スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ176 ブログ

長沢くんの靴写真、足を揃えてないのがちょっとトリッキー。ハートマークがちょっとフレームアウトしてるのも外し感がある。
- ベリカさんが八つ橋の皮を分けてくれておいしかったエピソード、なんか天然同士のかけ算ってすごい。
- 長沢くんがメンバーから借りてる美顔ローラー、齋藤さんも以前メンバーから借りて、クリスマスプレゼントに家族にもらっていたりする。あのときは値段にびっくりしたっけ。
- 長沢くんはまた握手について勉強するって言ってて、ほんとに努力家。

鈴本さんの2度投稿したブログ、題名が違うだけじゃなくて、「2時」と「3時」がカラーになってるのがポイント。
- 鈴本さんもヘアアレンジや握手の写真を用意して、勉強熱心。長沢くんと違ってファン目線をもともと備えてるわけじゃないから(もちろんアイドルは好きだと思うけど、アイドルみたいになってダンスや歌で魅せたい、ということだと思うので)、ほんとにいちから勉強してやり方を覚えてるんだと思う。

オダナナさんの三ヶ日みかんジュースのダンボールって、寮に上村さんが遊びに来たわけでもないだろうから、みんなのために仕事に持ってきてくれたんだろうな。
- 千葉の名産品と言えばもちろん落花生だけど、上村さんは社会0点なのでしかたない。名所といえば東京ディズニーランド。

小林さんの日傘で雨を防いだ話と菅井さんが雨に濡れた話がうまく噛みあって、合わせ技一本みたいになってる。
- 一ヶ月お祝いケーキいいなあ。小林さんはこういうときでもあんまり文章のテンションを上げないけど、内心はすごく嬉しいんだろうな、と思う。

佐藤さんの飼ってるレディーっていうチワワについては一度くらい見た。Mステは欅坂のメンバーが飼ってるペットについて事務所に問い合わせたんだろうけど、ちゃんと把握してるものだなー。

ガラスに文字書いたの、尾関さんだったんだ。全然分からなかった。内容から尾関さんを疑ったけど、もっと字うまそうだから真っ先に消してた。
- ベリサさんとの顔入れ替え写真、手応えがあったんだろうな-。言い訳しつつも、どうだ似合ってるだろーっていうメッセージを感じる。たしかにベリサさんやゆいぽんさんのより出来が良い。

守屋さんの写真は、第一感だと左が原田さんで右が守屋さん。
- 肩から写真といえば、いっとき乃木坂でも中元さんとかやってたっけ。
- オダナナさんってときどき、何の感情なのか分からない表情があって、それが好き。
- スムージー感度が高いから土生さんのブログにしっかり引っかかってるのも、マメだと思う。

トムさまは、いつもは気品ある姿をしてらっしゃるのに、今日は庶民のために愛嬌などお示しいただきまして、まことに恐縮至極です。

尾関さんのお姉さんからのお薦め写真は、たしかになぜ載せてほしいか不明だけど、これ先日兄・姉でプレゼントしたiPod Touchじゃないかなと思う。いろもピンクだし。

スーツケースに寄ってくるレディさん、さすがにこのスーツケースを持っていくという認識に犬がいたるのかは分からないけど、詰めてる石森さんの視界に入ってかまってもらいたがったのかも。

土生さんは最近アニメネタ多めだし、握手会でアニメ好きなファンの方が結構居たのかもしれない。

なんの迷いもなく、くまきちとうさみーと名付けられてるのがちょっと面白い。しかも彩りを加えるためなのに、茶色と白で構成された花壇に茶色と白のキャラクターを加えるという謎采配。

小池さんの冒頭あいさつ「みなさんこんばん○○」って記憶の限りほぼ七五調で整ってて、喋りも含めてリズム感あるやんなって思う。
- 握手会での居眠り禁止って、そもそも立ってるから不可能な芸当だし、これは逆に乗っかって寝たふりをして突っ込まれる上級ファンが出そう。
- 寝たふりがネタ振りになるっていうシャレじゃないから。

土生さんが撮った平手さんの写真、なんともいえない表情してて好き。

2016.05.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ175 ブログ

上村さんが、ブログで敬語とタメ語をどう混ぜていくかチャレンジをしてる。
ざっくり言って、全部敬語で書くタイプか、読者に語りかけるのは敬語で独り言や日記のようなつぶやきはタメ語で書くタイプが二大主流派で、ここに少数の、読者への語りかけまでタメ語を挟むひとがいる。親しみやすく感じさせるけど、生意気っぽさも出る。
乃木坂だと上村さんの敬愛する齋藤飛鳥さんとか伊藤まりっかさんがよく使ってる。あちらはモバメがあるので、ブログは丁寧に、モバメはタメ語っていうひとも多いと思う。
今日だと「一切無くて、いつも困ってるよ、、、」っていうところが完全に読者を見ながらタメ語なところ。
- アフターMステの欅ロゴ、佐藤さんが以前にも4月のグリーティングメッセージでスカートと足を使っていたので、それで分かった。

