スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ100 カウントダウンライブ2 サイレントマジョリティー

100回。

自分が曲や動画を作っていたころ、直接の感想も嬉しかったけど、エゴサーチとか何かのきっかけでふと目にする感想が嬉しかった。直接の関係を持たない、ファンコミュニティに属して周りの目を気にしたりもしない感想がこの世のどこかに書かれてるっていう事実がすごく好きだった。
だから、いまこんなところに、誰に読まれるとも知らず書き続けているんだけど、100回書いたらさすがにただの気まぐれでなく、そういう意志の証明になったかな、と思う。もちろん、それだけの刺激を日々くれる欅坂さんのおかげであって、僕の功績はそれくらい応援したくなる存在を、わりと早くに見つけたことくらいだけど。


サイレントマジョリティー:
引きのカメラで走り回ってるところの、誰がどこからどこまで走って行くのかを繰り返し見るのがけっこう楽しい。中央にいるのはMVとは違って菅井・守屋さん。三列目の上村・長沢・さとしさんが中円に入って、土生・ベリサさんが外円。個人的には米さんが、最前列中央で高いジャンプをしてから大回りして、最後に右隅まで全力で走りながらポーズ決めるところがすごく好き。

「先行くひとが」のところで土生さんの手が明らかに違うフリなんだけど、背の高さが違うなか手先の高さを合わせようとした結果かなー。まあ、でもMVの豊富な「ひとりミス」感をよく表していてあんまり嫌いではない。

守屋さんと菅井さんのペアは、二列目でダントツの全力感があって、まあミスもあるんだけど両方含めていいペアだと思う。ライブ後半のダンスパートで平手さんの両脇を任されたことからも分かるとおり、パワフルさで平手さんに張り合える貴重な存在。菅井さんは特に、平手さんを見て研究してるだけあって、その見得のようなカッコ良さも学びつつあると思う。(「選べることが大事なんだ」のところの守屋さんは、否応なく目が行くので、頭を下げるのは手と同時まで我慢したほうがよいと思う。)
-ちなみに二列目でこの二人の次に力強いのは実は尾関さん。未経験のうえ小さい身体でほんとうによくやってる。ちょっとコミカルなところもあるけど。

小林さん・志田さん・ベリサさんは、必死感を出さないザ・クールなトライアングルで、横の石森さんも含めて柔らかい動きなのでここはここで好き。志田さんはさすがにもうちょっと動いても、持ち味損なわれないと思うけど。「初めからそう」のところとか、もう少しひざを深く曲げてもいい気がする。

二番サビ前の二列目がフォーカスされる部分、左右でまったくズレがなくてほんとに感動する(強いて言えば、4つめのポーズで志田さんが両手を突き出すのと尾関さんが開くのとが違うくらい)。横に抜け出す三列目も含めて、揃えるために死ぬほど練習したんだろうなー。

二番の直後の間奏でポーズ取ったままリズムだけとるところみんないい表情でカッコいいけど、なかでも志田さんと今泉さんが客席向かないのが良いアクセントになってる。上村さんはいつも楽しそうな表情になっちゃうのは、まあ個性かな。

齋藤さんはロボットダンスとか、わざと目を引くようタメをつけてやってる。石森さんのほうが全般に滑らか志向で、二人のダンスは上手いなりにけっこう差があると思う。

腰を左右に動かすモーション、MVのときより後列もだいぶ改善されてると思う。上村さんも動けてるし。まあ、あそこはそれぞれにできるかたちで合わせてるから、肩を左右に動かせるひとと、背骨が軸の旋回だけのひととに分かれたりしてるけど、それは仕方ないか。

2016.03.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。