スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Here we go!! 春香・ 伊織・やよい 反抗期version



昔の作品について語っておこうという趣旨だったのをすっかり忘れていました。
実際、そろそろ振り返っておかないと、自分でもどこに自分なりのこだわりが
あったのかを思い出せなくなりそうです。

この反抗期versionは、1週間の休みをじっくりと使って作ったもので、
それだけに色々なアイディアが詰め込まれていると思います。
当時としては、
1.m@ster version を使っている(つまりフルコーラスサイズ)
2.メタル風(テクノ系が主流な中で別の方向性が出したかった)
3.ラジオの音素材を使用
4.16:9から4:3に割りと自然に動画のサイズが切り替わる
  というより、フレームに見せた黒枠部分を白くするという異化作用
5.カットインエフェクトの使用
などなどは、割と珍しかったのではないかと思います。

もちろん、それができた一つの大きな理由はstage6に高画質で手を加える必要がない
maszushi氏の映像が合ったからで、だからこそ積極的にいじって行けたわけです。
例えば、誰にも気付かれていないと思いますが、1:22秒くらいから、間奏で
伊織がセリフを言う場面では内面描写っぽく円形のぼかしをかけたりしています。

そうそう、誰も気付いていないという意味で言えば、曲の最後、全キャラが
「大好き!」と言うわけですが、これは本当は2番のサビ前のセリフです。
そこに春香の「駄目です!」(これは、「携帯の待ちうけなんて恥ずかしいから『駄目です』というつもりでしたが)
を持ってきたことで、最後においしいセリフが移せたわけです。
ちなみに、少々無理ながらその後原曲のラストにつないだのは、左右からの笑い声が
歌声りっぷなどでは消えてしまって、春香だけ笑うというシュールなことに
なってしまうのを回避するためだったりします。

後、誰にも気付かれないシリーズで言うと、最初のやよいの「くたばっちまえ!」
は、元音源だと音が被っていて、「く」の音が上手く使えなかったので、
手前をフェードインにした上で、他所から「k」の子音だけ持ってきて
重ねています。割と自然に「く」の音に聞こえるのではないかと思います。

ちなみに、白春香好きな私としては、これは黒春香というわけではなくて、
ほんの少しわがまま言ってしまったけれど、反省してやっぱりいい子、的な
アイドルの王道からはずれていない方向性で作っています。
学芸会verの亜美のいたずらと同じイメージですね。

個人的には、ギターの演奏が特に後半雑で、音量にむらがあるところに
不満は残りますが、あの時自分にできたことはかなり詰め込んだ
力作だったんじゃないかな、と思っています。
タイミングが悪かったか、単にこの方向性が受けなかったのかな、と。

2007.11.02 | Comments(0) | Trackback(0) | マイ動画リスト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。