菅井さん、グリーティングメッセージは丁寧だし、ブログも短くとも毎日欠かさないし、几帳面なだけじゃなくて体力があるなと思う。大学もあるなかでほんとにタフ。

今日は小林さん、キレッキレ。冒頭のボケから、先日のブログでの「小さい子にバカにされながら日傘」のエピソードを再利用し、電車では日傘が差せないっていう意外なプチ発見の報告があり、飛鳥さんとの顔のサイズ自虐で締めるという。これだけ細かくいれつつ、「面白いだろ」って押し売りがないのがより魅力的。

米さんは、ホラーの話からプレゼントのぬいぐるみの話につないでさりげなく言及。最初からぬいぐるみ狙いでの展開っていうわけではなく、話から他の話につなげる道を見つけるのが上手いんだと思う。
- 羊ヘアーを周りやファンにめっちゃ褒められたらしく、ノリノリで画像を貼るのが年相応で微笑ましい。

原田家は安定の食の英才教育。たんに値段だけでなく、いろんなジャンルに挑ませてる。
- たぶん弟さんが友達よりお菓子の出来に厳しいのも、舌がちゃんと肥えているということなのだと思う。

16%くらいで充電っていうのは、15%で警告されるのが嫌だからっていうのでちょっとあるある。
- どうでもいい話好き。あと「はひふへほぜき(初回)」の「(初回)」も好き。でも、普通自分が「ほっくしょん」なら、「ほ」のときに話題にする。その方が無理やり感が出て面白いので。そこが尾関さんらしいというか。

「ヘルシーででも身体にいい」って表現、そりゃそうだよねというか、「でも」って何みたいな。きっと「美味しくてヘルシー」ってことだろうな。あるいは「低カロリーで栄養豊富」ってことなのかな。まあ、佐藤さんの語りの勢いを感じる。

長沢くんの「濃い味は前ほど控えています」って、そもそも前から外食のときはどうしてたんでしょうね。もちろん外食自体がやや味付け濃いんだけど、おでんにポン酢レベルだと、いろいろ物足りなさそう。マイ調味料持ち歩くのかな。
- 長沢くんは以前から釣り写真のオンパレードなのでいまさらだけど、天然力のおかげで釣りをしてもあざとく思われないのが武器。

石森さんが猫派でもあるし、なんならダチョウ派でもあるのは前から言ってることなんだけど、知らないひとも握手に来るっていうことは、ファンが急速に増えてるんだな-。

守屋さんや上村さんが美白とかのアドバイスを募集しても、ふたりとも十分詳しそうだけど、プロフェッショナルなファンの方もいるんだろうな。お洒落なアイドルを応援してるファンなら特に。
- 宮城のひとだと関東1年目は暑くて大変だろうな。
- 勝手にシャッターはpart4。
- 上村さんの2枚目の写真に色気みたいなものを感じてなんか悔しい。アップなのと、わりと真顔で流し目なのと。もともと顔立ちはきれいなので。
- 遠慮がち(に感じる)土生さんが、守屋さんと菅井さんとの写真でひとりハートを作って笑顔をこぼしてるのが印象的で、いいギャップを感じる写真。

齋藤さんのブタ好きは数回出てきた気がする。1番分かりやすいのはサインのブタ。
- ブタとネコはともかくアオコの飴細工ってことは、オリジナルで作ってくれるのかな。飴細工といえば以前に米さんも感動してたっけ。あっちはより芸術品っぽかったけど、どちらも食べるの勿体なくなりそう。

2016.05.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ174 ブログ

上村さん、おもしろ写真を貼るだけじゃなくてそれが話の枕になって内容につながってるのが上手いなと思う。内容も、同性にも愛されるアイドルっていう感じで、ご家族の希望どおり。
- トマトを食べても白くなりませんって、ファン目線だと「いや十分白いじゃん!」みたいなツッコミどころだけど、白いひとが多いと、また最上級との差みたいなのを感じるのかもしれない。

長沢くんがホットケーキの「研究」すると、そのうち1枚辺りのグラム数が安定して、1枚食べて体重を量るだけであと何枚で1キロか逆算できるようになりそう。
- だし巻き卵Tシャツとかも、やっぱりプレゼントなのかな。
- 「浮気はいやです」とかは自信を付けてきたなと思う。

