃の土生とか、最初は不本意かもしれないあだ名を使っていける融通はホントに器の大きさを感じて好き。

上村さんは今のところ選抜落ちする気配は感じないんだけど、たしかに武器が見つからない辛さはあるんだろうな。星野みなみさんがこの間の選抜発表で言ってたけど。
−−ダンスは、筋力足りてないながら、もちろん成長はしてる。あとは表情がもう少し凛々しくなるとマネキンにはいいのかなと思った。
前も書いたけど真夏さんだってうまくなったんだし、リズム感がないわけじゃないからまだ伸びる。
−−ひらてちさんの不安な顔は、FNS歌謡祭で生駒さんと撮ったツーショットの記憶がずっと残ってる。そのときから、みんなで守ってあげてほしいな、って余計な心配をずっとしてる。

長沢くんと上村さんは、ファン目線を知ってるのでそこに合わせて書いてくると思っていて、実際そんな感じ。見事でもあるけど、意外性はあんまりなかった。それでいいんだと思う。
−−ふたりともいまはダンスとかで余計なアンチに叩かれるよりも、後ろにいて「あの子かわいいのになんで後ろなんだ!」って思わせて、その間に弱点なくしていくほうが長期的には人気出ると思う。
−−本を持ってる女の子の写真は、ドラムを叩く女の子の次くらいに好き。長沢くんは努力家だから英語の本もそれなりに読めるかもしれない。

「こんにちは」と書いたブログが夜中に上がる困った事態だけれども、そんななかどうせ夜に上がるだろうと「こんばんは」と書いた菅井さんのブログが16時過ぎに上がっていて、読みは外れちゃったけど狙いはやるぅと思った。

2016.03.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ73 グリーティング HUSTLE PRESS

グリーティングメッセージ:
全体に忙しさと発信する場の増加とで書くネタがなくなってるのは感じる。やることが多い中でどの練習や趣味に時間を割くかはひとそれぞれ。

石森さんは得意なイラストを遠慮して披露しないんだけど、ダチョウのものまね以上に封印してはもったいない特技だと思う。見たい。

尾関さんのイラスト、手に持ってる三角形のものはたぶんヒーローを描く心理テストでも描いてたけどなんなのでしょう。
−−月の漢字の中だけ黄色に塗ってるのもツッコミどころだけど、そういう雑さがアクセントになってる。

小池さんのささやかなイラストや小林さんのフォントへのこだわりは安定感。

さとしさんの出会いだけでなく別れを大切にっていうのは、言葉との戯れとしては好き。

菅井さんは方向性が同じままにイラストなどのバランスが地道に向上しててさすがお姉さんだし、インクの太さにムラがあるのもさすがポンコツだし。

鈴本さんはイラストとかマーチのMで遊んでくるところとか、いい具合に遠慮と自分らしさのバランスを身につけつつある。初期から伸びてる子のひとり。

長沢くんのイラストはホントに手がかかってて素晴らしい。サインにも猫を入れてたけど、3月の「3」の文字も耳と尻尾で猫にしてある。

平手さんのもうすぐ中学三年生になります、っていう報告の別に節目の年じゃない感はさておき、前回登場した小さなパンダがまた入ってる。思えばあの頃からねるさんと平手さん仲良くなってたんだ。

べリサさんの右側の謎のイラスト、どこかで見たことある。それに対して「ペンギン」とリサさんが書いて、「ちがうぴよこ」って書いてある。たぶん「ち」とか「が」の特徴的な筆跡からして志田さんのイタズラ。見返すと志田さんの最初のグリーティングカードにこのぴよこが登場してる。

長濱さんのすぐにでも長崎観光大使の話が来そう感。

HUSTLE PRESS:
長沢くんのマイペースな感じがよく出てる。ショートスリーパーとは何だったのか。ご飯をお菓子に変えても痩せないのは、お菓子っていうのがそもそも炭水化物と油と砂糖に特化して量の割に太れる(からおいしい)食べ物だからしかたない。こんにゃくとか、菅井さんみたいに鶏肉と野菜のスープはいいなーと思う。
−−長沢くんのレシピに頼れば正確に作りそうな感じは結構つよい。困る→調べる→結果を出すみたいなネット時代の能吏としての有能さがある。
−−休日でも勉強を入れてること、それを(なんか勉強ってしてるとダサいみたいな雰囲気あるなかで)気にせず書いてくこと、すごくらしい。
−−写真はホントに素晴らしい。長沢くんって顔もスタイルも目立つ欠点がないから、撮り手が欲しい絵を作りやすいと思う。たぶんコスプレとかもキャラに染めやすいと思う。

