欅坂メモ251 ブログ

長沢くんは、握手販売期間のブログがいつ上がるか分からなくて混乱した結果、冒頭のあいさつは「こんばんなーこ」なのに「握手会の応募が、今日までです(´・Д・)」」というややちぐはぐなブログに。それが15時台に上がってどちらにも中途半端なのもちょっと面白い。
- ヨーグルトの感想も面白いし、「塩分だけじゃなくてヨーグルトも濃いめが好きでした」っていう小ボケもクスッってなる。
- 「バラエティー好きです! 食べることも、得意です」っていうのも、唐突な「食べること」アピールでシュール。でも番組予告を見ると、KEYABINGOでさっそく食べる場面が出てきて、それとの関連で言ってるのかもしれない。
- だっしーのグリーティングメッセージについて2度書いてるのは、そもそもだっしーと気づかれない可能性があることに気づいたのかな。

オダナナさんのオイコス、このバナナを入れる前のストロベリー味が、先日の「何味か」クイズの正解だったのか気になる。そして言うほど混ぜたあとの色合いは可愛くない気がする。
- ぽんかんさつは、「一緒に夏祭りに出かけたい」のあとに、やりたいことを8つも並べたところ、うち7つも食べ物で「花より団子かよ!」ってツッコミ待ちなところ、「玉子煎餅」ってしぶいもの挟んでくるところ、いずれも上手いなーと思う。

小林さんの題名「飴ちゃん不足」は関東の降雨不足とかけてるような気もする。
- このタイミングでサイマジョのインストにハマるのも珍しいけど、あの印象的なクラップ音がわざわざ録られたものだったのにも驚いた。てっきり音素材だと思ってた。でも、どうりで機械的な配置と違うグルーブ感が生まれるわけだ。

ねるさんの、選抜ブログの要点は短くまとめて(実質3文だけ)、書くことの難しさのほうに焦点を絞ったやり方は、この状況だと良かったと思う。全てを書き切ろうとするとほんとうに長くなってしまう複雑な感情だろうし、長く書けば書くほど曲解したがるひとは一部分を切り取って、証拠を見つけたように騒ぐから。
- 言葉の使い方の難しさを知ることは、それまでは「思ってたこと=喋ること」だったのが、思ってたことを表すにもいろんな言葉の選択肢や順番があって、それによって印象が変わることを知ること。でも、そこに言葉の表現手段としての面白さも浮かび上がってくる。みんな絵を描くのが簡単なら画家は要らなくて、楽器が上手く弾けたら音楽家も要らないので。その辺の繊細な技術をことばにも応用したところに「紡ぐ」感も出てくる。
- なごます要素としてワンポイントで、タンポポの写真と、菅井さん家のトムへの言及を入れたところは上手いなーと思った。

上村さんの、録画予約と間違えて視聴予約っていうのは慣れない機械だとありがちだと思う。欅坂のパフォーマンスはほかのメンバーに見せてもらえるけど、上村さんが録画するつもりだったほかのアイドル番組とかは難しそう。アイドル好きのオダナナさん長沢くん石森さんあたりにかすかな希望がかかってる。
- オダナナさんの呼び名は、守屋さん「ダナーヌ」ベリカさん「ダニーヌ」上村さん「だにーに」で実は3人とも違う…と思って確認したら守屋さんもだにーぬになってた。
- みんなが空腹を埋めるのに食べるヨーグルトを2度に分けて食べる上村さん。

ベリカさんとベリサさんの平常回は、斬新なところがあるわけではないけど、「あ、ブログ来てる!」っていうだけで嬉しさはある。その発展形が菅井さんで、「今回は特にイベントも小ネタもないよ」っていう回のブログも、写真だったりちょっとしたひとことが爽やかで読後感がいい。メモは書くことないけど、「いいね」ボタンがあったら押したくなる。

ヨーグルトのマンゴー味を食べるのに「食べる勇気」が必要な尾関さん。好みの味が決まってるのにほか選んで外れだったら残念な気持ちになるからかな。でも、尾関家だとお姉さんが代わりに食べてくれそう。

原田さんが手に持ってるグリーティングカードを見ると、ずいぶん公式サイトと印象が変わる。たぶん、描いてる時点ではたいていのPCやスマホで見るより大きいから、縮小される覚悟で要素を大きめに描かないと、思った以上に小さくなってしまう。アサガオもこのサイズなら結構な印象を残す。
- 「コストコにアイス食べに行きたいな~~ (でも好きなのはIKEAのアイス。)」 乙女心はよく分からない。

あ、ねるさんが入ったから齋藤さんの衣装が年長組になってる。早生まれだからたぶん21人で真ん中の11番目なんだけど、ちょうど学年で分けて年長11と年少10でほぼ半々なので、齋藤さんは上に組み込んだんだろうな。

平手さんのブログやラジオでのトークは、センターになったら避けては通れない重みを感じて大変だなと思う。こういう組織が1回ごと協力し合ってMVを撮れていたら、それはほんとに1列目から3列目それぞれの葛藤と努力があってのものだと思う。なかでも齋藤さんの果たしてる役割は前から大きいと思っていて、ラジオでそれが少しでも広く理解されたのはすごく嬉しかった。同時にそれは個人ではなくて、齋藤さん自身が言ってるとおり、どの3列目についてもそうした団結しあう意志があって成り立つわけで、それを汲み取ってファンはどの子のことも尊敬すべきだと思う。言及された瞬間、そのひとを偉大だって思うだけじゃなくて、いつも先回りしてかげの活躍に気づくくらいでありたい。
ー あ、赤のワンピースかわいい。

2016.07.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索