ベリカさんは、HUSTLE PRESSではアオコいなくても不安じゃないとか言ってたのに、守屋さんに「アオコといるときすごく幸せそう」って書かれて、ヌイグルミに対して謎のツンデレ感がある。
- オダナナさんから突きだしてるような守屋さんの写真は、こじはるさん的なセクシーさ。

ファンの方からいただいたプレゼントを正直に書くのもオダナナさんらしいなと思う。
普段の写真にさりげなく載せて、贈ったひとにだけ「使ってますよ」と伝わるようにするのも手で、そのほうが他にプレゼントを贈ったひとが「俺も贈ったのに使われてないぞ」とか思わずに済むということなのだと思う。
でも、こういうテクニックを気にしすぎるとオダナナさんのおおらかさが損なわれる気もする。
- みんなから教わった「三ヶ日みかんコロロ」ってことは、握手のために何人ものファンが話題を考えて探したりしたんだなー。

アイドルにとって、髪質にあったシャンプーを見つけるまでって消耗品みたいなものだけど、それでも新しいシャンプーを買うか何日も迷って、使い切るのを気にするようなところ、庶民的でベリサさんの魅力かもしれない。
- 八つ橋、あまりにみんなが感動してるので、原田さんと「八つ橋より生麩の方がおいしいよね」みたいなトークをしたくなってきた。
- ひとつの文章にいろんなトーンを混ぜ込めてるし、バランス感覚もいいので、ベリサさんもいずれ面白い文章を安定して書けそう。

録画した番組がたまるくらいの忙しさ。握手会のあとも、まだ表に出てない幾つもの仕事がありそうな気がする。
- 隣がねるさんだっていう説明、ひとつ前のブログの写真のねるさんが分かりづらかったってことかな。普段と表情が違ったから。

原田さんはときどきグロ画像と見まごう食べ物の写真を載せます。
- TシャツがHard Rock CAFEだけど、ご両親の趣味か何かかな。

小林さんは、当たり前のように「ひとり映画館」と書いたところがポイントかなと思う。ボケだよみたいな説明の身ぶりもなくあっさりと。
- 乃木坂姉さんとのツーショットが多めな、大人びた妹系(?)女子ポジション。

米さんは「大丈夫やで」系女子だっていうのは昨日書いた通りやけど、ほんまにええ子やと思う。
- 2個買ってきて、ひとつは自分が食べるから味を選んでええで、っていうのもさりげない。ちなみに米さんは苦手なフルーツが多くて、食べられるのは「りんご、いちご、ぶどう」なので、たぶんもものほうを選ぶのが正解らしい。
- 小池さんの文章は、たとえば「米さんが来た」って表すのに、チャイムが部屋に響いた流れを描写するのが物語的で、3行目から16行目まで、一連のやりとりを一文で描ききるのがちょっと真似のできないところ。
- 「小池はゼリーを食べて~」のくだりも、このしんみりした流れでしっかり笑いを取っててさすが。

トムの表現力は、独創性もあって天才だと思う。
- ハウステンボスの告知は、効果をあげるために一度に書かないように試してるのかと思うくらい、メンバーが順々に話題に取り上げてる。

齋藤さんと守屋さんの日焼け写真を見て、「二人ともわたしより黒い-!」ってキャッキャしてる原田さんが思い浮かぶ。
- 親知らず報がアサガオ観察日記みたい。

やたらと「ぼんじゅーる」がお気に召したらしい尾関さん。
- 「ふーうううーふーーうううー」これをどう上手く歌っても渋谷川のイントロにならない独特感。

みんな八つ橋買うとは言っても、いろんなメーカーのを買ってる。石森さんはオシャレ感がある。
- ちなみにちょっと珍しいと思って調べました結果、八つ橋を漢字ではなくひらがなで書いてるのは石森さんだけ。きっと、読者も読めないだろうと思ってひらがなにしてくれたのだと思う。
- ボブ似合いそう。

2016.05.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ173 ブログ

ベリカさんは相変わらず、少し遅れながらも要点を外さない丁寧なブログ。にゃーポーズに次いでリラックマポーズも発案したり、頑張ってると思う。
― 最後の写真、握手ポーズ写真のような構図でアオコにぎってるのがなんだかシュールで好き。

なんとなく原田さんは肉汁を「にくじゅう」と読める派だと思う。
― お昼寝から起きて、5時間後から出かける仕事って大変だ。ブログ夜更新でもまだ仕事場みたいだし、頑張る高校生。
― ベリサさんはとてもいい表情をしてる。原田さんにいたずらしよう、と考えて無心で急いで撮ってるのが、かえって効を奏したのかもしれない。

