将棋の騒動について

将棋が小さい頃から好きなひとりのファンとして、いまの騒動について思うところを書いておく。

まず、自分は一貫して「疑わしきは罰せず」という立場なので、今回これだけ多くの処置が、この原則を踏み越えて講じられたこと自体に憤りがある。

久保さんが訴えて三浦さんに不信が抱かれたとして、それは竜王戦については金属探知機を導入するということで解決されたはずだ。実際、私の見る限りでは訴えた当人も丸山さんや羽生さんもこれで納得している。理想的な解決だったように思える。

それでも三浦さんを排除した理由はなんなのか。文春にすっぱ抜かれて読売のタイトル戦がなくなるという危惧からだろうか。この際、それらのメディアの記者と将棋界の誰が親しいかは問うまい。
いずれにせよ、週刊誌に疑惑として書かれようと、噂程度ならば証拠がないことを強く主張して堂々としていれば良かったはずだ。

噂程度でない情報だったからか。今回明らかになったとおり、疑惑は何一つ証拠がないものだった。誰がそれを捏造までして週刊誌に、そして連盟に提示したのか。その人たちは思い込みであるいは意図的に連盟を騙そうとしたのである。なぜ連盟はその人たちをかばうのか理解に苦しむ。

さて、仮に捏造された証拠によって連盟が完全に騙されたとして、三浦さんがカンニングをしていたと証拠がないなりに確信したとして、彼に出場辞退を迫ったこと、これは先述の通り過ちであって金属探知機までで済ますべきであったけれど、ここまでは、急な事態に過ちを犯すのが人間というものだと精いっぱい擁護しよう。

それでも、いま三浦さんの疑いが晴れて、彼が完全な被害者として目の前にいるのに、なぜ連盟は彼の救済を第一に考えないのか。名誉は傷つき、生業である将棋の研究を邪魔された。これは地位保全どころではとても追いつかない被害だ。まず将棋界のために大きな害を受けた三浦さんに心から謝罪するとともに、竜王戦の挑戦権に相当する補償をし、来月からの棋戦に復活させつつなお特例でA級の順位は最低でも前期を下まわることはないよう配慮するべきだ。これは最低限で、ここからなお名誉と実際の金銭的損害を将棋界全体で補償し、さらにこうした事態をこらえてくださったことに全員で感謝すべきではないのか。三浦さんのほうからもう十分ですと言っていただけるまで。

それが連盟は以前の地位すら保全せず、竜王戦はつつがなく終わったとして当然の挑戦権すら回復せず、地元の将棋まつりにも参加させない。あまりにも三浦さんに対する共感能力の欠けた態度だと呆れざるを得ない。一般人でさえ同情を禁じえないのに、なぜ同じ将棋指しがそうなのか。むしろ今でも三浦さんのことを厄介もの扱いしている節さえある。

また、それ以外にも謝るべき何名もの方がいるのではないか。疑ったあげく根拠がプロの勘や濫用した統計や空想の離席であったひとは、少なくとも根拠が間違っていたこと、その根拠をもとにひとりの棋士人生を奪いかねなかったことを心から反省して謝罪すべきだし、特にこの事態から最も利益を得て、準備不足の対戦者からの勝利でタイトルを保持した人は、誰が今回の騒動で「李下に冠を正さず」からもっとも外れた振る舞いをしたかを深刻に受け止めるべきではないのか。
これは最大限の性善説に立って、人間一般の弱さと不完全さから招いた事態だとしても少なくともすべきであるという義務であるはずなのに、それさえ為されていない。自分は将棋愛好家として、業界のスターがこのような振る舞いをなさるのがとても悔しく、恥ずかしい。


なお、今回の件で異論を唱えた棋士の皆さまには、将棋界への失望のなかで救われたような思いをさせていただいた。個人的には羽生さんもあの時点で、グレーである以上疑わしきは罰せずだと、社会的には当然の原則を主張してくださって嬉しかった。できれば、そのくらいの常識は一般的な棋士の皆さまが残らず持っているべきものであったと、そう思っている。今からでもそうした常識的な措置が取られることを願って、希求してやまないのだが。

2016.12.29 | Comments(0) | Trackback(0) | その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索