スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ281 語るなら未来を… MV (パート割修正・2番追加)

HD画質で見て/聞いて、カップリングはやっぱりカッコいい。
- 曲はちょっとイントロこそダサいし、感動曲だからストリングスとピアノ入れとけみたいなベタさは感じるけど、サイマジョのときのカップリングと同じで、ややレトロな曲調にいまのアレンジャーが使える音の迫力と空間表現をふんだんに使っていて、粒だった音の良さをすごく丁寧に重ねた感じは「アイドル曲ならこれくらいでいい」という音質や細かさをはるかに超越してる。
- コード進行についても、Aメロもサビもそれなりに使われる発想とその延長線だけどド定番ではないし、Bメロは部分転調をして浮遊感が出ていて、その解決もカッコいい。
- もちろん、サビが普通に終わらなかったり(Bメロの要素をもってきてる)、Cメロを盛り込んだりで、秋元さん好みの豪華さも出てる。リズムもたとえばAメロが1番は裏打ちも入れたリズミカルなバスドラムだけど2番では4つ打ちにしてたり(ここで後ろに響くエレギがまたカッコイイ)細工されてる。この曲は十分に手の込んだ曲なのにスムースにクールに聴かせていて、かなり優れた曲。
- あ、歌詞はちょっとダサい。でも秋元さんの商売感覚からしてこれくらいメッセージ性を盛ったほうがウケると考えたのだろうから、その読みが当たれば良いと思う。

パート割は1番はほぼ分かったのでメモ
Aメロ1:平手・ベリカ・ベリサ
Aメロ2:今泉・志田
Aメロ3:守屋・ねる・菅井(映像から特に後者2人は明白で、守屋さんも口動いてそうだし何より声が1番聞こえる)
Aメロ4:鈴本・小林・土生(鈴本さんの声は間違いないし、土生さんの声も聞こえる)
Bメロ1:上村・小池・長沢・尾関(ここまでは声と立ち位置で確定)原田(Bメロ2かも)
Bメロ2:齋藤・米谷・佐藤・石森(ここまでは声とアップで確定)織田

見返すと、Bメロ2は2つに分けてる可能性がある(石森さんの口が最初動いてない)。するとBメロは変則的に4人+3人+3人の可能性もあって、Bメロ2でオダナナさんの口が動いてないので
Bメロ2に齋藤・米谷・原田
Bメロ3に石森・佐藤・織田
かもしれない。
サビは全員

ついでに2番も耳に頼っての推理を書いておく。Aメロ・Bメロは分からないので1番の組合わせを意識して予想。
Aメロ1 志田・今泉(志田さんの声がする気がするのと、Aメロ2より強弱表現が上手いので今泉さんいるかなと)
Aメロ2 平手・ベリカ・ベリサ(平手さんは映像で口が動いてる)
Aメロ3 鈴本・小林・土生(鈴本さんの声は常に分かるし、たぶん小林さんもいる。土生さんも聞こえる気がする。Aメロ4より強弱が上手い)
Aメロ4 菅井・守屋・ねる(菅井さんは声も映像も間違いない。守屋さんもそうと思えばいると思える。もう1人の高い声がねるさんか土生さんか分かりづらい)
Bメロ1 佐藤・石森・織田(前2人は口が動いてる。オダナナさんも聞こえると言えば聞こえる)
Bメロ2 上村・尾関・小池・長沢(ここは声質的にも映像的にも鉄板。後者の2人も画面が切り替わった瞬間少し口が開いてる)
Bメロ3 齋藤・原田・米谷(前2人は最後少し口が映ってる。よねさんは逆にBメロ1で口を閉じてるのと、Bメロ3でちょっと起きてるのと何より声がする。声は3人聞き取れる気がする。)

基本的にサイマジョと比べても「このパートは聞きづらい」みたいなところもなく、声の低音を抑え気味に処理してるのが曲に合って近未来感ある。
- 小池・長沢・上村と高音の綺麗なメンバーが揃ってる部分はこういうデジポップにぴったりでほんとに気持ちよい。「何が入ってたかなんて」の最後の「て」なんか最高。ここのパート大好き。
- 一方でそれと対になる、よねさんほか低音が揃うパートも落ち着いて気持ちよい。よねさんは歌苦手だけど、声はほんとに光るものを持っていて、磨けば光る。


ダンスは、このソリッド4つ打ちなサビとイントロなのにかなり柔らかい動きを入れてるのに驚く。素人の発想だと、ヒップホップ系のビートならともかく、このアレンジならビートの瞬間に決まるよう直線的な動きをふんだんに入れてパキパキなキレを目指すと思うんだけど、この柔らかさがかえって無表情と合わさってすごくクールに見せている。
- 冒頭の5人でのダンスは、昔だと演劇で上演前にそのハイライトを見せたりしたものなんだけど、その系譜でサビのダンスのおいしいところをまず上手いひとたちでご紹介する、という仕掛け。
- ずっと1番の最後尾で手を広げてるの誰か考えてて、3列目のメンバー探してたら全員別の場所にいて、実は菅井さんだった。トリッキーな立ち位置。
- 1番のサビやラスサビの「人生なんて語るな」で手を下げてるひとに混じって胸にたたんでるひとが数人いて、他にそうする理由もないのでフリを変更したのかもしれない。
- 1番の最後「語るなら未来を」で手で水面を軽く叩くのは「キミガイナイ」のセルフオマージュ。
- 1番のサビを見ていても、初公開のダンス映像で全員揃っての振り付けを見るとやっぱり鈴本さんに1番目が行く。どの姿勢もすごく綺麗。「語るな」とかラスサビの同箇所でひざをちゃんと横に回せてるのもカメラの範囲では平手さんと鈴本さんくらいで(ベリカさんもできてる! そのあとちょっとモーション小さいけど、これは感動する)、イントロでも土生さんと鈴本さんだけ。
- 2番のAメロBメロは結果として長沢くんがセンター先頭にいる。これは画期的で感動的。TAKAHIROさんはひとを育てる振り付け師。
- Bメロの2列目のバレエのようなダンスが美しい。
- サビの「言えることは語るな」で立ち上がりながら右腕を突き上げて左手で支えるモーションも速さ的に難易度高いらしく、左手が追いつかなかったり支える手が裏になってるひとがいる。
- Cメロからサビはとても美しい。ところで、花が開くようにひとが開いていくところで尾関さんが転倒しそうな勢いだけど大丈夫かな。
- 最後に平手さんが笑うのはサイマジョのセルフオマージュ。


いや、これサイマジョが1stだからインパクトでは負けるけど、いろいろ考え合わせると大好きだな。2匹目のドジョウもここまで真剣に狙ったら、やっぱり釣れるべきだと思う。

2016.07.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。