小池さんの、八つ橋で1番好きな味多すぎ問題。あと寮でも他の子と食べたらよさそうだと思ったけど、楽しくても量は相手の分も増えるから賞味期限はやっぱり悩ましいかもしれない。
- おやすみなさい、って書いてから付け足すのは小池さんときどきあるんだけど、今回は隣にいる原田さんに「ねー、葵のことも書いてよ」と促されたのをひしひしと感じる。しゃがんだ構図の写真が一緒だし、お互いに画像フォルダチェックしながら、この写真についてのブログ書こう、って話になったのかもしれない。

「親知らず」と言えばチャットモンチーの名曲。いや、どうでもいいか。でもソニミュの先輩だし、深川さんの好きなバンドだし、石森さんがオーディションで歌ったバンドでもある。

米さん初の海外がタイとはなかなか珍しい。
- 食の好き嫌いが激しいとはいえ、2,3日は好奇心や勿体ない感から苦手なタイ料理に挑戦し続けたのは、アカデミック系の大事な素質だと思う。
- 米さんはときどき、齋藤さんとかがちょっと落ち込んだりしてそうなときに、さらっとブログで励ましたりする優しい子。「大丈夫やで」って言葉がしっくりくる。単に握手会の写真消費してるだけかもしれないけど。

菅井さんは声質がラジオ向きで、声だけで品が良く明るい感情が伝わるのがまず1番の武器だと思う。しかしラジオって、たとえば僕は星野みなみさんの「乃木のの」が好きなんだけど、始まる前は向いてるメンバーとは思ってなかったし(北野さんもそうだけど)、誰がどれだけ上手くなるか、やってみないと分からないものだなって思う。

尾関さんと土生さんは欅坂が誇る寝起きに強いコンビ。最近は、だんだんと起きられない組も判明しつつあって、尾関さんはなんなら、土生さんに起こしてもらったうえで齋藤さん起こしたりしてそう。
- 尾関さんと土生さんの名前の紙を見ると、尾関さんが自分の名前を書いたときに「あ、ちょっと上に傾いたかなあ。あと名字と名前少し空けた方が良かったかも」と思って土生さんのを書いたのが読み取れる…かもしれない。たぶん長沢くんがダッシーとオムくん書いてたのと同じ紙。

今泉さんが小池さんといて転ぶと言えば、「キミガイナイ」のレコーディング。後ろ姿だけどたぶんリアクションから二人だったと思う。
- リサ様と原田さんのやりとりみたい。でも自分でコケたときも状況判断してすぐに床に謝りにいく小池さんはやっぱりお笑いが身に染みついてるんやなと思う。

小林さんが電車に嫌われる一方、目的地ちょうどまで着いたところで電車が停止した僕は電車に好かれているらしい。
- けやかけは、たぶん来週に一応、自分に振られるか振るかする場面があったんだろうなと思う。カットは覚悟しつつ楽しみに待とう。

阿闍梨は読めるけど、「あじゃり」まで打った時点で「阿闍梨餅」の方が上位の検索候補に出るほど有名なお菓子のほうは知らなかった。これは原田さんにお取り寄せして貰わないと、いやきっと知ってるうえでの生麩なんだろうな。
- 米さんにたいしてはエセ関西弁を使っても許されるという風潮。
- 「おーいお茶」から「どうぞお茶」っていうひねり自体面白いと思ううえ、ガチ恋さんは間接キスみたいなシチュエーションにどきっとするかもしれない。長沢くん自身は意識せずやったようにも取れて、絶妙なライン。

志田さんは話が二転三転、なんなら四転するのに読み手が特に戸惑わないのは、そういう気ままな喋りをしながら聞き手の反応はしっかり窺ってて、ちゃんと磨いてきた芸なんだろうな。

2016.05.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ172 ブログとか

HUSTLE PRESS:
ベリカさんを見てあらためて思わされる、己を知ることの大事さ。ベリカさんは、失敗しても許されるかわいさっていうけど、本人が一番自分の苦手を気にしているのが分かるっていうのも、嫌いになれない大きな理由だなって思う。

長沢くんの料理なら悪口言ってもいいや、とか、ダンスの練習するときは布団を敷こう、とか、細かい判断を見ればさすが大人だなと思うときもある。


おにたま:
齋藤さんはうまくよそ行きなやや高めの声を出してたと思う。菅井さんや斉藤優里さんがかわいらしい声をしてるので、その声質の流れにうまく合ったのかもしれない。しっかりメモ付けてるんだな、とかマイメロディかわいいな、とかも思った。
- 乃木坂・欅坂がいる場ではもうひとり第三者がいるといいんだな、っていうのは思った。欅坂さんがほんとに謙虚になってしまうから、そこをリスナーに説明して、なんなら乃木坂の子についていじってもいいんだよ、って欅さんに指南してくれると全然雰囲気が変わる。
- 菅井さんが乃木坂さんがらみの番組2度目なのは、嫉妬されることがなさそうな性格というのもあるかもしれない。ほんとに嫌みがないので。

