欅坂メモ398 ブログ

選抜ポジションについていまだに考えるけど、3列目だったひとのなかから今回フロントになったひとを分ける差はどうしても見つからなかった。だから、3列目のひとが自分には何かが足りなかったんだろう、と思っているのを見ると、そんなことないのに、とは思う。
- フロントになったひとが「何か理由があって、ここのポジションに来たんだなって思ってもらえるようにします」と未来について宣言するのは強くて大事な覚悟だけど、個人的には、いまはそれに抗って「フロントに3列目を持ってきたことに理由はあるとしても、他の6人ではなかった理由はない」と強く信じてみたい。

齋藤さんは1列目であることを受け入れてもらうのに不足ない、力強い内容を書いたと思う。いつもしっかりとした文章を書くのを読んできたから驚きはないし、実力は十二分にあるから、今回の抜擢で評価されると良いなと思う。これまでその魅力に気付かなかった人たちを見返して欲しい。
- 高山さんと齋藤さんが突然フロント同位置で歌うこともあれば、伊藤かりんさんの「私の密かな夢は一実さんと同じ楽曲を歌うこと!」っていう夢がなかなか叶わなかったり、人生って難しいものだと思う。

ついでに乃木坂さんブログについて書くと、中元さんがファンにとってアイドルが「良くも悪くも自分の姿を投影できる存在なのか......」って書いてるの、「良くも悪くも」ってところまで含めて鋭くて驚いた。中元さんのファンはたしかに、その投影度合いが特に強いと思っていたけど、中元さん自身それを自覚してるんだなって。それと同時に、ファンとして悪く投影しないよう気をつけないとなっていうのは(自戒込みで)思う。

ついでに齋藤飛鳥さんがゴーゴリの小説をそんなに好きとは知らなかった。以前に遠藤周作を読まれていたときにも「おっ!」とは思ったけど、着実に自分の好みを深めていてカッコいい。

上村さんは2nd期間でダンスも成長したし、内面的にも大人になっていて、「あのときより成長したね、いい意味で変わったね、って言ってもらえることが多くて」っていうファンの声はすごく納得する。
- 「握手会で頂いたお花の写真は違う携帯に入っているので」っていうことはスタッフさんか何かにiPhone直してもらえたのかもしれない。良かった。
- ブログ写真のクイズで正解者が1人しかいなかったのは、上手いひっかけというか、「だれとだれでしょうか~?」って2人寝てる写真が貼られたら、読み手はその撮影者が上村さんだと無意識に考えてしまう、その穴を突いてる。

影山さんの漢字欅写真ラッシュ、ベリサさんが話しかけてきた側っていうのが意外だった。井口さんや佐々木久さんに次いで何か感じるところがあったんだろうか。
- どの写真を見ても影山さんの落ち着いた表情が伝わって、しっかり者というか大物感が伝わってくる。リトル影山が有能そう。

ベリカさんのレボリューションポーズのツーショットってかなりレアな気がする。齊藤さんがポーズ指定したのかな。

石森さんとの写真で電車ごっこのように繋がってるひらがなの3人は上村さんとも同じ構成で撮っていて、このかたまりで漢字欅さんのなかを巡ってたと思うと面白い。

長沢くんとオダナナさんの写真、上村さんは顔だけじゃなく手もオダナナさんの腰のところにあって、説明がなかったら手の本数的にかなりのホラー。
- 長沢くんがひらがなの柿崎・影山さんを「彼女にしたい」って言ってたのは、オダナナさんが小林さんを「彼女にしたい」って口癖のように言ってる影響もあるのかもしれない。
- 小林さんの女の子らしさについて「掃除が得意なところ」っていう「え、そこ?」という部分を選ぶのはいつもながら長沢くんらしい。
- 長沢くんと上村さんは今回のフォーメーション変更で1番割をくったので(2ndまでの流れなら小池さんを含めた3人が3rdでは優先して2列目に行けただろうけど、今回は2列目を全部元1・2列目メンバーで埋めてしまったので)、悔しい気持ちは分かる。インパクトある抜擢の裏には必ず、こういう理不尽に涙を飲むひとがいるから、まずこの子たちを応援したいなと思う。

今泉さんがひらがなのおもてなし会に「お笑い部」とか「モデル部」とか現実味がある提案をしているのは、以前の勢いまかせとは違う、しっかりした先輩っぽさがある。

佐々木久さんが東村・高瀬さんとの写真で数字を表してるんだけど、左の2人がレーン数の15なのは分かるとして佐々木久さんの手は何を表してるんだろう。

小林さんは「読むのは遅い」けど、KEYABINGOの自己紹介あいうえお作文は素早く読めるタイプ。
- オダナナさんを直接は褒めないけど「オダナナのファンの方も推しに似て暖かい方ばかりで」っていう書き方で間接的に褒める辺りはとても粋だなと思う。
- ミステリー小説をゆっくり読むひとは慎重だな、と思う。ミステリーは先を知りたい衝動で次々ページをめくってしまって、見落とした伏線にだまされるジャンルなんだけど、小林さんみたいな読み方なら犯人やトリックをしっかり予測できそう。
- 余談だけど、本をゆっくり読むのはそれはそれですごく良いこと。ゆっくり読むひとはそれだけひとつひとつの言葉から浮かぶイメージを丁寧になぞってるっていうことだから。大事なのは読んだ量じゃなくて読んだ時間のほう。

よねさんの「葉っぱすけてる問題」、よねさんのファンだと理系の生物好きとか多そうだし、詳しく教えてくれるひといそうだなと思ってた。ダンゴムシが食べるっていうのはなるほどなーと。

菅井さんのブログを見ると「力不足」って書いてあるけど、個人的には菅井さんにどれだけ力があってもフロントとは関係なかった、という考えに落ち着いてる。でも次こそは菅井さんがフロントで堂々とパフォーマンスしてる姿が見たいなと思う。
- 最後にひらがなさんの名前を出してうまくまとめてるところは、2nd選抜のとき、ひらがなさんに上手に触れてるブログが褒められたりもしてたから、そこもしっかり踏まえてそう。そういう学習能力がいつもながら高い方だなと思う。

さとしさんのブログはいつも通り。変な言い方になるけど、これまでの経歴から、今回の4人でも1番、唐突なフロントの自分を受け入れることが(もちろん慌てたりはしつつ)できそう。それが吉と出たら良いなと。

HUSTLE PRESSのベリカさんは、歌・ダンス・表情のなかでも歌って答えてるところに本人の意志を感じる。以前はダンスと答えてたので、自己分析して、補うべきところをちゃんと変えていってるんだな、と思う。

2016.10.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索