2016.03.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ72 選抜発表のブログ

選抜発表後のブログは、乃木坂さんについても姿勢を正して読む気分なんだけど、欅坂さんはやっぱりすでに乃木坂さんに匹敵する文章を書く子が何人もいる。すごいこと。

平手さんはこの間のラジオで悩まないって言ってたけど、短期的なことではともかくこのセンターの重みには怯えてしまうんだなー。でも人らしくて好きだ。鈴本さんだって不安なんだし。
−−平手さんの真ん中に立つことへの感謝はたしかに大事なのかもしれないけど、乃木坂さんを見ててもわかる通り、周りの人こそ平手さんが真ん中に立ってくれることに感謝しないといけない。

ねるさんに言及している皆さんの真心に打たれる。このグループらしい絆だなって思う。平手さんはもちろん、メッセージとして一番まっとうな尾関さん、ともすればひらがなけやき批判にもなりかねないけどねるさんが読んだら一番嬉しいだろう小林さん、いち早くねるさんの新衣装でのツーショっとを載せる菅井さん、言及しないようで「ひらがなけやき」をよろしくとさり気なく気づかう仲の良い小池さん、みんな最高の仲間だと思う。

守屋さんは魅力的だなーと思うのは、カラッとした体育会系の姉御のようなところにふと繊細さや人としての弱さや優しさが混ざるところ。わかりやすそうで深みがある。その辺が文章にものっていて、ファンも何度も新たな魅力を発見できると思う。それでいて握手に来てねっていうストレートな明快さもある。

土生さんは賢い子なので、敢えて軽い話題でさらっと済ますならそれはいろいろ分かったうえでの意志なんだろう。それはそれで。

ねるさんも、いろいろ言いたいことも考えもあっての内容で、なにもいうことはないと思う。ひらがなけやき頑張ってほしいし、でもいまの21人のユートピアが僕はとても大好きでした。

尾関さんはさすが全員の絆の中心となるべき存在。二列目に上がったダンスの成長も、努力はもちろん助けてくれた仲間への感謝を忘れてない。
−−二列目はこわいだろうなー。尾関さんもハマれば美少女だけど、欅坂の二列目はまあみんな安定感のあるスタイルのいい美人揃いなので。でも人としての魅力なら負けてない。
−−スタイルが全面に出てることには本人なりの葛藤もあるんだろうな。ブログ基準で見てるとむしろお調子者のほうがイレギュラーなんだけど。でも多分、ちゃんとしてるだけの尾関さんより今のミックスの方が数倍魅力的だ。
−−平手さんとねるさんのことは尾関さんに任せれば安心。その尾関さんは姉関さんに任せれば安心。「仲間」って照れくさいけどいい言葉をいい場面で使ってる。

オダナナさんとか米さんとか齋藤さんを見ると、いくらタフで性格のいい人でもなかなか自分が選抜かという恐怖には勝てないし、ねるさんに言及する余裕もないんだなー。それは自然なことだし、読んでても教わるところがある。

小池さんの文章も尾関さん同様何も言うことない。さっき悔しさについて書いたけど、言葉を磨けばこんな風に、自分の悔しさをいつわらず書き伝えながら、誤解を生まずにむしろ応援したくさせる文章が書けるということ。絆の強調もパーフェクトだと思う。

菅井さんももちろん文句のない文章。本当にお手本過ぎて何も書くことがない。

小林さんはひとつの文に笑いから真剣なトーンまで混ぜてるのに不謹慎な感じを覚えさせない高度な内容。最初にねるさんに触れたところはいつにない真剣さに胸打たれた。
−−でも困ったことに、僕には横の4人に比べてどう差があるかが理解できないので、今までの小林さんのブログには共感してきたけど、今回は全然共感できなかった。横の4人だけでなく欅坂のメンバーみんなに対してそれぞれに圧倒されることはあるだろうけど、小林さんを見て敵わないなー、才能を分けてほしいなーと思ってるメンバーも多いんだから、教わったり教えたりしながら、よそのグループのフロントをこそみんなで超えていってほしい。