ブログ:
上村さんの青のジャンパースカートが、いつも白い服のイメージなので新鮮。ちょっと活発そうな感じがする。
- 原田さんとのツーショットはしっかり見ても姉妹感がある。
- 上村さんのけやかけ感想ブログを見ると、あ、今週始まったなって気がする。いや今週は握手会ブログあったからそれじゃ遅すぎるけど。

守屋さんは安定の「すうぃーつ」派。ファンはスイーツと言わないよう気をつけないと。

「こたべ」って、八つ橋の小さい版みたいなのがあるんだ。初めて知った。

原田さんの題名が煮卵、煮卵といえば佐藤さん、佐藤さんと言えばアンドーナツ。
- 原田さんは他の人と写真撮ると目線が正面を向かないらしい。
- 米さんの髪型、ついで長沢くんの髪型の評判が全般に良さそう。

長沢くんの卵料理を食べたいファンは多いと思いますが、まずはベリカさんに作ってあげてください。
- オムくんとダッシーのプレートを持って制服の写真、なにかこの先のけやかけの企画であるのかもしれない。キャラクターグッズで売れそう。太字の謎はさておき。

土生さんのスムージー、3個目の材料「れんげ蜂蜜」までは拡大して読めたけど、ブランドはぐぐっても分からなかった。画像検索すると違うかもしれない。
- 守屋さんのブログには土生さんの写真、土生さんのブログには「待っててねん」のひとこと。

石森さんは、実はクリスマスにも、街行くひとが幸せそうでいいですね、みたいに書いてて、良い子だなーと思う。
- ねるさんが日本地図を褒めたのは、長崎が大きめだからに違いない。今日、大分のちょっと偉い人に、大分は福岡長崎に次いで3番くらいの存在感ですねって言ったら怒られた。

オダナナさんの題名パンシリーズは、振り返ると「好きなパン」を聞かれて並べた翌日からなので、書き切れずにそれを引き続き題名に書いているらしい。

顔交換写真、まあたしかに顔を入れ替える方が髪の毛より切り抜きやすい。自分バカだなー。
- 写真の話からうまく、握手会前にふった携帯写真がないという話題に移行したな、と思う。同時に、壊れたわけじゃないっていうことは、データの移行とか積極的にやるスマホ得意系女子ではないのかもしれない。

尾関さんのマイペースは、なにか頭を占める考えやアイディアが浮かぶと、他のことがお留守になっちゃう感じなのかなって思う。それはバラエティ的にはわざとじゃないだけにとても美味しい。

佐藤さんは綺麗なお姉さんという感じ。
- 守屋さんも綺麗なお姉さんという感じ。

2016.05.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ171 けやかけ目安箱回

長沢くんは冒頭でタイミング間違えてオニの指やってるのが拾われて、その後の、ベリカさんにまで笑われる面白さの予告になってる。
- カメラの最後で志田さんの「せーの」って声が聞こえる気がするんだけど何かカットされるネタだったのかな。

番組が7ヶ月と聞いて小林さんが「えーすごーい」と口だけ動かしてるの好き。口だけ動かすのって、ねるさんが心理テストでやってたりもするし、個人的にもやってしまう。

けやかけは、乃木坂さんと同じでよそよりはバラドルになりすぎない、ってことでいいんだと思う。今のところ足を踏み外さずに面白さは高めて行けてると思う。
- 冒頭の台本はちょっと以前の家族アンケートと被ってる。メンバーのこと全然分からない、おとなしい、メンバーに(家族に)聞くのが一番。ちょっと捻っても良さそう。

アンケートの「出来るだけ具体的に」って大事だなと思う。初回のアンケートで「最近笑ったこと」で「友達との会話」みたいに書く子もいたわけだし。
- 長沢くんの食い意地エピソードが集まったのも、アンケートの例に具体性があって、それと似てるからというのもあると思う。

匿名じゃないって聞いて「大人ってズルい」って思ってる石森さんとかの表情好き。鈴本さんの物わかりの良い頷きもそれはそれで好き。
- 石森さんはチョコマンのところの反応も良かったと思う。

鈴本さんがメンチ切ってる表情、初期の楽屋でこんなだったとしたら怖くてみんな近づけなかったろうな。
- 顔芸コレクションありますって言ったときのメンバーの喜びようといったら、ご褒美にケーキありますレベル。
- 「新メンバーの発表時」の顔芸のところでやっぱりひとり拍手をする長沢くん。ヘリウムの「笑えましたか?」のところでも拍手してる。「長沢くんのひとり拍手コレクション」も見てみたい。
- 菅井さんのキティもらい事故感。鈴本さんの表情はメガネ合成しても似合いそう。
- 意外と一番笑いをこらえてる原田さんの優しさ。かつてのチョコマンのときもそうだった。

