スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂さんメンバーについてブログを中心に追ったうえでの所感

この2ヶ月ほど欅坂46の子たちのブログと番組にはまって読みぬいたので、何も年末に振り返ることもないけれど、楽しませていただいた感謝の気持ちも込めて、それぞれの子についての所感をメモしておこうと思う。(気づいたら書き上がるのに8時間もかかってしまった。)

ちなみに自分は、乃木坂さんは4枚目の制服のマネキン辺りからずっと追っていて、そこでハマった理由もやっぱり良いブログを書く子が何人もいるな、というところからだった。そのときからずっと一番好きなのが深川さんの文章で、当時の自分のブログで深川さんと西野さんと齋藤飛鳥さんの名前を挙げて褒めた記憶がある。まだ三人が三列目やアンダーだった当時のことなので、それがセンターやフロント、福神に定着したいま、ちょっとは見る目があったんじゃないかなーと思ってるし、ブログに表れる国語力やマメさやファン想いの性質などは人気に大きな影響を及ぼすのだ、ということも、もう少し注目されるといいなーと思っている。

以下、個別のメモ。たぶん外れてることも多々あるけど、それなりに真剣に、愛情を持って見てる人間のいち感想としては、かなり誠実なものではないかなあと。


石森さん:
犬や猫が好きで、たぶん人間のこともひと一倍好きな子。ダンスが苦手な上村さんを励まして差し入れをあげたり、合宿では大変な役割を率先して引き受けたみたいに、とても優しい子で、ただある意味での図々しさがないからちょっとひとと距離を縮めるのが苦手なのかなと思う。ダンスは経験者らしく合宿でも上位の三人に入るレベル。スピーチは堂々としていて声もきれい。ただ、ちょっと動揺したときとかに(関東の人の耳からすると)言葉づかいが雑に感じられてしまうのがもったいないかなと思う。ブログの文章は癖がなくて温かい性格が伝わるし、ファンになったら更新を楽しみに待てる子のひとりだなと思う。


今泉さん:
歌がうまくて、バラエティ番組でも物おじしないたくましい子。苦手があるとしてもダンスくらいだと思う。ブログを読んでいても、最初は短い内容の投稿で様子を見つつ、欅坂らしいブログというのがだんだん見えてくると、そこへ近づけながらも適度にシュールさを生かした投稿をするようになって、勘がいい子なのだと思う。その総合力の高さから好きになるひとも多いんだろうけど、個人的にはこの一匹狼として有能な、だからこそ冷めた目を同世代に向けることもありそうな子が、欅坂っていう仲間に恵まれた場にどう関わっていくかを楽しみに見ていて、馴れ合う必要はないけど、余裕のある彼女がどれくらい他の子をカバーしてみせるか、それによってグループ全体や彼女自身の成長・人気にも繋げていくかが、注目のポイントではないかなーと思う。そういう意味で、完成されてるけどまだ大きくなれる子。情に厚い齋藤さんとの盟友関係はいいなーと思うし、小林さんとの歌が好きなコンビも楽しみ。


上村さん:
みんなの写メを撮り集めてブログに載せてくれる有能なカメラマンで、他のひとのひざ枕で眠ったりと、距離を縮めるのがすごくうまい子。個人的には前髪を少しだけ分けた髪型が、外国風の顔立ちで憧れる女の子もいるのではないかなと思う。運動音痴でダンスが苦手な「ポンコツ」キャラだけど、実はブログは(格調高くはないけど)国語力高くて、考えてることをちゃんと文字にできる優秀なメンバーの一人。アイドル好きの目線がわかっていて、乃木坂ブログの良さを最初から持ってる子でもある。長いというだけで読まない人もいるけど、長くても読める文章。それから声が綺麗で、かつ発音がすごく明瞭なのがいい。欅坂は声が綺麗な子は多いけど、発音や滑舌が甘い子が多いなかで、訓練したのかと思うくらいすでにラジオにのせられそうな発声をしてる。苦手なダンスもFNSのマネキンは調和を乱さず踊れていて、乃木坂愛を根性に変える力を持っていると思う。その乃木坂愛は本物で、僕も乃木どこや乃木ここは全部見たけど、知識でとても及ばないなと思う。京都案内の回いいですよね。


