欅坂メモ278 KEYABINGO 顔面運動会

結局、世の中顔面かといえばそうでもないんだけど、好きな回文があって「世の中ね顔かお金かなのよ」って上から読んでも下から読んでも同じになる。ドリームチームに入った菅井さんと守屋さんもこの点、他のグループに負けてない。
- 何気ない導入なんだけど、コントっぽい雰囲気が一瞬で作れるのはサンドウィッチマンらしいところ。バナナマンもできるとして。

顔面宣誓って視聴者に「欅坂にはこんな美人がいるんだぞ」っていうことを伝える宣誓なのかなと思う。まだ知名度低いから、いろんな部分で「欅坂を知らないひと」を狙おうという意欲が見える。
- その意味で、「欅坂を知らないひと」であるMCのサンドウィッチマンが重要で、ベリカさんに対して「声が小さい」とか「何の間なの?」っていう初めて見る視聴者がTVの前でしそうなツッコミが入ることで、ここから置いてけぼりにならずに欅坂ファンになれる。

欅坂で「年上より年下がしっかりしてる」は真理だけど、オダナナさんの隣でうなずいてる今泉さんは負けないくらいポンコツだと思う。
- 年上でポンコツは誰かってMCに尋ねられて、オダナナさんが挙げる前に鈴本さんがベリカさんを手で指してる。石森さんが「誰だ誰だ?」って表情していて、これが指名される読みでの小芝居だとしたらまた成長したなと思う。
- 石森さんと言えば、「頭脳ポンコツ女王決定戦でポンコツがバレた」と本人は言ってるんだけど、結果発表の前からオダナナさんが石森さんを煽っていたので、周りはその前からポンコツに気づいてたと思う。
- ポンコツと名指しされて「オダナナ裏切った!」って顔の長沢くんと、ポンコツと言われなくて安堵してる上村さん。

今泉さんの肉の歌は、カウントダウンライブと全く同じ曲。同じすぎて歌い終わったあと「ふぉ!」って入らないと落ち着かないくらい。
- 今泉さんの話題になってるときの志田さんと小林さんがバラエティとは思えないテンション。特に志田さんはザ・クール。でもご褒美って聞いていちばんに体が動いてるのも志田さんで、本能に忠実。

「マスカルポーネフレーズ」って聞いてもきっと誰も何だか分からないのに、テンション上がりすぎてて分かったかのように振る舞ってる。ちなみに「マスカルポーネ」はチーズの種類、フレーズはフランス語でイチゴのことだそうです。


石森さんの原田さんへの不満は、いつも佐藤さんが「『ダイエットしなきゃ』なんて2度と言っちゃだめだよ」って言ってるのと同じやつだ。でも石森さんも小学校時代以外太ってなさそうなくらいほっそりしてる。

原田さんのマイクパフォーマンスのときに後ろで映る小池さんが目を細めても丸くしてもめっさ可愛い。親戚の子、それこそいとこを見るような目。
- 日本列島とか都道府県の位置は、石森さんほどじゃないけど正確には知らないで後ろで冷や汗を流してるひともいそう。社会0点の上村さんとか目が泳いでる。

原田さんと石森さんの50cm走でいちばん悔しがってそうなのがベリサさん。
- 石森さんの勝者コメント、バラエティとして正解で良かった。指示でてるのかな。

ねるさんは早速サンドウィッチマンからも「ねる」呼びになってる。娘が芸能人になると思わなかった親が付けた名前なのに、どこより芸能界で役に立つ名前になってる。

顔面万歩計、尾関さんのスタイルの吹っ切れ方はほんとうにすごい。オダナナさんとは別種のバラエティー職人になってきている。

菅井さんのマイクパフォーマンス、レモンのくだりは意表を突いて面白かった。本人が考えたのかな、誰かに膨らませてもらったような気もする。
- 平手さんのは番組で菅井さんのお嬢さまキャラをこれから使いやすくするためのフリに思える。基本、このディスりは一般人にとってお高いアイドルを親しみやすくする欠点を出すものなんだけど、むしろ別荘と馬のノーブル感を強調していった。
- お小遣いの金額は、否定し続けるのは笑い的に微妙な空気になるところ、うまくサンドさんが調理してくれて笑いになってた。

顔面せんべいは長く画面に映るのが得というくらいしか言うこともないゲームだけど(イジリー岡田さんがよく言うようにこういう映像が好きな嗜好のかたも一定数いらっしゃるからいいんだけど)、長沢くんが、「あと少し」って注目を集める段階をすっ飛ばして気づいたら口に入れてたのはちょっと面白かった。菅井さんと小林さんはアップを長くもらえて良かった。
- 平手さんの角度に合わせて画面を見てるメンバーもみんな斜めになるのも面白かった。

スイーツの齋藤・尾関さんの「おいしー!」はデンジャーさんの指示をまねて意欲的。もっと突き抜けて上まであげて「いや、そのレベルで上げるのはおかしい」ってところまで行ったらよりツッコミ易かったのかなと思う。
- カメラが寄ってきたところでみんなが食べるなか、ケーキを持って揺らしながら見せてる上村さんは、うまく差別化を図れてるし、アイドルとしての可愛さを熟知してる。


廃病院とカラオケという鉄板企画、特に廃病院は乃木坂でも使っていて、いずれは「けやかけ」でもやろうと思っていただろうところをかっさらうスピード感。KEYABINGOを早めに放送したのには、定番企画を消費される前に取っておきたいという意欲もあるんだろう。
- 全部で17人、いないのは平手・鈴本・守屋・佐藤さん。佐藤さんはいたらバラエティを越えるレベルで叫びすぎて収拾つかなくなってただろうから良かったかもしれない。

ビーチバレーっていうベタなギャグで笑うひとの表情と引きつりかたで、怖いものがどれくらい駄目かがだいたい分かる。土生さんなんか平気そうだし、いつもなら全力で笑う齋藤さん菅井さんはかなりビビっている。石森さんは死にそう。そういえば「けやかけ」リアクション回でも、行かなかったなかでの苦手なひとで石森さんは手を挙げてたし、あまりにびびっていて隣にいた原田さんに慰められてた。

手術室でベリサさんとねるさんの手を両方ベリカさんが真ん中まで引き寄せて握ってる。恐がりなのか安心させてるのか分からない。よねさんは笑ってるし土生さんもやっぱり平気そう。
- どちらかというと別室のほうがあぶない。石森さんは飛びぬけて憔悴しきってるし、志田さん上村さん尾関さん齋藤さんはほんとにホラーが苦手そう。
- そういう緊張状態って笑いがツボに入るから、シイタケの霊のところの志田さんと上村さんなんか泣き笑い入り交じった感じがすごい。
- 周りの反応をうかがう菅井さんらしく、シイタケでみんなが笑ってるのに気づいてから、「あ、これ笑っていいんだ」ってなってる。
- 最後に恐怖というよりビックリのアクションを霊媒師がしたとき、バラエティ的に1番使えるのは、小池さんとかねるさんみたいにしっかり怖がるけど、安心して見られるタイプ。それと別に、よねさんがまったく無反応で際立っていて、こういうひとも貴重。

2016.07.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索