欅坂メモ288 けやかけ 激辛クイーン決定戦

今泉さんの6/29のブログは記憶に残ってる。これ、すぐ次の行で辛いのが食べられないと書いてたことまで覚えてた。ちなみに自分のメモには「今泉さんのノリにはすっかり慣れてきて、「激辛だいすき」のあとに「ま~ったく食べれないけど」と来てもにこやかに「うんそうだね」と流せる。」と書いてある。番組スタッフも今泉さんのブログを見て「あ、これツッコミ入れてこらしめてやろう」と思ったのだろう。オチの1行を省略しても嘘にはならないから。
- ちなみに今泉さんのブログを見てもらったら分かるとおり、決勝で食べた「ラーメン中本の蒙古タンメン」まで今泉さんのご希望通り。

今回、正直見ててそれなりに面白かったんだけど、MVPは菅井さんだと思う。彼女が類いまれな根性の持ち主なのはファンなら知ってることだけど、辛いのがいかにも好きそうな志田さん・原田さんや負けず嫌いがウリになってる守屋さんが順当に勝つだけだと、サプライズに欠けるはず。菅井さんが、予選で勝ったことといい、原田さんや守屋さんほどの予選の勝ちっぷりではなかったのに決勝で頑張ったことといい、いずれもダークホースが活躍した感じの面白さがあった。
- ちなみに勝ちそうな雰囲気があるなかだと、よねさんは小池さんと羊肉料理屋に行ったときに赤いスープは使えないくらいの苦手さん。いかにも弱そうな小林さんとか上村さんはひな壇でも目が死んでる。まあ「からさ」って舌でなく身体どこでも感じる痛みと同じだから、「おいしいものは舌をつねられながら食べるともっとおいしい」っていうのと同じ食嗜好で、食べられなくても全然いい。


21人いないときには名簿を見ずに足りないひとを当てようと頑張っている。あ、今日は石森さんだ。

菅井さんは、予選の時点で勝ちそうなひととしておそらく齋藤さんを指さしてて、本人も強いとは思ってなかったらしい。
- 土田チャンスが「練乳です!」って明かされるところ、長沢くんの独特なリアクション、「ひとり音立てない拍手」が健在で嬉しい。守屋さんは拍手に行きそうでためらっていた。
- サワビさんはリアクション達者だけど、オーバーアクションに染まりすぎて全然参考にならないのが玉にきず。今回も4つの辛さの差がちっとも分からなかった。
- 菅井さんが土田チャンスを呼んだときの、オダナナさんと志田さんのリアクションが大きくて良かった。
- 土田チャンスで「かわいい」の流れを作った齋藤さんは、狙ったわけじゃないだろうけど陰の功労者。
- よねさんが声が高くなって「おいしいです」って言うの、かわいいと思うけどな-。
- 長沢くんの、黙々とそれなりに食べてるけど結局、辛いものが好きなのか嫌いなのかさえ分からないステルス感はちょっと面白い。

オダナナさんの狙って笑いを取っていく能力はもう十分鍛えられてて、あとは緊張さえしなければ外でも通用するくらい。こんなに成長早いひと見たことない。
- 志田さんもすごく表情豊かで良かった。ほんとに何か意識が変わったのかもしれない。ほほの横に人差し指立てるの不思議だけど、たぶんその前に織田さんが「絶対使う!」と言ってウケたときにも同じポーズだったから影響を受けたんだと思う。
- ベリサさんはその2人ほど根っからのタレント性で勝負するわけじゃないんだけど、チャレンジして普通の反応をする、という路線が、芸能界には珍しい普通っぽい子として新鮮で良いのかもしれない。

守屋さんの特攻。他のメンバーの見せ場を潰さないためにカメラ1回り待ってもいいっていう意見はたぶん出るし、反論しようのない正論だけど、そういう計算ができるひとが特攻する根性を兼ね備えるのは難しいんだろうなと思う。特攻自体とその後の反応、決勝でへたれたくだりは番組として面白かったので、デメリットよりメリットが上回ってた。
- ベリカさんの「好き…だった…はず」はコメントとしても反応自体としても面白い。
- 小池さんは、1口目食べて「うわ、なんやこの辛さ」って反応してたり、勝者が決まったあとでベリカさんと2人のんびり食べてたり、尺があれば確かに見せ場は作れただろうな。

辛いのにいどんだあとのメンバーがひな壇で反応薄くなってるの面白い。1番深刻なダメージを受けてる長沢くんとか、実は菅井さんとか、辛いのを普段から食べて鍛えてはいないタイプが根性で食べてるケースほど上の空になってる。
- 辛いお店は行かないけどさすがにマジスパは知ってるし、アクエリアスはすごそう。これ普通に食べられてるならたしかによその番組で辛さ対決しても平気。この5人は反応がちょっとおかしくて1人くらいは暴れても良い辛さのはず(上村さんについては、辛さが変な方向に入って騒ぐどころではないだけだと思うけど)。

決勝開始前に後ろで映る上村さんの泣き顔がかわいい。カメラのフォーカスもらってるときこらえてた子がこっそり泣くと、守ってあげたい感が強い。
− ねるさんも決勝戦のコールがかかっても拍手に遅れるくらい別なものと戦ってる。
- しかし、いつものようなスイーツのご褒美もないのに何が彼女たちをここまで駆り立てるのか。
- 終わったあとの原田さんの余裕のなさと菅井さんのガッツポーズを見てると、根性もあってか菅井さんのほうが勝者といってもいいくらい耐えてる。
- 今泉さんの締めのコメントは良かった。長尺は苦手だけど、空気読んでのひとことは得意ジャンルだと思う。

自分ヒストリー「7/27に誕生日を迎え、晴れて18歳となった」ってナレーションになっていて、放送日を後ろにズラす可能性があったのかもしれない。
- ベリサさんは、心理テストで絵を小さく描いて以来、いまだに広いスペースにちょこんと書くのがらしいなと思う。「勢い」とか全然勢いない。
- バレンタインの話はこのブログ。番組だとみんなと交換っていう感じだし、ブログだともっと仲間うちっぽい感じ。
- ツイッターのハッシュタグの宣伝は、3人並んだせいでベリサさんが1番デキる女みたいになっててちょっと面白い。

2016.07.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索