ASKAのブログの感想

ふと目にした、ASKAのものとされるブログを読んでいる。文章うまいな。特にディテイルの細かさだったり、嗅覚や視覚などの感覚の鋭さを感じる。もちろん、あれだけのCDを売ったアーティストだから言葉のセンスは抜群なんだろうけど、歌詞としてでなく長文としてこう示されると、この才能はやっぱりもったいないなと思う。
ただ1996年にアンプラグドに出たすぐ後にネットで検索したドラッグ情報ってどれくらい集まったのだろう。あとから記憶が変わったのかなとも思うけど、アスカが最先端の技術を使いこなしていたとしてもまあ不思議ではないか。いくつか国語辞典的な意味で間違った表現もあるけど、他人の手がはいってないとしたらすごく良くかけてる。
あ、でも盗聴のところはやっぱり言われてる通り統失っぽいな。でもまあ、常におかしいというわけではないんだろう。彼の言動にはロジカルでない一面はあるけど、彼の願望としては一般人と同じかそれ以上にロジカルでありたいと思ってるように思う。結局、そこで(おそらくは精神的な不調からくる錯覚について)探した原因が非論理的だというだけなので、世の中の論理的に説明できる部分については、ひとより論理的に、少なくとも雄弁に自信を持って、語られる方なのだろうと思う。「集団ストーカー」は陥りやすい妄想だけど、アスカの場合ストーカーや昔で言うパパラッチは実際にいただろうから、信じやすい分同情してしまう。
…と思って読んでるけど、これ盗聴の部分はひどいな。この部分が他と全然バランスを保ってない。そのことに本人が気づけてないことがまさに失調の表れに思える。常に話がバラっバラな人はいるけど、アスカの文はここまでがわりあい整然としていただけに驚かされる。まあそれも、今まで打ち明けなかった「秘密」についてついにぶちまけるという瞬間の、決壊の水位を思えば、こんなものなのかなあ。
コンピュータへの詳しさと詳しくなさがリアルで、こんなの装っては書けないだろうな。アスカが書いたかはともかく、書いた人のコンピュータ知識はそのまま出ているみたいだ。たとえば遠隔での情報取得についてネットでいろいろ調べたらしいんだけど、メールソフトよりWebメールのほうが安全だと信じてるらしい。でも、Webメールにはパス漏れの危険があるし、まあどっちにしてもキーボードロガーで叩いたキーをそのまま取得できる方法もあるのだから、似たようなものだと思う。datファイルが特殊なファイルのように書いてるけど、これもただのデータファイルだ。
次の覚醒剤のところを読んで理解できたんだけど、これアスカは「覚醒剤を打ったのには理由がある←それは寝不足だったからだ←その原因は集団ストーカーだ」と正当性を主張したかったんだね。それがかえって世間からするとどうしようもなくなっちゃってるけど。
読み終えた。途中からは交際してた女性についての擁護が目立つ、行き過ぎてるし無理もある。たぶんこれ、もう連絡は取らないで欲しいと言われた女性を公に擁護することで、よりを戻したがってる悲痛なラブレターの側面があるのでは。それにしても主観的なドキュメンタリーとしては一流だし、調理する素材というにはあまりに価値の高い読み物だった。言い訳がましさは目立つし、鵜呑みにはしないけどね。でも一部が妄想で一部が自己弁護だとしても、全体が価値を失うわけではないようだ。

2016.01.11 | Comments(0) | Trackback(0) | その他

動画を残して立ち去ること

一泊旅行に行って、帰ってきて、そんなときに限って昔の動画が伸びていて。どうやら広告をうっていただけたみたいですね。ありがとうございます。

動画を投稿するのを(一時的にであれ)やめるとき、立つ鳥跡を濁さず、と全て消していくのもそれはそれで美学だと思うのですが、個人的にはコメントが付き始めたらもう、自分ひとりの作品ではなくなると思っていて、それで古い動画が残っています。

そうすると、こうして時どき、ご褒美みたいな瞬間が来るんですよ。だから強い意思として消していく人を否定はしませんが、迷ったなら残していけばいいと思います。


そしてあらためて、過去の動画で楽しんでいただいてありがとう。
どの動画も自分にとっては思い入れのある宝物です。

2010.08.07 | Comments(2) | Trackback(0) | その他

偶像大師

アイマスとは関係ないのですが、語学の勉強、特に幾つか平行してやってみようという時に
Wikipediaというのはなかなか面白い材料になります。
日本語で検索した単語を、幾つかの国で、どのように説明しているかを比較するのは、
語学に限らず、その国の特徴を知るのにも楽しいですね。
(とは言え、英語の充実ぶりに比べると他の言語はまだまだという気はしますが、
 私のように英語はまだマシ、という語学力の人間にはちょうどいいかもしれません)

