欅坂メモ114 ANNR

平手さん・石森さん・長濱さんの抜擢と、追加としての原田さん・菅井さん・土生さん。やや声質が明るめで通るひとを優先しているのを感じる。まだ喋れるか分からないなかで、確実な加点要素である声に注目するのは理解できる。
- 二回前のANNRのときに「次回はぜひ米さん、齋藤さん、原田さん、ねるさんを呼んでほしい」と書いてて、ねるさんと原田さんはやっぱり着実に結果残したなと思う。米さん・齋藤さんはいずれチャンスが来るだろうし、ライブでも喋りの片鱗は窺えたから楽しみにしよう。

平手さんが次回からのパーソナリティということもあって、組んだ二人は仲が良いひとのなかで喋れるひとを優先したのもあるかな。実際、息が合っていたし、平手さんものびのびやっているのが感じられた。サイマジョの呼び方を「マジョ」にする、と言ったところなんか中学生っぽかったし、レギュラーのラジオパーソナリティを告げられたときも素で驚いてたし。平手さんと原田さんの素の感じが、今回楽しめた。
- 平手さんの絶叫の、最後に曲名で高音でヤケになってる感じの声好き。石森さんの、ねるさん歌マネも好き。
- サイマジョのイントロ終わったところのポーズが欅の葉っぱというのは知らなかった。知らなかったし、あれはじっくり見ても説明されなければ分からない。それでいいと思う、全てのフリが分かりやすい必要はないし、見る側は分からないなかで自分で想像して意味づけをするので。
- 平手さんくらいの年齢でダイエットはしなくてもいいと思うけど、写真に抜かれること多いし仕方ないのかな。まあ、乃木坂さんの寮組を見ても健やかに大人になってるし心配要らないか。
- 平手さんくらいの年齢で歌舞伎町はいかなくてもいいと思うけど、心配要らな…いや、要る気がする。特にいま暴力団の抗争があそこでも起こってて、巻き込まれかねないし。
- 干し芋って炭水化物なうえ水分減らしてるから、当然カロリー高い。「カロリーも低いの!」って断言されるといやそりゃありえない、って思う。石森さんは喋れるけどこのポンコツ要素がいつも不安。ちなみに欅さんの健康食の話題で当てになるのは原田さん。この子はよく頭で考えてるし、疑問に思ったらちゃんとしっかり知識のある親に聞くので、正しい理解ができてる。
- ねるさんの長崎トークに対する二人のあしらい方はすごく上手かったと思う。あれくらい、「別に行きたくないなー」って態度を取ってくれるほうが盛り上がる。
- 「お香」を「おこ」って読むのは、まあ長沢「菜々香」が「ななこ」だから。
- 実はねるさんもちょくちょくミスはしてて、「整骨院」もそうだけど、「カミングアウト」っていうのは他人の秘密には使えず、自分のことしか使わない。でも、この言葉自体知ってるのは大したもの。