尾関さん:
ザ・欅坂。その意味では生田さんに似ていて、誰がセンターになっても、欅坂らしさは尾関さんを見ればいつでも確認できる。バラエティではリアクションで笑わすけど、トークを振られればちゃんと品があることが言えて、かつ番組に求められることも理解できてる。そういう意味で頭のいい子で、その辺も生田さんに似ている。でも生田さんよりずっと親しみが持てる存在に成長するだろうし、生田さんはみんなが見上げる旗印なんだけど、尾関さんはみんなの真ん中で絆を作ることができる存在だと思う。ファンからしても、一緒に欅坂(や乃木坂)を応援する仲間のような気持ちでいられるし、ブログは国語力が相当上位で読みやすいしほどほどにお茶目で妹っぽさもあるので、ファンが多いだろうなと思う。
ラジオということで考えると、トークも声もいいので、あと少し滑舌を磨くと良いかなと思う。でもそれに気づかれないくらい、いつもしっかりしたトークをする印象がある。


織田さん:
バラエティで跳ねている天然さは、根っこの性格がいいからひとに気を使わない(でも嫌われない)ところに由来するのだと思う。乃木坂の深川さんといい、「さわやか」のげんこつハンバーグを食べて育つと性格が良くなるのだろうか。メンバーからも愛されているのが分かって、縁の下の力持ちのような役割を担ってるのかなと思う。あと意外と気づかれていないけど、低めの声がお腹から出ていて滑舌も良いので、歌の音域バランスや、複数人が参加するラジオには貢献するメンバーになると思う。
ブログについてはあんまり言うことはなくて、わりと短めだし、意外性や笑いを狙っているわけでもないので、文章だけとしては(他の子が読み物として成立してるなかでいうと)平凡かなという気がする。ただ、それでも素っ気なく感じないで温かみさえにじんでいるから、これは本物の純朴さだなと思うし、ファンならホッとさせられると思う。


小池さん:
欅坂でも一番女の子っぽい雰囲気を出しているけど、それだけではなくてとても文章がうまい、欅坂で最も、何を書かせても読めるものにしてしまう子。擬音だったり、絵が得意だからこその細やかな描写だったり、間をおいての繰り返しだったりで、いくらでも話を(盛るのではなく)膨らませることができて、読みやすいからついつい気づかないけど、読み返すと「一文がこんなに長かったのか」と驚かされることが多い。同じ関西弁の米谷さんとはこの点で対照的。個人的にはブログの更新をすごく楽しみにしているメンバー。レベルの高いブログだからこそときどきもったいないと思うのは、ファンへの働きかけ方がときどき過保護な母親みたいになるところ。小池さんは賢い子だけど、ファンは年上が多いだろうし、それぞれの考えを持ってる人も多いから、もう少し提案みたいなトーンにした方がいいかもしれない。
 ブログ以外だと、喋りはゆっくりだけどトークの質も高いし、声は文句なくかわいい。関西弁も生きてる。絵も字も上手くかけるので重宝する子だと思う。実は運動やダンスも動きを見る限り、たんに訓練量が足りないだけで素質は悪くないように思う。おっとりした雰囲気の割に足を引っ張らない子だと思う。


小林さん:
この子は人気が出ると思う。ブログは国語力が高く、小技とユーモアが効いて文章好きにも受ける一方で、クドさだったりはなくて写真ものせてるので、(こう言うとあれだけど)あまり読解力がないひとにコンプレックスを感じさせて、「退屈」とdisられる心配のないものになっている。乃木坂さんの人気のあるブログにテイストが近くて、それを高一で書いてるんだから文章力あるなと思う。押し付けがましくないけど、親しみを感じさせる文章で、いい具合に無駄な情報があるというのは、アイドルとしては大正解。
バラエティなどでも、守ってあげたくなるような儚さは出ているけど、苦手なジェットコースターも頑張って乗っているので、めんどくさくない、嫌われない能力が高そうで一度ついたファンが幻滅せずに長く応援できそう。声が小さいのは改善の余地があるけど、声質自体は柔らかくて深夜のラジオに向いてる。歌はもちろん、ダンスも合宿の動画を見る限り経験者かと思うくらいうまく、運動もできる方で、お洒落で小顔でスタイルもいいから女性人気も付いてくるはず。儚さとカッコよさを兼ね備えられたら、ずっとフロントでもなんら不思議ではない。


