欅坂メモ406 ブログ

柿崎さんの、自分の書く英文字がカップヌードルの縮れ麺に見える、って友達に言われた話はありふれてなくて好き。

高本さんの「私の視力はコンタクトをすれば最強なので」みたいな小ボケを淡々と書く調子もわりと癖になる。

石森さんが「どあっぷ。。。!!」な写真を貼ったあとで「※ビックリさせたらごめんなさい。」って書いてる辺りは優しさがにじんでる。

影山さんのSoccer Kingでのインタビューは隙がないなと思った。サッカーについてもそうだし、メンバーをイレブンに並べる手際も、どこに置いた人についても説得力がある。この監督ならついていける。
- ところで記者のかたがたんにサッカーについてだけじゃなくて、アイドルとしての活動についても結構掘り下げているのはちょっと意外でありがたい配慮だと思った。

今泉さんの歌詞を読むっていう話は、そこまで大げさなニュアンスで言ってないとは思うけど、日本語って同じ音を表すにも漢字・かな・カナ・アルファベットがあるから、歌詞カードで見る歌詞は耳だけで伝わるのとは表記から違って、そこに作詞者のこだわりが見られる面白もがある。

オダナナさんはメンバーでも内面を磨くことに意識的なのが伝わってくる。読書の遅さっていうと、昔、日本文学を教える外国人のベテラン先生に「日本語と母国語どっちのほうが速く読めますか?」って尋ねたことがある。「母国語だよ」って返されて、なぜそれでも日本語の本を読むのか尋ねたら、「ゆっくり読むひとにしか気付かないところもあるからね」って返された。それは真理だと思う。

欅坂で「安納芋」が流行ってるのは他のひとのブログで伝わるけど、菅井さんの「みなさんはどのお芋が好きですか? 安納芋派ですか?」っていう質問はあまりにピンポイントでそこを攻めててちょっと吹き出した。
- もみじが描けなくて、「あの赤い葉っぱのやつどうやって書くんだっけ〜」ってさとしさんに質問するのもなかなか面白いと思う。


ロッテのCMは長沢くんの出てる2作品いずれも良かった。企画はもちろん、それを実現した映像ディレクターがいずれも抜群に良い仕事してる。
- マッチ売りの少女は、長沢くんの長所を理解してるのか、そのテンションの低さがシュールにハマるよう良い話風のおとぎ話ナレーションをうまく使ってる。「なんだい爽やかって」「紫色のコートのひと~」「虹も出てる」みたいな細かいフレージングも光る。
- 受験勉強のほうは、よねさんにも長沢くんにも一言も(最後の商品名さえ)喋らせないのが最高の判断で、ツイートは天使ナナコの台詞まで用意してあるのに、それを黙らせる制作者の自信が素晴らしい。オダナナさんだけに喋らせたことでうまく鬱陶しさが出ていて、それがガムで一瞬に吹っ飛ぶ爽快感に貢献してる。小物にも目が行く。後ろの逆向きに入れた英語・古文(全訳って書いてあるので)の辞書は、取り出しにくいからあんなことしないけど、商品名を出さない方法としてちょっとユニーク。女性誌を机に置いてるところ、そこに鉄分不足と書いてあるところはよねさんの情報をしっかり収集してるのがさりげなく伝わる。

2016.10.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索