ヘリウムガスのくだり、齋藤さんは良く情報を足していったなと思う。カットはディレクターがするから、自分の番は言うだけ言うのは大事だと思う。
- その場でチューニングを始める鈴本さんの度胸も大したもの。体力測定のときは映ってるだけで逃げてたのに。モノマネ自体よりチューニングで笑いとってた。
- チューナー役、最終的にはベリカさんだけど、最初は後ろを向いてたので、齋藤さんが普段から笑いについてはアテにされてるんだなと思った。

今泉さんのクレしんのモノマネは文句なしに上手い。ツッチーさんが言ってる「誇張しすぎずに」っていうのがまさに適切で、そこが芸人さんとは違うところだけど、アイドルはこれでいいと思う。

赤ちゃん言葉かは分からないけど、今泉さんは声まで作って達者だなと思う。何かに使えそう。

原田さんが志田さんの暴露をするときと、ベリサさんの名前を出すときで明らかに声が変わって、ベリサさんの威圧感が伝わってきた。でも「ありえない」って先に言ってるのは志田さんでベリサさんじゃなかったりする。

志田さんが、ロックのネタをやるまえに「ワンオクさん」に絶対嫌われないように、って念を押してるのガチファンだなと思う。
- 「ほぼさっきの店員さん」ってサワビさんのツッコミはけっこう厳しいとこ突いてる。

長沢くんが食べては体重計に乗るエピソード、天然と計算とが同時に表れてて1粒で2度おいしい感じが好き。
- MCに「(もっと)食べな」って言われて笑みを隠せないの面白い。きっとメンバーみんな、こういう食の誘惑と戦ってるんだろうな。
- 朝食を残してた小池さん・平手さん・ねるさんは確かに寮組のなかでは食を我慢できそうな子たち。
- 長沢くんが上手く説明できなかったシステムをさっと説明できるねるさんはやっぱり有能。
- 東北のひとは塩分多いというし、白米に塩までは知ってたけど、おでんの卵に調味料やおかゆスプーンに塩はかなりドラスティック。上村さんの「白米は味がしないから嫌い」とかの超上級バージョン。どうりで冷蔵庫に調味料を完備してるのが自慢なわけだ。MCに「やめな」って言われてもここだけは絶対譲らないといういつにない意志が目に宿ってる。
- 米さんの説明を守屋さんが引き継いだり、グループ全体として、合図なしに上手く呼吸が合うようになったなー、と感涙する。

サワビさんの「一昨日生まれたの?」ってツッコミは、何言っても難しそうな局面で笑いとってて見事。さすがの腕前。

HUSTLE PRESSに書いてあった、齋藤さんがペンギンをdisったら小池さんにキレられた事件の詳細が知れて良かった。たべっこ動物の話自体は小池さんのブログで既出だったけど、明るいノリでの説明だったからそこまでキレてたとは。
- 育成ゲームは知ってたけど、そんなクソゲーとは。
- ダボって初めて聞いた。兵庫でヤのつくようなひとが使ったりするらしい(ちょうどいま物騒なところ)。
- 「ツラ貸せ」よりも「ふざけんじゃねえぞ」が怖くて心が痛い。


乃木中、ガチ恋に嫌われかねないリスキーな企画を持ってきたのは、うまくバラエティに持って行けるメンバーが揃ったから、という自信も感じる。星野さんみたいに具体性を出し過ぎるのに比べて、やっぱりお姉さんメンバーが上手だったと思う。バナナマンさんとか、最後の「オススメはしない」のテロップも含めて熟練だと思った。

2016.05.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ170 ブログ

初めての個別握手会、二日連続での握手会のあとなのに、どの子もタフだなーと思う。いろんな応援の言葉を直接もらった嬉しさもあるんだろうな。
- 乃木坂さん(あるいは他のアイドル)が握手会のあとにヘアアレンジや私服を紹介しているのをしっかり参考にしてる。きっと、これから行くひとも楽しみになったり、まだ売ってれば買ってみようかなってなったりしそう。
- 帰りの新幹線で相談し合いながら書いたペアも多そう。その場で一緒に書くといろいろ自分と相手の癖がわかったり面白そうだし。

平手さんとねるさんがベッドでわちゃわちゃしてる写真、ねるさんは石森さんと同室だけど、平手さんもそこに遊びに行ったりしたのかな。

齋藤さんは強い。完売なしの話題を自分から出せるし、たんに自分が悔しいですっていう形じゃなくて、ファンの方に言われて申し訳ないっていう表現を選んでいて、自分がつらいなかで読み手にどう読まれるかまでちゃんと配慮してる。