齋藤さん:
バラエティメンのように思われてるし、たしかに辞退者が出たせいで空いてるその枠を埋められるのは彼女しかいないんだけど、たんに面白い子として捉えるのはあまりにもったいない子。ダンスもうまいし、性格もいい。たぶん喋りはホントはもっと得意なんだけど、言葉遣いをより上品にするため努力してる過程なんだと思う。無意識に欅坂らしい言葉が出てくるまでの辛抱だし、乃木坂のメンバーを見てもみんな洗練されていったから心配はない。周りがよく見える子なのは、すでにトークの回しでも活躍してるとおり。12/31のブログですでに他のメンバーのルックスだけでなく声の可愛さに気づいてるあたりも注意力が高いなと思う。なんの仕事をさせてもうまく行くだろう要領と性格と、なにより可愛げがギャップとしてあると思う。個人的には欅坂で有数の可愛さだと思う。
ブログも一番丁寧に書いてるメンバーの一人で、今まで使っていた言葉遣いとの違いを考えると驚異的な努力をしてると思うし、それが徐々に実を結んでると思う。本人が、バカじゃない(けど数学と理科と社会が苦手)と書いてるとおり、国語力は高い。熱さやネガティブさも見せるけど、それを一歩引いて、読み手にどう伝わるかを考える賢さがあるので、ファンは増えるし、アンチはつかない。齋藤さんみたいな、元気がいいけど、痛みが分かって仲間を大事にする子をしっかり選んだのは運営の大手柄だと思う。



佐藤さん:
イラストやデザインの腕前はほんとうに美大生らしく、アイドルの余技というくくりでは勿体ない。技術もそうだし、自分の中からきちんと表現を生み出している感じがある。高校から美術系に進んだだけのことはある。足が驚異的に長くて、ダンスもしなやかな動きができるから、欅坂のなかでも存在感のあるダンスができると思う。滑舌はふにゃふにゃだけど、リアクションが大きめなのでひな壇に置いておいて目立つし、司会者にとってもありがたい存在だと思う。適度に勘が良く、適度におバカかなあと思う。
ブログは、書きたいと思うことに今はまだ文章力が追いついていないかな。意識の高さは立派だし、いろんな特技からそれが本物なのも分かるけど、それを文章で美しく表すのは誰にもできることではなくて(絵ほど意識されないけど文章にも巧拙はあるので)菅井さんや小池さんくらいかなと。絵や写真が得意でファッションが好きなので、乃木坂のまりっかさんみたいに視覚で見せていくことを目指すのも手だと思う。


志田さん:
この子が一番、謎の多い子だなと思う。その謎な感じがなんとも魅力的で、たぶん不思議な感じに翻弄されているうちにファンになるひとも多いと思う。ステージに立つと、激しい動きはないけれども目を引く存在で、柔らかくてレガートな動きは曲によってすごくきれいに映ると思う。運動も全般にできて、人見知りながら面白いことを言うし表情も豊かなので、前の方に置きたい気持ちも分かる。ネコっぽい気ままな感じなので、たまに見せる優しさもギャップのようで魅力的なのかなと思う。声は、ボソボソと喋るときはあれだけど、実はかなり可愛くて聞き取りやすいと思う。
ブログは欅坂でも随一のシュールさで、そのシュールさ自体は狙いを外していないのでセンスはあると思う。ただ、あまりにそれ一本で、一文の長さが短いので飽きる部分も出てくるというか、ときに違う文章も書けるんだぜ、というのをネコらしく気まぐれに示してくれたら、緩急が生まれてより面白くなるかなと思う。


