欅坂メモ296 ブログとか

上村さんのブログがあるとないとで、1日全員分を見たときの安心感というか厚みというか、そういうものが違う。復活は嬉しい。
- 生田さんのように、リュックを前に掛けることで注目を求めるスタイル。
- 志田さんの髪色は光の加減なのかけっこうよく印象が変わる気がする。

土用の丑の日のうなぎは、平賀源内説が有名だけど、Wikipediaを見ると諸説あるらしい。とはいえ平賀説を押しのけるほど説得力があるものはないので、ありうるとしたら発案の過程は合ってるけど、もっと無名のひとによるものだったのが、話に箔を付けるために平賀源内に変更されたりしてるかもしれない。
- 給食でうなぎという話と、うなぎと言えば浜松、という話が別々に書いてあるけど、実は給食でうなぎが出ること自体、うなぎが名産の浜松ならでは。地元で当たり前に思ってることって、意外と気づかない。
- 「カボチャの種を炒た」の「炒た」ってちょっと面白い。正しくは「炒った」になる(5段活用なので促音便で小さい「っ」になる)けど、否定の「ず・ない」を付けた「炒らず、炒らない」が耳なじみないので、「射る」と同じ上一段活用に思われたのかもしれない。

菅井さんのブログを見ると、時候の挨拶もかつてはこういう風に自分できちんと言葉を選んで、実感を込めて書いてたものなんだろうなと思う。セミは1度すでに出ていて、菅井さんにとって夏を知らせるものの象徴みたいだけど、前回と感想は異なっている。

小池さんの「※ちなみにこの大親友は葵推しです。※」これは、感動話でもきちんと笑いを入れないとっていう意識の表れで、米印も面白いし、それでも句点「。」は外さないというところには美学を感じる。

長沢くんは、制服は何が好きですか、って以前にも聞いてて、それをしっかりコスプレに活かしてくるあたりファンも楽しいだろうと思う。アイテムを1つだけ着用して、本番を楽しみにさせるっていうテクニックも上手い。

石森さんはホラー苦手なのに、内容を知ってたらコープスパーティーさえ「ルンルン気分」で見ようとするのちょっと面白い。
- 死体画像とともにお別れという、かなり挑戦的なブログの締め方。


徳五郎は、状況を限定したなかでのシチュエーション・コメディだと思ってたので、サスペンス側に寄っていた4話は、また見るモードを間違えてしまった気がする。このトーンだと犯人捜しとか緊迫感を楽しむべきで、そうなると演技力も問われるのかもしれない。実際には、演技力というより発声の要素が大きそう。
- 盗撮が発覚したところでのナガサワさんの表情が、いつになく豊かでちょっと珍しい。

2016.07.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索