スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ122 グリーティングメッセージ

石森さん、まだ絵を前面にってわけではないけど前よりも少し飾るようになって、良かったんじゃないかなーと思う。それぞれがイラストを描ける場面でなら、得意なことを活かしたほうが魅力が伝わるし。

今泉さんの「ふぉ」と自画像はちょっと面白い。

上村さんはきっと今回も、なんでかすれちゃったかを説明してくれそうな気がする。前回は色を塗ったのに消えちゃったんだったか。

尾関さんは相変わらず字が上手い。

織田さんは、全体の字を桜色に統一しつつ、欅坂要素を少しだけ緑にするっていう構成は好き。あとから「やっぱり46足した方がいいかな」って隙間に書き足した感じなのもおおらかな性格が出てていい。

小池さんは安定の、キャラクターを敢えて小さく書いていく芸風を貫いてる。もう回数を重ねてるので、それぞれのひとが自分のやり方を定着させた感じはある。

小林さんは安定の欧文フォントへのこだわりと、Aprilのエルだけ少しはみ出させてる辺りのセンスが光る。前回の下書きを見ても、直す気になったら下書き段階でずらせばいいから、わざとの外し感。

金魚のふーちゃんは欅坂に加入してしまった。まさにスペツャル!

佐藤さんはさすがのデザイン。基本的に、溢れでるタイプのひとだから、少し抑え気味な表現にした方がセンスが光って見えるのかな、と思う。

志田さんの志田フォント、一瞬で志田さんとわかるから好き。すごく安定感あって、この努力を型をなぞるのに使ってたらさぞ称賛されただろうけど、こっちのほうが似合ってていい。

菅井さんはブログと同じで、どんどん「型」としての正解に近づいてて、さすがであると同時に、コメントに困ってしまう。

鈴本さんは、塗りつぶしのときにペンで丸く塗っていくような痕跡をほどほどに残すのが特徴で、今回は蜂の位置やAprilのAに重ねる花びらのセンス、「i」の点がハートだったり、たんぽぽのテントウムシだったりとセンスが光ってる。「4がつ6にち」の「にち」のところを「か」にするか迷っただろうな。

一方、長沢くんは当然のように「i」をハートにしていて、これは上手いなというよりらしいなという感じ。なんでウサギなのかは分からないけど、頭にひとひら載せたケヤキの葉っぱが上手いアクセント。

土生さんの「ピンクのペンで書きました」っていうのは、見たら分かるよ、って思うけど、たぶんサイリウムの色をピンクに指定したし、好きな色を使って気合いを入れました、という意味もあるんだろうな。
- ところで「切り替えて」を「気り替えて」ってする誤字はなかなか画期的。「気持ちを」の気にひっぱられたのか、なにか考え事をしてたのかなと思う。

原田さんの「たくさん聞いてください」のところにやや「聞いて聞いて」感が出ている気もするけど、読み込みすぎかも。
- 桜が咲いたらって書いてるところを見ると、提出は少し前かな。

平手さんの字、3月より少し上手くなった気がする。あるいは丁寧に書いたのか。やっぱり気合い入ってる気はする。サイレントマジョリティーの書体は独特。

守屋さんは「i」の点をハートにしようとかじゃなくて、もう力業のようにハートを散りばめている。でも、Lを少し曲げたり、RやAの足で少し遊んだりしてるところはユニーク。守屋さんって、分かりやすい体育会系感とかバブル感、ピンク感みたいなのも備えてるんだけど、ブログ見ても文化系センスも感じるんだよね。意外な器用さがある。

米さんはコメントに困るけど、勉強をほんとに頑張れるひとっていうのはこういう作業を「あ、仕事だから勉強より優先していいや」みたいな逃げに使わないんだろうな、と思う。部屋の掃除のほうが勉強より好きな僕にはちょっとまねできないから尊敬する。

あれ、ペリさんは「桜がキレイですね」って書いてある。いったいこれは桜が咲いてるときに書かれたのか、テレビとかで見ただけなのか。それともペリさんは南方に住んでて原田さんは北国に住んでいるのだろうか。
- ペリさんは最初のグリーティングメッセージで字間を広く取ってたり、あんまり内容盛らないしで空白の美学みたいなのを持ってるんだけど、今回は特に全体のバランス(とウサギの数が左右非対称だったりの崩し方)が決まっていてかなり好き。

ベリサさんは「春なので色ペン」って書いてあるけど、前回も色ペンだったりする。そして花粉症が時期が来て出なくなるのは「治る」じゃなくて「治まる」だとも思う。身内なら伝わるんだけど、オダナナさんが言ってたように、こういうところは「普通のひと」っていう感じ。

ねるさんの、「ぽかぽかのあったかい天気のなか 冷たい風を感じながらのひなたぼっこ」っていう感性とか表現はさすがだなって思う。表現上だけの上手さじゃなくて、体感できる現実感をともなった上手さ。
- ドイツ語で桜を「Kirshbaum」っていうのはその通りで、ドイツ語好きとしても嬉しい。ちなみに、命令形は英語の「SAY」とは言わずに「Sag(ザーク)」あるいは「Sagen Sie(ザーゲン ジー)」などと言います。

2016.04.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。