菅井さん:
この子は間違いなく推すに値する魅力的な子で、だからこそ推すかどうか迷わせるところがある。本当に性格が良くて、笑顔も良くて、坂道系が「上品」を目指すなかで、むしろ降りてきてようやくその「上品」なのかなと思うくらいの品が備わってる。欠点は、ファンが推してあげないとこの子は駄目なんじゃないか、と思わせる弱点がないことだけである。とはいえ万一人気が出なければ、その不人気だけで十分推す理由になるので、アンダーからは一番遠い存在。あと少し滑舌が甘いけど、本人が気にするほどではない。声は、このメンバーでも話題になるほどに可愛い。
ブログの文章も、文系の女子大生としても高いレベルにあって、情報などの通知文も安心して任せられる。しかもそれが自然に書けているので、他所の番組などでトークさせても、緊張などで言葉が乱れる心配がない。それでいて、文章には適度に彼女らしい口語や、彼女独特の表現もあり、茶目っ気もあるので親しみも感じられる。やはり欠点があるとすれば、「だらしないけど、そんなところも可愛いな」と思わせる、信者になるためのハードルが存在しないことくらいだと思う。欠点も含めて好き、っていうファンは離れないから。


鈴本さん:
この子はE-Girls好きで、タイプもどちらかと言えばそちらなのかなと思う。それは欠点ではなくて、例えば齋藤さんが46より48に向いてそうな要素があっても、逆にそれが46で活きるみたいに、鈴本さんのダンスのうまさや外見のカッコ良さ(というより美形)は欅坂でより引き立つ。トークがいまのところ苦手らしいので、そこが改善されれば、リアクションは大きいし、平手さんに慕われたり、他の人の誕生日にプレゼントする人柄は、ぶっきらぼうながら愛されると思う。
 ブログは、日本語の上手い外国人が書いたのかと思うくらい、無駄なレトリックのようなものがなく、言葉=情報みたいなところがある。官報を読んでるわけではないので、少し物足りないかな。イラストが意外と好きだったりするようなので、その辺も積極的に出した方がいいだろうなと思う。


長沢さん:
この子はネガティブ、とは本人も周りも言っていることで、テレビでも伝わってくる。ただ、それは理想が高すぎるだけではないかなと思う。ベストではなくベターを目指していけば、スラッとしてメイクが栄えて、お嬢さまっぽさもあり、頭も良いので、ダンスと運動を除けば十分にひとから憧れられる魅力を持っている。最初は、二列目・三列目でも「欅坂って層が厚いな」と思わせる存在になったり、「よく見ると可愛い子いるな」と新規のひとを引きつけたりすれば、だんだん人気は増えていくと思う。他の子と違ってはっきりと、楽しみな活動が「握手」と言っているのも武器になると思う。いつか自信を付けたときが本当に楽しみ。
ブログは、丁寧な文章が書けていて、だんだん親しみも持てる感じが出てきていてよいと思う。彼女も、天然ながら空気が読める子なので、欅坂らしいブログにアジャストしてきたな、と。ただここでもネガティブさが出ていて、ほかのアイドルさんを褒めすぎてるかもしれない。メンバーならいいけど、あんまり崇拝する対象を増やすと、ファンから見て「他ではないこの子を推そう」と思う対象になりにくいかなと思う。謙虚さが欅坂の売りなんだけど、どこかで「私が一番魅力的(にいつかなれる)!」という自信は持っていて欲しいな。


土生さん:
背が高くて目がぱっちりしている。この辺は一目で分かることで、じゃあほかの部分はどうなのかというのをだんだん知っていくのがファンの楽しみで、ブログの更新頻度が少ないのがネックなんだけど、ユーモアやお洒落のセンスを見てもなかなか面白さをうちに秘めていると思う。たんに綺麗で目立つ、だけの子ではない。アニメ・ボカロ好きは武器にも弱点にもなるかな。でも固定ファンは付きやすいし、このまま押していけば良いと思う。声は可愛くて、乃木坂にいた大和さんに似ているという評判も、彼女がラジオドラマに抜擢されたことを思えばプラスと思って良いと思う。ただ、やっぱりちょっと舌っ足らずかな。
ブログは更新が少ないのと、長文があんまり無いのがネックだけど、嫌みの無い独自のセンスを持っていて、友達になりたい感じがある。パッチリした目とかで最初からオーラがありすぎるところがあるから、これははっきり長所かな、と思う。