土生さんは、「みんなは1枚目に私服の写真載せるんだろうな」と読んだのか、一覧に出る1枚目に謎の3Dイラストを持ってくるという上手い外しかた。土生さんの、押しつけがましくないセンスの良さ(粋[イキ]ってこういう感じだと思う)がもっと理解されるといいな。
- 4部あたりの衣装が絶対うけると確信してるからこその1部のちょっとアート感もオシャレ好きらしいなと思う。

守屋さんの体力はほんとにずば抜けてる。いつもならともかくこの写真を並べる流れでの釣り写真には、握手をしたひともそうでないひともぐらっと来たと思う。
- 守屋さんと今泉さんが握手したらどっちがどれくらい引き感あるのか知りたいし、なんならあいだにひとり挟んで両側から引っ張って欲しい。大岡裁判みたいに。

ジュースを手渡す気の利く石森さんは、首回りがすっきりした髪型が似合うのか、いつもと雰囲気が違っていい。真面目そうだからゆるく巻いた髪の柔らかさが中和するのかもしれない。

小池さんは以前に何度も「自分から話しかけられるように」って言ってたから、話題振られなくてもいけるようイメトレ頑張ってたんやろなって思う。
- いびきを(真夏さんみたいにキャラが浸透してからでなく)今の段階でネタに使っていくのはやっぱり関西やなあと。

米さんの羊ヘアは、似合ってるのはもちろん、米さんって「外見気にかけてませんよ」っていうキャラだから、そこに「今日は明らかにオシャレに手を掛けてる」っていう情報が足されるだけでギャップからすごく美少女感が出てる。

菅井さんは、乃木坂さんが完成させたテンプレを全く瑕疵なく踏襲していて、いつもさすがの学習能力。

原田さんは題名こそテンション高いけど、内容はしっかり落ち着いて振り返ってる感じで大人びてる。
- お土産は定番の八つ橋が多いなかで、題名から「生麩」を推していくところに、京都出身やし詳しいとこ見せたろという意地を感じる。

長沢くんは、握手会を「研究」するっていうのが面白い。前に鈴本さんが「まだまだ研究が足りませんでした」って言ってたのと同じく。
- 髪型は花の髪留めみたいにも見える。
- 最近のブログ、美人なのに自信を持てないオダナナさんに可愛いって言い続ける活動みたいなのを感じて、絆が強いなって思う。
- 米さん、志田さん、小林さんの写真、どれも可愛く撮れてて、さすがはアイドルの良さと自撮りに詳しい長沢くんだなと思う。

佐藤さんは文章長めだけど、「言いたいことたくさん」って書いて確かに内容の多さで長くなってるので、それはアリだと思う。

鈴本さんは原田さんをイチオシだなんて書いてしまったので、これから「きいてきいて」攻勢を受けても仕方ない。
- 平手さんとの写真、ひとめぐり他のみんなとも仲良くしたところだろうし良いと思う。
- 翌日に「握手ポーズ」の写真を上げるあたり、やっぱり乃木坂さんのブログとかでしっかり研究してる。
- ちょうど一緒に上がったブログの小林さんも握手ポーズしてる。こういうのは早い者勝ちみたいなところもある。

志田さんの髪型は猫感あって、特に斜め上から見ると良さそう。ファンはみんな頑張って背伸びしよう。

ベリサさんの全身写真のすごく遠い感。足元見えるの嬉しいけどそれにしても遠い。もっと近く縦にっていうのは、デジカメ好きの原田さんなら当然分かるから、あえてこうしたんだろうか。
- 髪型を入れ替えるアプリとかあるのかな。


うわー、深川さんのブログでのげんこつハンバーグさわやかさんの協力っぷりすごい。オダナナさんにもぜひ見てほしい。

2016.05.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

欅坂メモ169 ブログとグリーティングメッセージ

石森さんは、「私の中の大人数」とか、自虐としてもなかなかセンスを感じて、吹っ切れたのかもしれない。下品にいじられてなんぼの芸人さんみたいなのは嫌だろうけど、いじらせつつ品は落とさないっていうラインはあって、そこならハマると思う。

齋藤さんたちが食べたアイス、Lady Borden。定番のハーゲンダッツを外しつつ、これもまたご褒美感あって、原田さんが羨ましがってそう。

佐藤さんを見てて思うのは、アート畑だと、完成した作品を見せるべきで、その質は高いほど良くて、それをファンに見上げさせ尊敬させる、っていうのが基本なんだけど、グループアイドル畑はメンバー同士で楽しくやってて、青春みたいなことしながら成長していく過程が見たいファンの欲求にも支えられてて、そこをどう擦り合わすかっていうことなんだと思う。