米さんも簡潔でらしくまとまってる。目標に向けての才能と努力の使い方がほんとにうまい子だと思うので、有言実行していくのを見守るのが楽しみ。

2016.03.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ71 けやかけポンコツ回

番組冒頭の座席の並びを見ると、守屋さんが二列目落ちを覚悟していたのも納得できる。基本的には前列に座ってる人が選抜でも前二列で、違うのはねるさんと上村さんだけ。二列目までの人数が11人と多いから後方座席から三人選ばれたけど、そうでなければ、前列そのままでもおかしくなかった。
ちなみに選抜発表直前の座席だとねるさんが後ろに行って志田さんが前列なので、さらに一つ枠が減ってる。

座席のシャッフルは新しい組み合わせを生むからいいんだけど、織田&志田とベリサ&原田のあいだに挟まれてしまった米さんはちょっとかわいそうだった。
−−なぜか椅子取りゲームが始まったところでねるさんだけ位置を隅に動かされてる(わざわざ齋藤さんを前にしてるし意図的なもの)のも不思議。その後の位置とも違う。

織田奈那さんの時計回りとかベリカさんがホウキをメンバーのところに倒しちゃうのとかは、バナナマンさんのマカオ方式と同じでその場でポンコツ進呈でも良かったかもしれない。澤部さんは実際「10ポンコツ」あげようとしてる。

椅子取りゲームの平手さんと織田さんの争い、平手さんのおしりアタックが十分面白いのに、それを織田さんが余裕で跳ね返すポーズが面白さで勝ってて、さすが笑いを体現してる。ちなみに二人は相互に推しメン。

守屋さんは長い目で見ると、多少Sっ気があるキャラとして浸透したこともありのままでいられていいんじゃないかなー。そのうえでの性格の良さやふと見せる弱気さがギャップですごく魅力的。

尾関さんの相撲的な投げ飛ばしは、まあ良く言えば人間としての深み。まじめさと妹らしいズルさがあってそのあいだくらいのところに意外性を秘めてる。ホウキバランスもこっそり不正しようとするし。決勝では尾関スタイルも見られる。

米さんはいつにも増してよく笑ってる。鈴本さんのリアクションにも勝ってそう。
−−米さんといえば、けっこうきわどいところにも突っ込んでいく。家族アンケートでさとしさんが親の文の長さを指摘したときは「自分(もだろ)」って指摘してるし、今回のけやかけでもベリサさんの女王キャラのときに「こわいー」って言ってる。
−−原田さんの「絶対、投げ飛ばされてました」もナイスコメント。ベリサさんがいじられ上手なのもいい。

小池さんはほんまに目え回ったんやと思うけど、倒れ方が新喜劇的な大げささでよい。どんどんやってほしい。

長沢くんはもう尾関さんと遜色ないレベルでベリカさんを椅子から突き落としてる。競技が変わってる面白さ。いちおう二度目の勝負では、完全に座ったのをどかしてるわけじゃなくてベリカさん自身が面を捉えられてなくて椅子がずれてる。にしても、尻餅けっこういたそう。

ホウキバランス、ゆいちゃんずの謎の安定感。なにか歌のうまさと関係が? 鈴本さんも上手いし平手さんも決勝ではコツ掴んでるので、フロントへの近道かもしれない。ほかに上手いのがベリサさんと米さん。
平手ちゃんは一回目失敗で、ポンコツあつかいされることが滅多にないので表情がちょっと面白かった。たぶんANNで荘口さんに「悔しそうな表情するね」と言われた表情。

ねるさんが志田さんの頭に当ててしまうところがこの企画のハイライトで、謝ってるねるさんもだけど志田さん優しさが見られる。

Dグループは相撲的な発想で言えば倒れるまでに時間の掛かった石森さんより実は齋藤さんがアウト。

決勝のベリカさんのところ、リアクションが多彩すぎて何十回でも楽しめる。鈴本さんも表情面白いし、小林さんは手で押さえに行く意外とスポーティなタイプ、志田さん上村さん長沢くんはかなりのビビリ。齋藤さんや守屋さんでも交わすなかで揺るがず堂々と大笑いしてる織田さんはやっぱり豪傑だ。


選抜発表、齋藤さんは漢字欅坂全員って分かった時点で泣いてるな。ほんとに選抜外れると思ってたんだな。よかったよかった。米さんも入ったことで安心したらしく、その後の発表ですぐに心の整理がついてた。
尾関さんは神妙そうな表情をするとすごくいい。変な表現だけど色気がある。

2016.03.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。