欅坂メモ117 けやかけ芸人回前半

最近、PCとかスマホを併用して書くから、下書き状態で保存しておくことが多いんだけど、完成してドヤ顔で更新したつもりがずっと下書きになってて、自分で読み返そうとして気づくと恥ずかしい。

ねるさんのブログタイトルはずっとおそらく好物なんだけど、なめこは先日の小池さんブログで出てきててタイムリー。


けやかけ 芸人回前半:
若い女の子は芸人が好き、しかし必ずしもアイドルファンは芸人を好きではない、というジレンマを抱える企画。特に女性や子供に人気の一発ギャグなんかだと、何が面白いか分からないのにウケてて悲しくなったりもするわけだけど、メンバーの普段見られないノリや笑顔を引き出せる企画でもある。
- 余談だけど、小池さんが好きな芸人に挙げてたバカリズム・アンジャッシュ・陣内っていうのは、成人男性にも面白さが理解されやすいタイプ。

冒頭のカメラは、前回よりみんな準備ができてる。マジョリティじゃなくてきつねっぽい手のポーズとかにゃーぽーずとか(今回はペリカさんも一緒)、ゆいちゃんずは先週に引き続き何かやってて、小池さんたちのはラッセンらしく、そしてザ・クールのところは、米さんや石森さんもいるとはいえバコーンで大声出しててよく頑張ってる。
- 澤部さんが「ぼくのなんでやらないでください」って言ってるところでねるさんの名札が外れて拾ってる。

VTRのフリ、一番目を逸らしてるひとって言われて、じゃあみんな目を合わせにいく(あるいはわざとらしく逸らしにいく)かと思ったけど、そうでもないらしい。
- たぶん鈴本さんからすると、ベーシックにフリをやったのに笑いが起こって、何が面白いのか分からないと思うけど、強いて言うと、すましてるつもりなのに芸能人の作ったような感じがなく素朴なのが微笑ましい。

小窓を見てると、ときどきネタの瞬間に真顔なままのメンバーが映って、個人的には好き。仕事的には笑顔が正解なのかも知れないけど、面白くなきゃ笑わなくていい。

平手さんがもらった一発ギャグの「手の平手」、よく見ると平手さんは左右が変わったりちょっとアレンジを利かせている。ひな壇でねるさんも真似してて、仲良いんだろうなって思う。
- ちゅうえいさん、何か「使うわ」みたいなこと言ってくれてるんだけど、ナレがかぶって聞こえないの残念。

天王洲スタジオのシーンとか、後ろに映り込んでる人たちがちょくちょく面白い。
- アンガールズって今回のなかでも相当ランクは上なんだけど、反応が薄くて少し寂しい。本人の言うとおり世代が違うのか。
- 好きな芸人で「シューマッハさん」って言う石森さんの動物愛は相変わらず徹底的。いや、知りませんでした。
- 平手さんは好きな芸人がころころ変わるんだけど、一発ギャグが多いなかでのジャルジャルはけっこう知的なとこ突いてる。
- 鈴本さんのホリケンさんはすごく分かる。ネタを論理的に積み重ねる感じじゃなく、直感で面白い(ほんとに面白い)芸人。
- 齋藤さんって芸人さんがいるときもう空間を共有するだけで笑いが止まらなくなって、ほんまに芸人さん好きなんやなって思う。ところで「巨人」って回答面白いけど、やっぱり進撃から発想されたのかな。
- 岩井さん、志田ちゃん推しネタだけじゃなくて、石森さんのダチョウも覚えてて、ちゃんと番組見てるらしい。
- 石森さんが足を踏んでしまったとき、みんなウケてるなかで「これ大先輩にヤバくないかな」って顔をしてるねるさんは、リアクションとして合ってるかは分からないけど常識人。

平手さんがいないなかで(菅井さんもいるなかで)、齋藤さんがノックから挨拶まで勤めるっていうのは、やっぱり評価されてるんだな。
- 永野のところでべりささんが一番嬉しそうなのは、芸人さん好きっていうのもあるけど、もともと一番野心がなかった子で、テレビの向こう側のひとっていうのを自分がなれるとは思えない世界のひととして特別視して来たんだろうなって思う。昔でいう銀幕スターへの遠い距離感みたいなのを持ってるテレビっ子。
- 長沢くん、カットされちゃったんだろうけどひとり前に呼ばれてやりきったらしい。
- 齋藤さんはラッセンをコピーするのが全力過ぎて長沢くんにチョップをかましている。ふだんから完コピしてるネタなんだろう。

尾関さんの吹っ切れかたはすごいな。欅坂は乃木坂よりおとなしいとか言われてたけど、可愛さを捨ててでもやりきる根性は上に思える。木の順番間違えても途中でやめずにやりきってるのはほんとにすごいし、素直に笑えたし。
- あばれる君もここまでやるとは、ってびっくりしてる。ツッチーがそこにジェラシーを見て取ったのもあながち間違いではない。

3月10日はさとうの日、はただの天然で生まれただけだけど笑いとしては面白かったなあ。よくよく考えると平手さんといい尾関さんといい、もらったギャグをただコピーする以上のことが起こってて、視聴者にとってかなり面白くなってる。

三四郎ってなんで呼ばれたのかと思ったけど、ベリカさんがANNRでファンだって言ってた。よく見ると、他の子がニコニコしてる以上に、ふだん反応の薄いベリカさんがデレデレしてる。
- 守屋さんの「屈伸ついでにレディー・ガガ」はリズム感的にはネタを殺してるんだけど、普通にセクシー。グラビアとかやっても表情作りうまいだろうな。
- ミランダ・カーって言われたときの佐藤さんの反応が見たかった。憧れの存在なので。
- 守屋さんが「地上波のテレビで」って言ったのも面白いし、芸人さんたちが「やれよ! 地上波で!」っていうのはずんの持ちネタを番組でやるのが交換条件ってことだったんだろうな。
「くまむしの、意味わかんないよね」ってツッチーと澤部さんが言ってるのは、笑えるんだけど、結構ブラックなジョークというか、トークで勝負してる芸人からするとぽろっと本音が出てるところもある。

2016.03.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索