スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ252 THE MUSIC DAY

乃木坂さんと欅坂さんのコラボ。やっぱり感動するところはある。平手さんが喋ってるときに、生田さん、まりっかさん、井上さんが頑張れって感じで肯いていて、それだけで見ていて目がうるんでしまう。平手さんとかねるさんが泣いていたのはなぜか分からないけど、緊張とか憧れとかいろんな感情が入り交じって泣いてもおかしくないとは思った。


世界には愛しかない:
ねるさんの冒頭サイドステップが揃わなかったのは、動揺していて最初に肩を入れる向き(右肩から左肩)を逆にしてしまったせいだと思う。テレ東音楽祭ではちゃんと正しい方向に踊れていた。実はこの曲、イントロでは右肩からなんだけど、Bメロの入れ替わりステップでは左肩からなので混乱しやすくて、Bメロのほうではよねさんが間違えてる。
- ねるさんはアイデンティティポーズは今回合ってたし、良くなってるところもある。一歩ずつだと思う。

よねさんのステップといえば、ミスはしてるけどテレ東のときより肩の入れ方が深くなって、前にいる鈴本さんと同じくらい腰をひねれてる。向かって右側のチームは左側より大きめにひねってるんだけど、そのなかでも負けてないくらいで良かった。テレ東のときは尾関さんと2人、肩が動いてなかったけど、今回は2人とも意識して動かしてる。

ねるさんの朗読のところでの原田さんは今回はちゃんとみんなに揃って切り替えできてた。前回は帰って見て悔しかっただろうなと思う。原田さんは全体にソツなくこなしてる。

ねるさんの朗読のところで、声が重なっている。低めのほうは元音声で、ためしにマイクを入れてみた結果が、少し高めの遅れて聞こえる声かもしれない。そのあとの「最初に秘密~」のところでも、普段の歌声に重なってる音声がある。「最初に」って部分とか、そのあと声が低くて苦しい「忘れてる」のところが分かりやすい。サビの「(僕の)」の部分も気になる。

腕を上に突き出すモーションって、ひとつ前の詞である「どこかで蝉たちが一斉に鳴いた」を表してるのかもしれない。その腕の突き上げ方で太陽が怯む感じ。「つま先で立って」で背伸びするあとの「手を伸ばした」の詞の動きも次の小節に回してるので、こうしたズラしは十分ありえる。そうすると左右に揺れてるのはセミの動きで、「秘密を持った」は右手で付ける仮面で表現。「大人は」で指さされてるのは見ている大人たちに嘘が多いと突きつけてる。「通り抜ける風」を表す、すれ違いモーション。「夕立が来る」で挙げた手を下ろす、という詞とフリの対応かな。

ねるさんの今泉さんへのタッチがギリギリでなく、移動が速歩きになって余裕が出ている。細かいところを微調整してる。

「夕立が来る」のところみんな笑顔で良いけど、なかでも尾関さんはこの一瞬映れば価値があるくらい輝いてる。

サビ冒頭のカメラが引きすぎてあんまり見えないのが悲しい。「今すぐ僕は」もサビで1番足元が大事なところで顔のアップなのがつらい。
- 長沢くんは前回より少しあとのところが遅れたりはするんだけど、平手さんとセットでアップで映るなかで必死について行ってるので、応援したい。

上村さんは全体にやっぱり上手くなってる。あと「アイデンティティ」のときに肘が下がるのだけ直せばさしあたり十分だと思う。

2016.07.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。