ちなみに、アイドルマスターの項を見てみると、やはり英語でしっかりとした記述があって、
外国のファンも流石だな、などと思わされるのですが、台湾でも流行っていたはず、と
中文を見ると「偶像大師」という名前で非常に丁寧な記事が作成されていて感心してしまいました。
それにしても「偶像大師」はかっこいい。
仏像を一心不乱にノミで削りだすお坊さんみたいなイメージが湧いてきます。

今更ですが、中国語を全く勉強したことが無い私でも、それなりに意味が分かるというのは
嬉しいことですね。そして雪歩のところを見ると
「沒肉、貧乳、小不點(ひんそーでひんにゅーでちんちくりんで)」と引用されている。
この記述者のこだわりが伝わってきて、たちまち好きになりました。

一方、英語でのキャラ紹介も、例えば、やよいの紹介で
She's endlessly energetic, however, and never lets the weight of the world discourage her.
なんて書かれていると、ちょっと、じーんと来てしまいます。
あるいは伊織の紹介を見ているとtsundereというリンクがあって、ああ、英語だとこう書くんだ、とまた
勉強になったりもするわけです。


それにしても、EuroPは知識といい更新の早さといい凄いですね。
外国語力は一日にして実るものではないので、見習って少しずつ精進したいと思います。
そしてぜひ一度、ドーバー海峡について詳しい話を聞かせて頂きたいものです。

2008.03.25 | Comments(0) | Trackback(0) | その他

欲求自体には共感するけれど

私は割りと理想主義者なので(違法行為して何を言ってるのかと思われるでしょうが)
なんか某Pのブログを見ていて、そこから少しだけ騒動について調べたのですが、
正直な話、これはやっちゃいけないだろうな、と思っています。

いや、やっちゃいけないというのは嘘ですね。誰でもやれる中で、それでもやらなかった所に
ある種の美を感じていたんですが、その規律を破るのは簡単だし、破ったからといって単に
私のようなひねた人間に軽蔑されるという、それだけのことです。

ただもし、企画された方が、自分はいいアイディアを思いついた、とか自分は行動力がある、
とか思っているのでしたらそれは間違いだとだけは言わせてください。

あなたには何かがあったのではなくて、ただ何かが無かっただけなのではないですか?

2007.11.26 | Comments(0) | Trackback(0) | その他

先生専用リンみたいな

忙しくてろくに更新も出来なくてすいません。
何といっても、この忙しさがにくくて、それさえなければそろそろ
アイディアも煮詰まってきたし、あるいは某先生が面白そうなことを
考えているな、とかそういう気分なのですが、少なくとも一月いっぱいまでは
何も出来ない状態です。いや、ギターとか弾いているし時間は無くはないのですが
やらないといけないことがある中で音系のソフトとか動画編集ソフトを
起動しようとするだけで罪悪感に駆られてしまうのですね。
(ギターは手に持つだけでできるし、「ほんの5分だけ」などと自分を
 甘やかせるのもあって、ついつい弾いてしまうのですが)

あ、ちなみに某先生のウェブサイトはblog時代から愛読させて頂いてます。
自分の動画を紹介していただいたりもしてありがたい限りで、脳内なあの動画なんかは
もう献上したいくらいです。
やっぱりremixタグもあの方が居なくなってから勢いが落ちている気がしますし
(質は全体的に高いものばかりだと思うんですけどね。fftq氏の
 「思い出をありがとう」なんか明らかに再生数少なすぎです。
 あとはベーサーさんのrelations弾いてみたはremixはともかくギターが凄くて嫉妬します)
この辺りで、凄い人同士のちょっとした化学反応を見てみたいというのは
アイマス音系の一ファンとしての切なる願いです。

とりあえずボーカロイドは今回も見送ろう、そう思ったのでした。

2007.11.19 | Comments(0) | Trackback(0) | その他

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

tieckP(ティークピー)

Author:tieckP(ティークピー)

だいたいどこでも曲を作って、自作曲には詞も書いてましたが、文章を読み書きするのが特技で、最近は欅坂46さんのブログや番組についてメモをとる日々です。乃木坂さんはずっと深川さん推しです。 twitterのアカウントも@tieckP。メールアドレスもtieckP+gmail.com(+の代わりに@で)です。お気軽に連絡どうぞ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索