欅坂メモ94 サイレントマジョリティーMV1

これからまた何十回、何百回と見るつもりだけど、とりあえず最初の感想はそれはそれで真実なものなのでファースト・インプレッションをメモ。

平手さんのセンター感:
これについては前に2/10にこう書いたときから何にも変わってない。まあ今さら野球に例えることもないんだけど。

>将来性で推しを考えるのは野球ファンも同じで、ドラフト下位から一流になる過程が見たいんだけど、
>ちょっと平手さんだけは例外で、欅坂っていう最有力球団の一位に指名されてなお、まだ過小評価という感じがある。
>センター候補を推すのってミーハーだけど、それでも10年後に振り返ったら
>よく原石の段階で推してたなって言われそうなくらいの逸材。

しいて言えば、もう原石ですらなくなってしまった。これだけ一人にMVの出来が左右されるシナリオを描いた期待の大きさもさることながら、余裕でそれに応えてる。左右に鈴本・今泉っていうセミプロを用意してなければ段差がありすぎてMVがまとまらなかったくらい。

歌詞:
丁寧に読む段階でなくても、これが政治的なメッセージを込めたものなのは分かる。とくに二番は曲のメロディに詞が全然あってなくてダサい、んだけどそれだけメッセージのほうが言葉として保たれる方を優先したのだと思う。明らかなサイレントマジョリティー批判の詞と言っていい。恋愛禁止アイドルにマネキンを歌わせたのと、グループアイドルに群れるなと歌わせるのは同じ発想に思える。敵が大人っていう構図も同じ。

曲:
詞があるところのメロディは評価が高いのも頷ける(個人的には、もう少し歌いやすいとなおいいと思うけど。)音作りの説得力で、かっこよさを作れている、そこが一番の魅力で、編曲がすごくいい。でも1番と2番の間とか、2番の後のインストの部分はめっちゃダサい。そこだけ跳ばしたいくらい。

振り付け:
賛否両論あるだろうと思う。素人あがりが半分以上を占めるわけだから難しいフリはできない、その中で明白なメッセージを持った詞に合わせて、女子のかわいさを武器にせずに作ろうとしたら、こうなったのでは。たしかに全員が揃えてのサビなどにあまりに既視感のあるフリがあるのはマイナスだけど、2番の詞に合わせたマス・パフォーマンスっぽいところとか、最後のサビで敢えてタイミングをずらして平手さんが腕を振り上げるところ、1番のサビ前、どれもすごく好きで、メッセージ性を込めたフリは全部ハマってる。
あと、この振りについてひとつ言えるのは、一見すると平手さんがプロテスタントで立ち上がる、大人たちに反抗する群れという構図なんだけど、2番で平手さんの言うことを聞いてマネするだけの群衆役として他のメンバーが戯画化されてるとおり、(平手さんを除いた)メンバーがみなサイレントマジョリティー化してしまっているという表現でもある。つまり、反抗が群れとなって力となると、またその群れのなかに従順が生じてしまうという矛盾を描いてる。

MV:
振り付けのこの意思を拾った表現として、平手さんのソロでのダンス練習を全体がなぞるという映し方をしてるけど、これはみんなが平手さんの意思に従ってるだけの人形だ、ということ。
全体としてはそんなに奇をてらうことはなく、平手さんを完全なスターとして描ききったので良いと思う。
いろんなところで、わざと入れているズレがどれくらい狙ってるのか分からないけど、Cメロで小池さんがこっちを向いてるのは100%ディレクションで、するとCメロの入りで尾関さんがこっちを向いてるのもたぶん指示。「何をためらうのだろう」で齋藤さんが足踏みずれてるのはどうだろう? と思って間奏を見てるとオダナナさんが2:52のところで一人だけ回転してない、つまりどちらも左端の一人だけついて行けない(不服従)、という演出なんだろうな。

細かいことは続きで書きます。

2016.03.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索