スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ298 けやかけ「世界には○○しかない」回

ひな壇のポーズは、右側手前は「語るなら未来を…」の、ベリカさんが苦手とするポーズ。土生さんは会心の笑み。2列目・3列目のゾンビみたいなのは…なんだっけ。居ないのは先週に続き石森さん。

菅井さんの馬術は、日テレのメダル話ですでに聞いたので繰り返しを感じてしまった。特にあちらはそうした教養番組専用のスタッフで、こちらはバラエティ班なので、質自体にも差があったと思う。
- 「レギュラーなのに法華津さん」というベタなダジャレで、当時オリンピック番組とかを見ていたかがなんとなく分かる。それと別に眠さで全般に反応も薄めで、こういうとき安定して表情で貢献しているのが鈴本さん。
- ちなみに土田さんの言った「ロサンゼルスオリンピック」のときは実際に補欠で、そのずっと前の東京五輪のときに障害馬術で出場している。
- 馬場馬術の例を見せてくれた高田茉莉亜さんっておそらく菅井さんの1歳上くらいだと思うので、同じ競技で同じ東京だしお知り合いだろうな。菅井さんのテンションの高さにはその辺の理由もあると思う。

長沢くんは、ナレーションにも尾関さんにも「長沢くん」と呼ばれている。個人的には今回で1番面白かった。自分ヒストリーでも笑いが取れたりと打率の高い長沢くんだけにちょっとハードルを上げて見てたけど、期待をしっかり越えてくる。
- 「卵」の書き間違えを指摘されて、一回、打っていたほうの点も隠して「卯」にしようとしてるところから、もうワールドが始まってる。
- だっしーとおむ君だけでなく地味に目玉焼きも描いてあって、けっこうお気に入りなんだと思う。
- 「計算ですね?」に頷いてるだけじゃなくてしっかり「計算です」と口に出して乗っかっていくところに成長を感じる。
- 「味付けが濃い料理だから好きになった」っていう部分はほんとに計算で面白くしてる。これと天然が混ざってどこから笑いが来るか分からないのが高打率の秘訣。
- まじめな卵のプレゼンは以前ブログでやっていて、大学で使ったのかな? と勝手に予想してる。だから知識に付け焼き刃感はなく、カラザについての突然の質問も難なく答えていた。
- 二日酔いのくだりで小池さんが手で否定してるんだけど、両手を使ってるせいでいまいち否定っぽくなってないのが面白い。
- この番組収録でゆで卵を間食にお薦めされてからの、オダナナさんのゆで卵ブームだと思うとちょっと面白い。仲良いしね。
- サワビさんに「いいよ長沢くん!」って言われたときのこらえきれない笑顔がまた良い。
- 「朝食に出たら嬉しいランキング」は、「オカズ」とか「卵料理」とかひとこと言ってたら何の錯覚も生まれなかったので、笑いの神様に愛されてるなと思う。ここまでのマジメな話から突然、周りのひとに聞きました的なノリになったところで1ウケ(上村さんが特に)、実は15人ってけっこうたくさんに聞いていたところで2ウケ、そして卵料理が並ぶかと思いきや「1位納豆・2位卵・3位焼き鮭」というなんでもおかずランキング、しかも1位と3位は料理名でもあるのに2位だけ素材名だし、「あれ、納豆に卵入れるのかな?」とか一瞬考えさせる余地があるしで完璧なボケで3ウケ。狙ったわけではないのにすごい畳みかけかた。

ヨーグルトというと、欅坂で流行ってるとか原田さんがリードしてたイメージも強いけど、原田さんにヨーグルティアを薦めていたとおり、ねるさんも先駆者。
- ヨーグルト好きでなんで北欧なんだろう。ブルガリアやギリシャが有名なことから分かるとおり、東欧か南欧、あるいはヨーロッパを離れて中東が有名なんだけどイメージで選ぶと北欧なのかな。それならちょっと悲しい。
- 「砂みたいな食感」はねるさんなら計算して入れてきてる。
- ヨーグルトと明太子やケチャップは意外かもしれないけど、ブルガリア料理だと何にでもヨーグルトソースをかけるので、別に塩分系の味付けにしても問題ない。あくまで日本の食習慣になじまないというだけで。
- 「皆さんご存じの王道」ももちろん狙ってるんだけど、あざと過ぎたというか、あるいはツッコまれたときにすっとぼけた表情(真夏さんみたいな)ができたらウケたのかな、とか思う。「万人受け」を「まんにんうけ」と読むのは間違いではないかもしれないけど、一般には「ばんにんうけ」と発音すると思う。

チーズを机で「養殖」させるって土田さんが繰り返してテロップも困ってる。たぶん「熟成」とか「発酵」と言いたかったんだろうな。
- 「雪印チーズを1日3パック」は、まんま同じネタを5月に放送して、そこでもしっかり取り上げられてたのでさすがに被り過ぎ(「2週間で2キロ太った」を使いたかったのだとは思う)。ところで、そのときと比較すると尾関さんの滑舌がかなり改善されてる。
- 「キリのクリームチーズ」といえば2日前に長沢くんがブログのタイトルにしてる。こういうさりげないネタバレはクイズみたいで面白い。
- 「アーモンド入りベビーチーズ」は今泉さんがチーズブログを書いたときにお薦めしてたもの。収録とどっちが先だろう。
- 「長沢くん」と名指しされてカメラに抜かれてから、頷きつつ、「あれ、長いなー、まだカメラ切り替わらないかな」っていう感じの表情してる長沢くんが面白い。

オダナナさんの部分は、ネタを用意しなくてもアドリブで行けるっていう前提での作りで、実際オダナナさんはそういう期待がかかるくらい面白いんだけど、今回に関してはメンバーの反応を引き出してるほどには実は面白いわけではない気がする。オダナナさんは普段は画面を越えられるひとなんだけど、今回はノリに頼ってた分、いざテレビで見ると越えてないかなと。土田さんも「いや、これ面白いかな? 微妙」って雰囲気の苦笑してるし、「ファンの子たち喜んでると思うわ」っていう感想も自分は喜んでないけど褒めようとしてる感じ。グルメリポートで苦手な味を「好きな人にはたまらない味だと思う」と言うのと似ている。オダナナさんとサワビさんのやりきる能力自体はすごいと思った。

各番組を見たひと一覧。
- 「魔法にかけられて」-「上村・小林・齋藤・佐藤・菅井・志田・鈴本・原田・守屋・米谷・ベリカ・ねる」
- 「アナと雪の女王」-「上村・尾関・小林・齋藤・菅井・鈴本・長沢・土生・原田・平手・守屋・ベリカ・ベリサ・ねる」
- 「あまちゃん」-「原田(圧倒的なアピール)・小林・鈴本・長沢・守屋・ベリカ・ねる」
- 「半沢直樹」-「小池・佐藤・菅井・原田・平手・守屋・米谷・ねる」
つまり全部を見てるのは原田・守屋・ねるさん。確かに、ミーハーというか流行に敏感そう。「魔法にかけられて」を見てるのに「アナ雪」を見てない佐藤・志田・よねさんは逆に、マイペースというか自分を持ってそう。1つも見てない今泉さんとか、「アナ雪」だけ見てる尾関・ベリサさんはイメージ通り。
- オダナナさんの「逆に何を見てるんですか?」っていうMCへの質問は良かったし、MCもよくぞ絡んできてくれたって感じだと思う。「バック・トゥー・ザ・フューチャー」は確かに傑作。
- 歌い出す前の画面でオダナナさんの写真にティアラを付けてるちょっとした細工好き。

2016.08.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。