スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ445 HUSTLE PRESS感想2つ

潮さんのHUSTLE PRESSインタビューはいままででもトップクラスのでき。本人が自分では書かなそうな魅力的な部分をガンガン引きだしている。掘って出てこないひとだと掘りがいがないけど、これだけ掘ったら出てくるひとは珍しい。もっといろいろ掘り出してみて欲しい。
― 「もしみんなと一緒の時間になったら、違うところへ持っていってひとりで食べると思います(笑)。」とか「『イチゴ大福』ってイジられてたんです(笑)。『大福じゃない!』っていつも言い返してたんですけど」とかはふんわり面白いし、「他の人ががんばるのをやめたときこそが私のがんばり時だと思ってるので、ひらがなのみんなががんばるのをやめる瞬間を今は見計らってます(笑)」は賢さとユーモアが利いててすごく好き。語学に対する意識は、自分もこれくらい高く持ててたらなって尊敬する。「一般常識についていけないのはイヤなので、日本や世界で今何が起こってるのか程度は把握しておきたいんですよね。」とかはわりと意識高いのに、言ってもそう見えないおっとり雰囲気は武器だなと思う。


半年前も読んだHUSTLE PRESSのアイドル楽曲大賞に掲載されたMVを見てたんだけど、欅坂さん以外にもいろいろ魅力的なMV・楽曲が出てるなと思う。

3位のわーすた「完全なアイドル」は、アイドルがアイドルの大変さについて歌うという、この発想自体はベタなんだけど、アイドルさんのやりきりの質がこの手のものとして他と一線を画してる。やりきりの質というと、振り切れてたほうがよさそうに思えるけど、そもそもこういう曲はどうしても変化球だという意識が強くなるから、誇張を大きくし過ぎてアイドルの部分やメタルの部分をパロディとして崩しすぎてしまうことが多い。その点、このMVはアイドルの部分はふつうに甘いし、ゴシックメタルの部分も怒りを誇張しすぎずに正統なメタルアイドルをしている。その抑制美と真剣さに気高さのようなものを感じる。

6位の夢見るアドレセンス「リーダーシップ」はこれEDMしつつ、1番Aメロとかアウトロの曲調と音作り、モノクロベースのオシャレな背景と衣装から、パフューム「Love the world」のMVのパロディなんだけど、Bメロからの展開の意外性とか、斜めのステージを使ったパフォーマンスが、これぞパロディの正しい流儀って感じですごくセンスある。オシャレなんだけど、斜めに飲み物を注いで外す映像みたいなコミカルさを共存させていて、全体として成立している作り手の腕に魅了される。ただ、飲み物の部分で十分コミカルだから、最後のオチは蛇足な気もする。

同6位のアンジュルムの2曲は、ハロプロ(初期の素人路線を除く)の教科書らしいMV。というと、これだけモダンな音作りとエフェクトは伝統のハロプロらしくないと言われるかもしれないけど、ダンスをベースとしてほどほどに顔を抜いていて、歌い方も過去のハロプロに似ていて、歌詞やハートマークに見えるようにどことなく安っぽさを挟んでくるあたりは実にハロプロDNA。ビールやラーメンが同じ味と言いながら年代ごとの味覚に合わせて調整されているように、現代化をほどこしただけでやはりハロプロ。ただ、ハロプロの「癖」になじみのないひとでも入りやすいハロプロかもしれない。「愛のため~」はサウンド・プロダクションがすごく好きで、ずっと聞いていたくなる。
「うまく言えない」はハロプロ得意のファンクだけど、特にキレを重視しているハードなナンバー。ひらがなけやきの「誰よりも高く跳べ」はアレンジがよりスローでゴージャスだけど、同じくアイドルファンクなので、10位のこぶしファクトリーのど直球みたいなハロプロファンクと合わせて比較してみると面白いかもしれない。曲の違い自体がそれぞれの差をよく表してる。

で、そうしていまのMVの質の基準みたいなものができてから二人セゾンに戻ってくると、もう使ってる予算から全く違っていて、綿密なロケハンによる遠景の使い方から光やカメラまで編集素材の質と量が圧倒的で、これは魅力的に見えるわけだとあらためて納得する。欅坂に限った話ではなく、AKBグループは高橋栄樹監督や歴代の有名映画監督シリーズを撮っている頃からの伝統で、MVに予算は惜しまないという、それがこのメディア時代にいかに正しい戦略だったか実感する。おそらく坂道シリーズはその秋元ポリシーのなかでも、劇場もないことから、このMVで売るという戦略から素直に逆算して、MV栄えするメンバーを選ぶことができたんだろう。そこは他にない強みだと思うし、同じ予算をかけたら他のグループにもできるというものではないように思える。

2016.12.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。