スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

欅坂メモ447 乃木坂工事中SP

乃木坂工事中SPについては、まあ批判も分からなくはないし、おそるおそる作ってるのが伝わるところもあるかもしれないけど(年末の過密日程もあってあまりメンバーに負担のない、顔合わせ的企画にしたのだと思う)、自分としては待ちに待った共演の瞬間だし、いろんな意味でリアルな反応が見られるしで、楽しんで繰り返し見た。

欅坂さんのおとなしさから、そちらだけが緊張してたようにも見えるけど、実はおそらく乃木坂さんも同じくらい緊張というか、どう振舞って良いか分からないとまどいがあるようには見えた。ただ、とまどっている状態でもできることの幅とか、そういう状態でどのくらいまで自分ができるかの理解が違うんだろうなと思った。
― 欅坂さんではよねさんの圧倒的活躍が目立った。準MVPというか、優秀賞をあげてもいいくらい。鈴本さんも、メジャー対決で積極的に長めにいったり健闘してる。
― 欅坂さんには、乃木坂さんが5年でつかんだ「ここまでならバラエティやっても上品というイメージが保てる」っていう絶妙な塩梅を学ぶすごく良い機会だったのではと思う。

土田さんはさすが両番組に1番詳しい立場から、合間合間にうまく片方のみのファンとかバナナマンさんへの説明を挟んでいて、おかげで進行が円滑になっていた。

桜井さんの欅坂ポーズをまねての「こっちがよかった」に対して、生駒さんが一瞬ノリにいってから突っ込むところとか、ほんとに息が合ってて上手い。松村さんの「弱そう」もさすがのコメントでもっと強く来ていいよという激励の意図を感じる。

日村さんが口の周りにクリーム付けたうえ、ツッコまれたあとで逆に設楽さんの口の周りにも付いてることを重ねて指摘するところなんかほんとに技巧的。いや、トップ芸人さんの腕に驚いても仕方ないんだけど、さすがトップ芸人。

樋口さんがトランペットを吹けるのは自分のなかで記憶にあって、調べたら以前ブログに書いていらした。

よねさんの「かわいいと言ったら欅坂」は、正解は「乃木坂」なんだけど、とっさに「欅坂」が出てきた面白さはその上をいってた。「え、よねさん自分たちでそう思ってたんだ」みたいな。「眼がきれい」もたしかによねさんの売りだけど、それもとっさに「私」って出てきてるから、よねさんナルシストだったんだー、といじりたくなる。「C」(正しくは高瀬さんが以前書いていたとおりランドルト環)へのクレームは場のゆるさてきにちょっと厳密すぎたかもしれない。

乃木坂バナナのところは、判定ごとにけっこう本気で怒ってるひとがひな壇にいて面白い。よねさんの目をチェックしてアウトのときは原田さんが、「気持ちいい」を「気持ち」と間違えて高山さんアウトのところでは相楽さんとか中元さんが不服そう。
― 乃木坂姉さんの最終的に負けたときのリアクションはさすがで、三人とてもダイナミック。

サイマジョで高山さんが笑いすぎて腹を抱えてるのとか、川村さんがノリノリなのとかは、この機会がないと見られないカットで良かった。

常識クイズは、両方オバカを数名ずつ揃えつつ、普通の子や賢い組を少し足して、ただのオバカクイズにみせない人選が良かったと思う。
― 原田さんの三権分立は、権限としては司法・立法・行政、機関としては裁判所・国会・内閣というトリオで、それ自体は受験生なら小学生で習う知識だけど、1回カテゴリーを間違えたところでこの違いに気付いて冷静に直したところはさすがのカシコさん。内閣と国会が行政と立法にあたることもちゃんと覚えてないと、まず最初の間違いができない。
― 東京都知事の「小池百合子」は、都民で、オバカで売る気がない場合だとさすがに知っていてほしいレベル。たぶんこれくらいの基礎知識は知らないと、お笑いとか見てもネタの面白さが理解できなくて損なレベルだと思う。鑑真は知らなくても設楽さんのネタは楽しめることは分かった。
― 松尾芭蕉の「奥の細道」は東北を巡っているから長沢くんに答えて欲しいところだけど、実は長沢くんは芭蕉の有名な俳句「五月雨を集めて速し最上川」を朗読だと思っているので無理な注文だった。
― 長沢くんのuncleの発音が妙に良いのは、和田さんが発音でバツにされたから自分は英語として正しい発音しないとな、って思ったんだと思う。場はカタカナ読みで「アンクル」と言うのを求めてたから空気がとまってしまったけど。それにしても[kl]の発音は日本人としてかなりきれい。
― 和田さんの「積」は、「引き算」までは「では」が付かずに言われてるのを聞いて、とっさに悩んでるから、ちゃんとかけ算が問われるのまで読んでてクイズ上手。そのあとの和田さんも、ひな壇最後と思った真夏さんに抱きついたあとで、隣の松村さんに「うちは?」って合図されて飛びつくあたり、見事なコンビネーション。

2016.12.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 乃木坂・欅坂

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。