スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ232 けやかけ ご褒美争奪バトル後編

さわってさわって誰でしょう:
インテリチーム
耳を澄ませばどれが誰の声か分かって楽しそう。守屋さん齋藤さん織田さん辺りが中心というか声の力を持ってる。一応全員で話し合いしてるんだけど、今回の場合、原田さん佐藤さんが正解のヒントを出してたり、ほかにも納得いってなそうなひともいたりしたものの、上村さん派の声圧が強かった。「じゃありなだ!」っていう力強い声と「虹花ちゃんじゃない?」っていう弱々しい声が重なってるのが象徴的。
- 膝曲がってるのに気づいたら石森さんに辿り着くと思ったけど、おバカチームは膝を曲げてない小林さんをよねさんだと思ったので、ちょっと小さめに錯覚するものなのかもしれない。背中を丸めてるのと触る側が台に乗ってるからかな。
- 正解発表後のよねさんの「座ってない-」は状況からするとちょっと不思議なコメント。たぶんよねさんは「背が低い(から上村さん)」と主張してたから、答えが背が高い子なのを見て失敗に気づき、誰かに「ほら、膝曲げてたんだよ」と反論されるのを予期して「座ってない(から、そこは合ってたんだよ。身長は座ってなくても勘違いするものだったんだよ)」と言い訳したのだと思う。
- 石森・上村さん以外だと、土生さんと菅井さんの名前が挙がってる。
- 石森さんが、インテリチームが外したところでガッツポーズしてるの、ナイスリアクション。途中で鼻を伸ばしたのもよかった。オダナナさんの「しゃがんでない」って声を聞いてからしゃがんだり、テクもあった。

おバカチーム
あとから守屋さんや齋藤さんが指摘したから、尾関さんと小林さんの八重歯バトルが勝敗を分けたように見えるけど、おバカチームは八重歯を最優先情報として採用したうえでよねさんを指名してたので尾関さんが言うほど「スルーされた」わけではない。他には、足ががっしりして、身長がそんな高くない(インテリチームで高身長なのは守屋さんだけだけど)、そして「髪を巻いてない」で、ウェーブかかってる小林さんは外れたのかなと思う。パンチしてた活発な感じもギャップを生んだのかな。おバカチームはビックリの仕方からしても小林さんが正解とは予期してなかったらしく、チームが平和な外しかただった。
- 志田さんは八重歯を「やいば」って覚えてるらしい。強そう。
- おバカチームは議論が静かだったので、あんまり他の候補の名前は聞こえなかった。声で圧倒するひとがいなかったので全員分の意見や考えを使えてたけど、手触り自体の判断が間違ってたという。
- 一斉に回答を言うところでみんな「よね!」と言ってるなかで「よねさん!」と言ってる菅井さん他と、何も言う気なさそうなベリカさん。菅井さんは、あっ! って苦笑い顔してる。
- 小林さんは「ちがうもん!」ってところとか愛嬌アピールできたし、全身映ってあらためて小顔でスタイルいいのを示せたし、得した感じ。

大縄跳びで人数ハンデが指摘されたけど、このメンバー当ては人数少ない側が不利なので、全体見ると有利不利はなさそう。


水中息止め:
ルールは、本人たちの会話を聞く限り間違いなく合計秒数の競争で収録進めてて、後編集で勝者が多いほうが勝ちルールに変わっている。全体を通してどの競技も参加していないひとがいて不思議だったんだけど、よく見るとこの競技の開始のとき、その尾関さんとよねさんもタオルを持っていて、どうやらねる&菅井さんだけではなくて尾関さんよねさんも挑戦したらしい。並び順からしておそらく3番手。この2人は予告でも使われてないから、何か軽く事故ってお蔵入りになったのかも。で、説明をスムーズにするために3回勝負の2回勝ったほうが勝者にしたと。
- 長沢くんが守屋さんを越えるまで耐えたあたりには、普段は見せない隠し持った根性が見えて良かった。目標50秒の時点で自信を感じる。長距離得意で苦しいの耐えられるうえに、筋力がなさそうで酸素消費が少ない。長沢くんにピッタリの競技。それにしても73秒はすごい(乃木坂を調べたら若月さんが78秒でこれはほんとすごい)。
- 鈴本さんの「水が怖い」は乃木坂の生駒さんも同じで、肺活量とは関係なさそうだけど、息を止めすぎて死んじゃうんじゃないかっていう恐怖心と、それで脳が酸素を使ってしまうのが不利なんだろうな。スタッフが競技参加者を決めてるとして(齋藤さんがブログで、ぶら下がりは苦手と書いてたので、挙手制ではないはず)、水が苦手なひとがひとりくらい欲しかったんじゃないかな。

ここまでの競技のうち、個人競技のタライ、ぶら下がり、水中息止めの3つ、それぞれ4人代表で12人+タライの延長で13人。

タライ:ねる、小林、守屋、織田(、齋藤)  平手、ベリカ、今泉、志田(、鈴本)
ぶら下がり:佐藤、齋藤、小池、原田  土生、石森、菅井、ベリサ
息止め:守屋、長沢(、ねる、米谷)  上村、鈴本、(菅井、尾関)