原田さん:
まあ本当に、誰もが妹に娘に欲しいと思うくらいまっすぐ育った子で、将来が楽しみ。声もかわいいし、ダンスもバレエの経験があるうえに憧れがE-Girlsの子だから、かなりいけそう。頭の回転が速く、司会から振られればちゃんと答えるし、目の動きでも表現ができるので使いやすい。趣味の料理も写真を上げてくれるし、ほっこりするエピソードも多いしで、たぶん一推しでなくてもこの子のことは温かく見守りたいな、というファンばかりでないかと思う。
ブログは、最初は最年少()らしい思いついたままの文章で、個人的にはその「○○するん!」っていう言い回しも含めて好きだったけど、あっという間に成長して、いまではブログメンと言ってもいいくらいの質に。図書館に行って料理の本をたくさん借りてきたって書いてあったけど、以前から普通の本も多少は読んだんじゃないかな。それからいつも相手を選ばず喋ってるのも、言葉を磨く役に立ったんだろうなと思う。食べ物のことばかり書いても面白いくらいなので、これからいろんな経験を言葉に記していってくれるのかな、と思うと楽しみで仕方ない。


平手さん:
センターになるに相応しい子で、顔は小さいし、声と考えも落ち着いていて頼もしい、でも最近は年相応なところも見せている(鈴本さんのおかげもあるだろうな、と思う)。最年少にして、喋れて、運動ができて、ダンスもできて、謙虚な子なので、どうやってこの子をつぶさないで育てられるかということに欅坂の将来が懸かってると言ってもいい。
実はブログを見ると少しだけ心配があって、最初のころのほうが内容が豊富で弾んでる感じがあって、最近はかすかな差だけど、広がらない文章になっている。もしFNSでセンターに立ったことが大きなプレッシャーになってしまったのであれば、しっかり周りがサポートしてあげて欲しいなって思う。14歳っていうのは、若すぎてかえって大舞台におじけないこともあるけど、平手さんは20歳と言われるくらいに大人びていて、大人びたって言うことはひとより感じやすかったということだろうから、眠れないほどの重圧を感じたんだと思う。平手さんは欅坂の顔なので、そこからは楽しさが溢れていなければいけないし、おとな扱いし過ぎないことも大事かな。


守屋さん:
ダンス以外は弱点がない子。最初テレビに出てきたときは、つっけんどんな感じだし、司会から話を振られても真顔で反論するしで、負けん気が強すぎるのかなと思ったけど、表情に余裕が出るにつれて性格も良いんだろうな、最初はほんとうに緊張してただけなんだな、と分かってくる。そうすると、見た目も良くて運動も得意なので、あとダンスだけ頑張ってもらって、外部の番組で「あ、欅坂、魅力的かも」と思ってもらえる看板になって欲しい逸材だと思う。
ブログを見ても、強気というより意識が高い可愛い・綺麗な女子という感じで、ほかのメンバーにも慕われている。親しみやすい文章もちゃんと書ける子で、よくこんな逸材が転がってたなという感じがする。ほかのピンで採るオーディションでも最後まで行ったという話を聞いたけど、それも当然だなと思った。もしかすると、そちらではなく欅坂に決まった最後の一押しが、ここの運営が重視してる性格の良さなのかもしれないし、天職だと思ってキラキラ輝いてほしい。