原田さんと小池さんのところはもう何度も繰り返して聞いてる。これは、何かメモを取ろうとかじゃなくて個人的な趣味です。
- 原稿自体の悪のりしてる感じもいいし(小池さんに守って欲しいルールとか、「ベルなんてきっと鳴らないと思います」とか)、それをちゃんと理解してる二人はやっぱり賢い。
- 原田さんのしゃべりのひとつの癖は、「ので」とか「けど」を同じ文で繰り返すところ。あと「ひどいー」も口癖。それはともかく、「うそつけー!」って好きで繰り返し再生してしまう。
- 原田さんが、その場にいない「莉菜ちゃん」やみいちゃんは話を聞いてくれるって言ってて、上村さんが、みんなに相手されてない葵ちゃんの話を聞いてあげる、ってブログで言ってるとおり。優しい。
- 原田さんの「鳴らしすぎだよ、絶対おもしろいと心のなかでは思ってるのに、敢えて鳴らしてるでしょ」←この自信好き。あと「敢えて」とか前のけやかけでの「後日」とか、ちょくちょく大人っぽい言葉遣い出てくるのも魅力。
- 小池さんが「その話100回くらい聞いた」って言ったあと内容説明したら、「そうそうそう、覚えてくれてるの、嬉しい! ありがとう!」って返すのも面白い。
- 小池さんの「あ~ら~」も好きな口癖。
- 「もうちょっとさ、短縮できなかった?」「できない、ひとつひとつ話したい話があって話してるんだもん」←これも好き。なんか無駄に重ねてるところに強い意志を感じる。
- 「お母さんに返しに行かせた」って表現の、半端に合ってる感。なんか「お母さんに」っていうと「返しに行ってもらった」が子供らしく正しい気もするし、身内だから「返しに行かせた」自体は正しいし。「母に返しに行かせたのですが」なら正しそう。
- 「お小遣いで払わされたんだー」っていうところの低い声すごく好き。これも何度も聞いてしまう。
-小池さんは、ブログでは「ケチャップ派です!(…)敵対視しないでくださいね!」って書いてる平和主義者なんだけど、番組では他のはありえへんわってアングルを取り入れて盛り上げててさすがやなって思う。寒くて歯がカタカタなるのが楽しいのが世間の常識みたいなフリして「うそでしょー!」って煽るのも(原田さんの冷静な反応も含めて)面白い。原田さんの「モコモコ星人」も好き。
-小池さんの「ほんまに? 嘘や-」に対して原田さんが「ほんまほんま」ってたどたどしく言うのも好き。
-我が家はすきま風が入るのでっていう原田さんの家が気になって仕方ない。
-小池さんは、原田さんとのこういうコーナーなのに自分も来るかなとネタを用意しておかなかったのだけが油断やったかな。話を遮られたときの反応は、最初のANNで「むー」ってなるのが見られる。

土生さんと長沢さんのトークは、まあ一般的なリスナーからするとつらいかも。1.5倍速くらいで再生するとけっこう楽しい。
- 土生さんは、嫌われなさが魅力で、気も利くんだけど、回しをするタイプじゃなくて、補うタイプだよね。長沢くんはポテンシャルは発揮していて、飛び道具タイプなので、正当派がいる場でならこのままで貢献できるから大丈夫。誰かが長沢くんにツッコミながら進めて、ちょこちょこ土生さんが挟まれば面白いと思う。
- しかしエッセンスって分からないものなのか。ちょっとびっくり。ねるさんがときどきメンバーに「え、○○知らんと?」って言う気持ちも分かる。でも長沢くんの「調べとこう」はほんとに調べそうだから心強い。
- 長沢くんは最後の感想でも、土生さんにガールズアワード頑張って欲しいって言ってて、土生さんが長崎行きたいって言ってるのも合わせて、優しい子らやなって思う。

菅井さんとオダナナさんのところは安定して面白い。菅井さんはいじられ上手だし、オダナナさんもツッコミ役なのに好感度があがるすごい腕を持ってる。最優秀パーソナリティはこの二人、特にオダナナさんが選ばれてもいいけど、前回選ばれたからね。小池さんは逆に前回選ばれてもいいくらいだったから、合わせ技で。
- 「私の身分じゃ(乗馬は)できないかなー」とか上手い。「ジャグズィー!」って煽り方はけやかけでの芸人さんの技をちゃんと盗んだ感じ。「お風呂でミカン」もいい。
- お父さまって父親を呼んでるひとは、周りでは見たことないなー。幼稚園の頃からっていうから、お受験用に仕込まれたのかな。
- トムさまは人気なのわかる。賢いし、写真に撮られるのも上手いし、アイドルに必要なものを(減量の努力以外は)みな備えてる。
- 「ごきげんよう」はライブでもそうだったし、積極的に使っていくんだろうな。お似合いです。
- 菅井さんと原田さんの食の趣味が合うのは分かる。二人とも舌が育つようにきちんと配慮した食を経験してるから。
- オダナナさんは最後のひとことのところでも愛されてるな、と思った。

2016.03.27 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索