カットされてしまった結果、よねさん尾関さんが出番なしになってしまったけど、基本的にはひとり1回。2回登場して大根も抜いた守屋さんと、大根抜き&ステージ乗りで目立ったザ・クールがよく出てる印象強いかもしれない。


大根抜き:
どちらもいちばん力の強い2人を選んだけど結果は0人。足を引っ張るのは勢いを付けるとケガしそうだし、なんだかんだみんな優しいのかな。インテリチームは仲の良いベリカさんから狙ったけど、勝つだけなら上村さんあたり狙いそう。
- ベリカさん以外に石森さんと最後は今泉さんが引っ張られて、これは握力最下位なのによく耐えたと思う。
- 「ふたりの顔」とMCに言われてカメラに抜かれて、自分が撮られてるとわかって顔をキープする織田さんはすごく実力派の芸人だと思う。演技褒められるのも分かる。
- 原田さんを最初も最後も引き抜きに行くベリサさんはバラエティが分かってるような、ぶら下がりで負けたのが悔しかったような。
- おバカチームの両側引き作戦はなるほどなと思った。ただあの場合だと、一番キツいのはあいだに挟まれたオダナナさんなので、腕が弱そうなひとの両サイドを引くのが良さそう。
- よねさんが引き抜かれそうなところで、あいだのねるさんを越えて足を固めて守ってる守屋さんはさすが名字に相応しい活躍。
- もしルールを改善するなら、くすぐり役を追加すると腕のロック外せるし見てて楽しいしで良いかも。
- くたびれた顔のよねさんを正面から抜かないのが坂道シリーズのアイドル番組。


大縄跳び:
これを最終競技として盛り上げなかったのは不思議なところだけど、万が一インテリチームが勝ったら最後のシュークリームを「1兆点さしあげまーす」な最終競技にしたのかもしれない。おバカチームの縄跳び挑戦のときにサワビさんが「これで抜かないとちょっと厳しい」と言ってるので、次の競技がある前提でやってたのはたしか。それにしても、ハンデで20点は不自然だし、たんに跳んだ回数ptで見てみたかった。同点シュークリームしたかったんだろうな。
- 基本的に得意なひとを両端にするので、インテリチームはよねさん小林さん、おバカチームは平手さん鈴本さんがこの扱い。
- 1回目、引っかかってるのはたぶんねるさん。小池さんはタイミング的に跳べてるので、跳び越えたつもりのひもに絡まっただけだと思う。それで、小池さんは跳ぶタイミング間違えたんかなと意識しすぎて2回目で早く跳びすぎたと。いずれにしろ1回目は原田さんと長沢くんもバランスを崩していて、長続きしなかったと思う。
- 3回目の35回成功のところで、後ろで拍手しだすおバカチームの石森さんはお人好し。

上村さんの、腕を前に回す感じの跳び方、何度見ても面白い。鈴本さんが正面向いて跳んでるのも面白いけど、これはインテリチームと違っておバカチームはみんな同じほうを向くスタイルを採用したからかな。後ろのほうのひとは2回目から正面向きに変えてるひとが多い。
- 上村さんの中耳炎はこのときからかもしれない。もともと炎症あると、飛行機ので悪化するのもよく分かる。
- おバカチーム2回目が35回で終わってるのはミスではなくて、今泉さんがそもそも跳んでない。35回まで行ったので、終わりと勘違いしてフッと気を抜いたのかな。平然としてバレないあたりはプロなんだなって思う。


ロシアン・シュークリーム:
21人いるので、インテリチームが勝つのは47.6%くらいの比率なんだけど、長沢くんはさすがに持っている。当たったときに一番「あー、長沢くんならしょうがない」と納得されそうなメンバーで、いい結末だったと思う。
- 阿鼻叫喚にしないためにからしが少ないのかもしれないけど、平気なひとが多すぎて、この点はおバカチームのほうが暴れてくれて良かった。インテリチームの米さんから齋藤さんのところ、みんな平然としてて(あとから鼻を押さえてるけど)長沢くんとリアクション変わらないという。原田さんは最後まで元気なのでカラシまったく平気なんだろうな。
- インテリチームだと、バラエティのお約束を理解して一瞬で口に入れたねるさんはリアクションまで花丸だし、オダナナさん佐藤さんも頑張ってる。佐藤さんは今回に限らず、けやかけのひな壇でリアクションが大きい。
- 勝者決定の瞬間は負けた側も少しカメラで抜いて欲しかった。いろいろカットしてるし、仕方ないのかな。


「メンバーのみなさんにご報告」はみんな反射的にねるさんのほうを向いて喜んでるから、漢字欅にねるさん昇格っぽい。「ひらがなけやきのねる」さんをどうするか問題はあるけど、この21人が選抜の瞬間が1枚でもあるならすごく嬉しい。

2016.06.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。