尾関さんとかねるさんの例からすると、今回は握手ペアとホテル同室は同じ組み合わせなのかな。

上村さんとべリサさんの写真のべリサさんテンションが高そう。原田さんがいなかったことで、物足りなさから本人が原田さん要素を発揮してそう。

長沢くんの和菓子の説明が、「あんこがはいっていて、まわりがおもちのようなモチモチした生地の和菓子」って丁寧だけどただのお饅頭みたい。たぶん小さめで切って食べるようなあれだよね。

「しおサイダー」ぐぐったら一番上に出てきた。相変わらずの、ちょっと品がいいけど少し贅沢すればお取り寄せできるくらいの絶妙なランク。ちなみに原田さんは三ツ矢サイダー派。

小林さんは、こんな日でも「ぶふぁ!って」を二度繰り返す勘の良さが光って、ただの感謝ブログ(もちろんそれがファンを増やすのに大事として)に終わらない魅力がある。
― 話が苦手だけど握手は楽しいっていうと、西野さんを思い出す。西野さんの場合、相手が自分の握手に来てくれるくらい好意的なひとなら安心して喋れるから好きってことだったと思う。
― ねるさんのいい話。小林さんは、楽屋でゲームとかしてひとりの時間を楽しみつつ、結構周りのことをよく見てるんじゃないかと思う。その辺が大人なのかもしれない。
― 名古屋、東京のファンに「忘れてないよ」って目配せしてるのも、たしかゲリラ握手会のときもそうだったと思うけど、ひとと違う視点を持ってる。

菅井さんはいつでも釣るわけでも、まったく釣らないわけでもなく、要所で挟んでくるところに上手さを感じる。

守屋さんとオダナナさんの「あ・り・が・と」写真、最後の「と」でオダナナさんがどう見ても「と」と言っていないのがアクセント。
― 新ニャーポーズをいちばんノリノリでやってるベリカさん。
― 勝手にシャッター切れたって絶対嘘ですやん。撮るよっていう直前までこんなどんよりしてる楽屋こわいですわ。
― 鈴本さんもすっかりオダナナさんの虜になってる。オダナナさんもほんとは三ケ日みかんで泣いちゃう子だし、誰かに甘えないととも思う。

土生さんの「したっけ~!」はこの前の握手会だったかで説明していて、やっぱり使っていこうということ。

他のひとと違って、京都が好きでしたとかモンキーパーク行きました、っていうのを握手会のあとで書く鈴本さん。あんまり期待を煽るのはやめようって誠実さみたいなものかもしれない。
― 集合写真のテンションがみんなすごいことなってる。緊張と興奮がドバドバみたいな感じ。


グリーティングメッセージ:
忙しくもなってきて、絵を描くのをやめたメンバーがいたりしてさみしいなかで、なぜか似顔絵を描きだした上村さん。とりあえずみんなロングヘアなのと、原田さんの顔が小さいことはわかった。

小池さんは小さく書かれた「子供の日」の旗と、大人っぽいタッチでの母の日の花とが同居しているのがユニーク。これ描きながら、先日の「家族のありがたみ」みたいなブログ書いてたのかな、と思ったりもする。

小林さんはクール目なセリフ付き(飾り付き)のフォントから一転して、太さとYの曲線を生かしたユーモラスな感じに。星があることで鯉のぼりがロケットみたい。子供の絵は小池さんとかぶったけどどっちもかわいらしくていい。

齋藤さんが「鯉」に×をつけたのでカープファンはおこです。なんて。

佐藤さんの今月のテーマは、斜めに使うということ。

志田さんは、やれば書ける上手い字と志田フォントのあいだくらい。「5月でーす」の「で」なんかはかなり志田さんっぽい。

鈴本さんは、ベタ塗りしてるけどよく見るといつものような曲線塗りが下に透けている気もする。しっくりこなくて塗りつぶしたのかもしれない。
先月はなかった犬(バム?)を模したサインが入ってる。

トムとアオコは、新聞紙で折ったような兜がキュート。

だしまきななこさんは、このグリーティングカードがあるから、ブログで何度かだっしーとオムくんを覚えてもらうための伏線を張ったんだなー。オムくんのしっぽのような割れた卵の殻がキュート。ケチャップ派という主張も見えるし、「5」もオムライス色なのが細かい。

土生ちゃんの、一番大きく描いたクマについて説明せずに「鯉のぼりを描きました」とだけ書くシュールさ好き。

平手さんの青の鯉のぼりの右下がどうなってるのかが気になる。

自分が描いたのが「こいのぼり」だと説明するのに、キャプションだけじゃ足りず矢印まで書き足してるベリサさん。

2016.05.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。