米谷さん:
この子はネアカの理系女子で、運動もできるし、根性もありそう。性格もすごくいい。トークも、物怖じせずに喋れる数少ないメンバーで、まだ15歳なのを思うと将来が楽しみ。敢えて高いレベルだから苦言すると、自分が喋りながら笑ってしまうよりは、相手が笑うのを待って、笑わなかったら足していくような技術を覚えるのと、声がお腹から出てないことを克服していくと、より上のトーク要員になるだろうな、と思う。大食いキャラも合っていてよいと思う。見るだけで誰もが元気になれる子になって欲しいし、なれると思う。まだ原石だから、少しずつメイクが上手くなって磨かれていくのを見る楽しみもある。
ブログもかなり注目で、これぞ理系なんだなという無駄な言葉のなさはほかのメンバーと一線を画している。何人か、言葉を膨らまさないで情報不足になってしまう子はいるけど、米谷さんは観察眼があっていろんなものから書くことを引き出すから十分な分量になる。小池さんがツッコミが上手い、と書いていたのも理解できる。このままでも個性として十分なんだけど、これも15歳だから言うと、もし無駄な情報の多い小説をいくらか読んで、そういうおまけのような言葉でリズムを作ったり伏線を張ることを覚えたら、さらに文章が上手くなるかなと思う。それだけの資質はある。


渡辺梨加さん:
最初よりだいぶ姿勢が良くなって、美形がはっきりした長所になってきた。バラエティでは置物になってしまうけど、ここまであからさまだとかえってファンも、「この子は身内の番組では喋れるのに余所だと借りてきた猫だ」というストレスがたまらないので良いかもしれない。集団作業で足を引っ張るのでなければ、欠点さえ極端なのはいいことかもしれないな、と思わされる。さいわいダンスはできそうなので安心できる。むしろバロメーターというか、彼女が「みんな優しくて楽しい」と言っていられるグループであることを確かめるための重要な存在になると思う。
ブログについては以前書いたとおり、上手くはないけど別に癖はないし、ユーモアもあるので、ゆっくり書けば問題は無いんだな、と思っているし、ファンもそれ(+写真)以上のことは求めないと思う。


渡邉理佐さん:
落ち着いていながら美形で小顔でスタイルがよい、ということで「発見」したいタイプのファンからじわじわ人気が出つつある子。おっとりしているけど運動ができて、負けず嫌いなのはギャップのようだけど、女子バレーをやってたらしいので、そこではデフォである(テレビでやってるバレーの試合のインタビューなどを見てみて欲しい)。原田さんが一番慕っていて、理佐さんの使う顔文字を真似てるくらいなので(ひとは仲良くなると相手の言い回しが移るというし)、性格の良い子なのだと思う。バレー女子はわりと趣味が浅かったりするんだけど、ここから何か面白い趣味をひとつふたつ見つけたりすると魅力が深まるだろうなと思う。
ブログは一番シンプルで当たり障りがないことで有名だけど、最近は少しずつ面白さを出そうと試行錯誤していて、その姿勢はいいな、と思う。もともと感性が足りない子には限界があるけど、理佐さんはユーモアセンスはあるので、少しずつ手応えが出てくるのではないかなと思う。実は成長を見守るのがアイドルを応援する醍醐味という意味では、このブログを結構楽しみにしている。


長濱さん:
この子はあとから加入したという以上に、なにか枠にはまらないところがあって、まだつかめないところがある。ブログを見ても、自由な感じもあれば、落ち着いた文章を書こうとしているときもある。完全には文体を使いこなせていないので、本を読むタイプでもないのかなと思うけど、やっぱり頭の良さは感じる。リアクション回で挑戦前に余裕と言ってみる辺りも、バラエティ的に正解なんだけど狙ってるのか天然なのか分からない。でもその辺の曖昧さが、高校生の、大人になりかけの子にしか出せない魅力かも知れない。長濱さんの好きな乃木坂のまりっかさん的に言えば「セブンのティーン」である。いろんな素質が見え隠れして、どれが開花して、咲かずに終わるのか分からないけど、笑顔がアイドルらしいというその点が一番の魅力だし、正義でもあるかなと思う。いつまでも枠にはまらないような、といって破天荒というわけではなくて落ち着きがあるような、不思議な常識人であって欲しいなと思う。

2016.01.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。