あばばばテストマイクテスト

ヒトカラでunder the darkness歌ってきたわけですが、
なぜこの曲のあの部分が「あばばばテストマイクテスト」になるかを考えると、
一番の原因は「I wanna be」のところを「あわなば」と
歌っているところにあるのではないかと。

これの問題は、「wanna」の「ウォ」に強拍が来るべきなのに、それが
裏箔になってしまっているところにありそうで、洋楽なら
Iを1つ前の小節に送り出すか、いっそ省略してしまうだろうと思います。
つまり「ワナビー」で4音にするということですね。ワかウォかは置いておいて。
ビーも2音分の余裕があれば「バ」にならずに済みそうです。

一方、destructedの方は、destで3音使って「デスト」と言っているのが
「テスト」に聞こえてしまっています。ほんとはstは子音なので音程は持たず、
音符を割り振ることはできないのですが、せめて1音でst両方を発音すれば
それほど不自然にはならなかったかも。いっそ、さっきの「ワナビー」の前に「アイ」を入れて
「アイ ウォナ ビー ディスト ラク テッド」としてそれぞれに8分音符を
振ればマシな発音になるかもしれません。stはほんとはその後ろのrに付けた方が
正しいのかもしれませんが、カタカナ的にはこう切った方がイメージしやすそう。
あと強拍はラクの側にすべきなので、これでもほんとは不自然なんですが、邦楽なら
そこまで気にすることもないような気がします。


でも、こんなことを書いても誰得であって、むしろこのフレーズを
「あばばば」と発音したことによって、英語のリズムでも日本語の語彙でもない
要素が歌に取りこまれたことに価値があるような気がします。
その奇異さが「ネタ」という形で面白さに転化されて価値を持ったわけですよね。
こういうのが狙ってできたら楽なんだろうな、と思いつつ、
それが難しいからこそ空耳とかの面白さが保証されるわけで、
意図的に生みだすよりは、生みだされた結果を愛でるべきなのでしょう。

2010.03.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索